ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM AssetSuite
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM AssetSuite - 機能詳細

機能

AssetSuite製品機能の概要図

構成管理

環境に応じた様々な方法で資産情報を収集し、各種情報(人/場所/ライセンス/契約情報など)を関連付けてデータベースに一元管理します。資産情報を統合的に把握でき、様々な角度から資産情報を確認することができます。

構成管理

インベントリ情報収集

インベントリ情報を、環境に合わせて様々な方法で収集し、一元管理します。

オンラインスキャン

エージェントをインストールしたPC、サーバから定期的にハードウェア/ ソフトウェアの構成情報を自動収集

オフラインスキャン

ネットワークにつながらない機器からはUSBメモリで収集

リモートスキャン

プローブをインストールしたPC、サーバから、他のPC、サーバ、ネットワーク機器等の情報を自動収集

プローブ機能を導入したPCやサーバを経由して、収集対象のPCやサーバ、ネットワーク機器の情報を自動収集します。
収集対象のPCやサーバには、エージェントやプローブを導入することなく情報収集が可能です。
Windowsマシン以外にも、Linux / UNIX / ネットワーク機器(SNMP機器)からも情報を収集可能です。

Web収集

エージェントをインストールしていないPCやサーバから、Webブラウザ経由でハードウェア/ ソフトウェアの構成情報を収集し資産情報を登録。

CSVインポート

既存ツールや台帳(Excel)等で管理している情報を一括インポート

インベントリ情報の収集イメージ

資産情報の表示

収集した資産情報をシンプルな画面で表示します。部署ごと、ビルの階ごと等、用途に応じたグループに分けての参照が可能です。大企業の組織に柔軟に対応できる階層表示が可能です。また、データセンター事業者向けに、会社単位に管理情報を分離して管理が可能です。

管理コンソール画面

マシン毎の資産情報をカテゴリ別に一覧表示します。お客様固有の管理項目を追加し表示することが可能です。

カテゴリ情報の一覧表示

資産情報の検索

特定の条件に合致する資産を検索条件で絞り込んで一覧表示することが可能です。
検索条件を組み合わせることで、管理者が確認したい構成情報のみを表示できます。
資産名、使用者、デバイス名等複合条件を指定しての柔軟な検索が可能で、よく使う検索条件をツリービューに登録し、検索条件に合致する資産一覧をすばやく参照できます。
検索条件に「四則演算」や「項目同士の比較」を設定でき、必要な情報を一括表示できます。

資産情報の検索

アラート機能

検索機能/ 監視条件と連動したメール通知(通報)を行えます。資産移動、リース/レンタル終了間近、ソフトウェアライセンス数の不足、不正ソフトウェアの利用等をメール通知します。
検索機能/ 監視条件設定と連動して抵触時メールの送信設定が可能です。

棚卸機能

ハードウェア本体の棚卸だけでなく、一緒に使用しているCPUやディスク等の構成品やキーボード、マウス、USBメモリ等の共用品もあわせて棚卸可能です。
棚卸期限前後に棚卸未実行検索をスケジュール実行し、未実行資産検出時にメール通知を設定することで、能動的に棚卸漏れを防止する運用も可能です。
CSV形式で出力した棚卸結果や棚卸簡易帳票を活用し、報告レポートを簡易に作成することができます。報告レポート用のサンプルも提供しています。

利用者情報管理

資産情報として登録する「資産利用者」に関する情報を利用者マスタとして一元管理します。
社員番号などの「使用者コード」を入力するだけで、利用者マスタから検索を行い 氏名・所属などの情報を一括して引用登録が可能です。

利用者情報管理の画像

契約管理

リース、レンタル、保守の契約期間、料金、ステータスなど契約に関する基本情報と資産情報を紐付けて、統合的に管理・確認ができます。

ソフトウェアライセンス管理

部署(グループ)毎のライセンスの保有・使用数を一覧で確認・管理できます。
ライセンス違反している資産を検知し、違反資産の一覧表示が可能です。

ソフトウエア配布・実行

市販パッケージソフトウェア、独自アプリケーション、セキュリティパッチ等の一括配布が可能です。特定のグループを指定した配布や、検索結果から抽出した端末一覧に対する配布等、配布先を柔軟に指定できます。また、用途に応じて強制配布や任意配布を選択できます。
配布の進行状況も一覧で確認することができます。

ファイル収集

エージェントをインストールしたPCやサーバから、ログなどのファイル収集が可能です。配布機能と同様に、特定のグループを指定した収集や、検索結果から抽出した端末からの収集などの指定が可能です。

資産情報出力

資産管理データベースで管理している資産情報を、CSV形式で出力できます。
他の運用管理ソフトの構成情報として活用/お客様固有のニーズに合わせた分析等に活用可能です。

セキュリティ強化

セキュリティリスク管理(「InfoCage セキュリティリスク管理」との連携)

資産のセキュリティ対策状況を見える化し、パッチの自動配信・適用指示が行えます。

アクセス権設定

役割に応じた管理をするためのアクセス権の設定が可能です。
資産管理の権限を 有する管理者、セキュリティ管理の権限を有する管理者、資産管理の権限とセキュリティの両方の権限を有する管理者など、柔軟に設定を行う事ができます。

ページの先頭へ戻る