ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM BOM
  5. 導入効果
  6. 利用シーン
  7. Oracleサーバ監視
ここから本文です。

WebSAM BOM - 利用シーン: Oracleサーバ監視

Oracleサーバの安定稼動および管理工数の削減のために!
< Oracleデータベース監視 >

Oracleサーバの安定稼動を脅かす問題

データベース領域の異常増加による領域不足

  • ディスク領域不足によりデータベース書き込み不可が発生し、Oracleのダウンが発生することがあります。

クライアントとサーバ間に通信異常が発生

  • クライアントとサーバ間の通信異常が発生すると、Oracle処理が停滞することがあります。

トランザクションのレスポンス低下の対応

  • 各トランザクションのレスポンスの低下や停止が発生すると、クライアントの業務に支障を与えます。
    レスポンスの低下を検知し、発生現象に対して適切な対処を行う必要があります。

障害発生。原因の追求/回避策の適用/再発防止の迅速な対応

  • 障害の発生によるサービス停止は、クライアントに多大な影響を与えます。
    [発生フェーズの特定?] [発生原因の究明?] [適切な対処方法?]
    早急な復旧・再発防止を行うためのシステム保守工数は莫大なものとなります。

WebSAM BOMの導入で解決

Oracleデータベースの障害予兆・障害を適確にとらえ、管理者へ情報を通知し、対処を促します。

BOM導入後のイメージ図

Oracleサーバの監視には、下記製品をご手配下さい。

単位:円(税別)

型番 製品名 標準小売価格
UL1053-701 WebSAM BOM for Windows Ver6.0 基本パッケージ 148,000
UL1053-703 WebSAM BOM Oracleオプション Ver6.0 118,000

ページの先頭へ戻る