ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM Application Navigator
  5. 製品体系/価格
  6. システム構成
ここから本文です。

WebSAM Application Navigator - システム構成

ライセンス説明

  • エージェント
    サーバのアプリケーションを監視し、その監視情報をマネージャに通知するモジュールです。
  • マネージャ
    エージェントが収集した情報を統合して管理するモジュールです。
  • 監視端末
    マネージャに収集された情報をビューに表示し、サーバへのコマンド発行操作をするコンソールです。
  • プローブ
    リモートからサーバーのITサービスを監視し、その監視情報をマネージャに通知するモジュールです。

ライセンスの考え方

基本構成

  • 導入には、1つ以上のマネージャが必要です。
  • 管理するための統合ビューとして、監視端末が1つ以上必要です。
  • 監視対象となるサーバのアプリケーション毎にエージェントが必要です。
  • マネージャのライセンスは、Windows/Linux と HP-UX(IPF)で分かれています。
  • エージェントのライセンスは、Windows/Linux と UNIX に分かれています。各ライセンス数内でプラットフォームを選択することができます。例えばWindows/Linuxライセンスが5台の場合、Windowsサーバ5台、またはLinuxサーバ5台、またはWindowsサーバ3台とLinuxサーバ2台といった組み合わせが可能です。
  • プローブのライセンスは、監視するITサービスの数だけ必要です。
    例えば監視したいWebのシナリオが5個あった場合、5Target分購入する必要があります。
  • 複数のプローブで同じ内容のシナリオを監視する場合も、それぞれ別Targetとしてライセンスが必要です。

マネージャ、エージェントの二重化

  • マネージャの二重化環境
    • マネージャライセンスは、稼働系と待機系の両ノードに必要です。
    • 監視エージェントライセンスは、稼働系に監視対象サーバ数分必要です。
      待機系は、HA Option ライセンスが同数必要です。
    • 監視端末ライセンスは、稼働系、待機系に登録が必要なため、監視端末数×2 必要です。
    • 2008/6にライセンス体系を変更し、HA Optionライセンスを追加しました。この変更はVer3.0以前のバージョンにも適用されます。
  • エージェントの二重化環境

エージェントレス監視

  • エージェントレス環境
    • エージェントレス環境用の特別ライセンスはなく、エージェントレス環境でもご購入頂くライセンスは通常エージェント環境と同様です。
    • マネージャ、監視端末のライセンスは通常エージェント環境と同様の考え方です。
    • リモート監視エージェントは、ライセンスを必要としません。リモート監視エージェントで監視するリモートホストの数だけ、エージェントのライセンスが必要です。

Oracle Enterprise Manager(EM)連携

  • Oracle EM連携環境
    • Oracle Exadataのご購入バージョンに合ったライセンスをご購入ください(エイス/クォーター・ラック、ハーフ・ラック、フル・ラックのいずれか)。
    • 「WebSAM Application Navigator - Connector Pack for Oracle Exadata XXXX Rack」によりマネージャ、監視端末、Oracle EM連携(イベント連携、性能連携)、外部アプリケーション連携の機能がご利用いただけます。
    • システム構成の【導入例6-1】をご参照ください。
  • 通常のOracle製品監視
    • Oracle EMに接続するOracle製品群導入サーバの数だけライセンスが必要です。
    • 導入されているOracle製品がOracle Databaseの場合は「WebSAM Application Navigator - Event Connector for Oracle Database」、WebLogic等のOracle Database以外のOracle製品が導入されている場合は「WebSAM Application Navigator - Event Connector for Oracle Fusion Middleware」が必要です。
    • イベント連携サーバにはApplication Navigatorの通常エージェントをインストールする必要がありますが、ライセンスを購入する必要はありません。
    • システム構成の【導入例6-2】をご参照ください。

想定導入例

1.基本構成(マネージャシングル構成)

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 1 監視端末1台分のライセンスです。
2 WebSAM Application Navigator - Manager(UNIX) 1 Unixのマネージャライセンスです。
3 WebSAM Application Navigator - Agent for Oracle(Windows/Linux) 3 Oracle監視はWindows2台、Linux1台、HP-UX2台です。このため、Windows/LinuxのライセンスはWindows2台+Linux1台の計3ライセンスが必要です。
4 WebSAM Application Navigator - Agent for Tomcat(Windows/Linux) 2 Tomcat監視はWindows1台、Linux1台です。このため、Windows/LinuxのライセンスはWindows1台+Linux1台の計2ライセンスが必要です。
5 WebSAM Application Navigator - Agent for Oracle(UNIX) 2 Oracle監視はWindows2台、Linux1台、HP-UX2台です。このため、UnixのライセンスはHP-UXの2ライセンスが必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):3,440,000円

2.基本構成(マネージャクラスタ構成)

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 2 マネージャ二重化時、稼動系/待機系各々のマネージャにライセンス登録が必要なため2つ分必要です。
2 WebSAM Application Navigator - Manager(Windows/Linux) 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にマネージャライセンスが必要です。
3 WebSAM Application Navigator - Agent for WebSphere(Windows/Linux) 2 WebSphere監視はWindows2台、AIX1台です。このため、Windows/LinuxのライセンスはWindowsの2ライセンスが必要となります。
4 ebSAM Application Navigator - Agent HA Option for WebSphere(Windows/Linux) 2 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号3のエージェントライセンスと同数の2台分必要です。
5 WebSAM Application Navigator - Agent for WebSphere(UNIX) 1 WebSphere監視はWindows2台、AIX1台です。このため、UnixのライセンスはAIXの1ライセンスが必要となります。
6 WebSAM Application Navigator - Agent HA Option for WebSphere(UNIX) 1 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号5のエージェントライセンスと同数の1台分必要です。
7 WebSAM Application Navigator - Agent for WebLogic(UNIX) 3 WebLogic監視はSolaris2台、AIX1台です。このため、UnixのライセンスはSolaris2台+AIX1台の計3ライセンスが必要となります。
8 WebSAM Application Navigator - Agent HA Option for WebLogic(UNIX) 3 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号5のエージェントライセンスと同数の3台分必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):3,500,000円

3.基本構成(マネージャ/エージェント共にクラスタ構成)

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 2 マネージャ二重化時、稼動系/待機系各々のマネージャにライセンス登録が必要なため2つ分必要です。
2 WebSAM Application Navigator - Manager(Windows/Linux) 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にマネージャライセンスが必要です。
3 WebSAM Application Navigator - Agent for IIS(Windows) 2 エージェント二重化時、稼動系/待機系それぞれのエージェントにライセンス登録が必要なため、Windows2台で、計2ライセンスが必要です。
4 WebSAM Application Navigator - Agent HA Option for IIS(Windows) 2 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号3のエージェントライセンスと同数の2台分必要です。
5 WebSAM Application Navigator - Agent for Exchange(Windows) 2 エージェント二重化時、稼動系/待機系それぞれのエージェントにライセンス登録が必要なため、Windows2台で、計2ライセンスが必要です。
6 WebSAM Application Navigator - Agent HA Option for Exchange(Windows) 2 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号5のエージェントライセンスと同数の2台分必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,630,000円

4.プローブ機能を利用してレスポンス監視を行う場合

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 1 監視端末
2 WebSAM Application Navigator - Manager(Windows/Linux) 1 マネージャ(Windows)
3 WebSAM Application Navigator - Agent for Apache(Windows/Linux) 3 Apache監視エージェントライセンス
4 WebSAM Application Navigator - Agent for IIS(Windows) 5 IIS監視エージェントライセンス
5 WebSAM Application Navigator - Probe for HTTP 5Target使用権 1 Probe HTTP 5Target計測ライセンス
6 WebSAM Application Navigator - Probe for Mail 1Target使用権 1 Probe メール 1Target計測ライセンス
7 WebSAM Application Navigator - Probe for DNS 1Target使用権 1 Probe DNS 1Target計測ライセンス
8 WebSAM Application Navigator - Probe for TCP 1Target使用権 1 Probe TCP 1Target計測ライセンス
  • 希望小売価格 合計(税別):2,640,000円

5.Introscope連携を利用する場合

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 1 監視端末1台分のライセンスです。
2 WebSAM Application Navigator - Manager(Windows/Linux) 1 Linuxのマネージャライセンスです。
3 WebSAM Application Navigator - Agent for WebOTX 1 LinuxのWebOTXエージェントのライセンスです。
4 WebSAM Application Navigator - Agent for PostgreSQL 1 LinuxのPostgreSQLエージェントのライセンスです。
5 WebSAM Application Navigator - Performance Analysis for Introscope(Windows) 2 Introscope連携では、収集対象となるIntroscope Enterprise Manager (EM)の数だけライセンスが必要です。この例ではIntroscope EMは2つあり、計2ライセンスが必要です。
また、Introscope連携のライセンスは接続対象となるAppNavi マネージャのOSに依存します。AppNavi マネージャのOSはWindowsなので、Windowsライセンスが必要になります。
  • 希望小売価格 合計(税別):2,890,000円

6.Oracle Enterprise Manager連携を利用する場合

  • Oracle Enterprise Manager(Oracle EM)連携機能を利用する場合の構成例です。
  • 通常のOracle製品に対してイベント連携による監視を行う場合、Oracle Exadataに対してイベント/性能連携による監視を行う場合について記載します。
  • それぞれの連携機能については機能詳細ページを参照してください。

6-1.Oracle Exadataを監視する場合

Oracle EM連携でOracle Exadataを監視する場合、Oracle Exadataのラックサイズ(eighth/quarter/half/full)に合わせたライセンスパックを購入する必要があります。
ライセンスパックには監視に必要なマネージャ、ビューアなどのライセンスが含まれています。ライセンスパックに含まれるライセンスの詳細は下表番号1の備考欄をご確認ください。

【注意事項】

  • 「性能監視/分析」について、管理サーバと性能分析サーバは同一でも機能上は問題ありませんが、分析するカウンタ数が10000を超える場合は管理サーバと性能分析サーバを分けることを推奨しています。
  • 「イベント監視」について、WebアプリケーションサーバとしてWebLogic Serverが必要となります。
  • WebLogic Serverのライセンスをお持ちでない場合、別途購入する必要があります(Editionは問いません)。既にWebLogic Serverのライセンスをお持ちの場合も、ライセンス形態によっては別途購入する必要がある場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
  • WebアプリケーションサーバはOracle Enterprise Managerサーバと同一でも問題ありません。
  • マネージャがクラスタ構成となる場合の購入ライセンスについてはお問い合わせください。
  • プロダクト名の最後に“Linux”という表記があります(※下表番号1のプロダクト名を参照)が、Linuxにインストールする必要があるのは「イベント連携用エージェント」と「性能連携用エージェント」のみです。

構成図内の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
左記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - Connector Pack for Oracle Exadata Half Rack(Linux) 1 Oracle Exadata Half Rack用のライセンスパックです。
ライセンスパックには以下のライセンスが含まれています。
  • 監視端末ライセンス:3
  • マネージャライセンス:1(Windows、Linux、Unixのいずれでも利用可能です)
  • OracleEM連携・性能連携用エージェントライセンス:4(※)
  • OracleEM連携・イベント連携用ライセンス:1
  • アプリケーション連携機能ライセンス:1(Windows、Linux、Unixのいずれでも利用可能です)
  • 性能分析機能ライセンス:1
  • 性能分析用カウンタライセンス:10000カウンタ分
  • Oracle Exadata Half RackにはDBサーバが4台あるため、エージェントライセンスが4台分含まれています。
  • 希望小売価格 合計(税別):10,030,000円

6-2.通常のOracle製品を監視する場合

Oracle EM連携でExadata以外のOracle製品を監視する場合、監視対象がOracle Databaseか、それ以外のOracle製品かどうかで、ライセンスが異なります。
Oracle EMに接続しているサーバの台数分、ライセンスを購入する必要があります。

【注意事項】

  • Exadata以外のOracle製品に対して、Oracle EM連携による性能監視/分析機能は利用出来ません。
  • イベント連携用のWebアプリケーションサーバとして、WebLogic Serverが必要となります。
  • WebLogic Serverのライセンスをお持ちでない場合、別途購入する必要があります(Editionは問いません)。既にWebLogic Serverのライセンスをお持ちの場合も、ライセンス形態によっては別途購入する必要がある場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
  • WebアプリケーションサーバはOracle Enterprise Managerサーバと同一でも問題ありません。

構成図内の1~4の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
左記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 1 監視端末1台分のライセンスです。
2 WebSAM Application Navigator - Manager(UNIX) 1 HP-UXのマネージャライセンスです。
3 WebSAM Application Navigator - Event Connector for Oracle Database(Linux) 2 Oracle EM連携(Oracle Databaseのイベント監視)用のライセンスです。
Oracle EMに接続するOracle Databaseの台数分(今回の例では2台)必要です。
4 WebSAM Application Navigator - Event Connector for Oracle Fusion Middleware(Linux) 3 Oracle EM連携(Oracle Database以外のイベント監視)用のライセンスです。
今回の例では、Oracle EMに接続するWebLogic Serverの台数分(今回の例では3台)必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,720,000円

7.エージェントレス監視機能を利用する場合

番号 製品名 数量 備考
  WebSAM Media 1 WebSAM製品をインストールするための媒体です。
1 WebSAM Application Navigator - View(Windows) 2 マネージャ二重化時、稼動系/待機系各々のマネージャにライセンス登録が必要なため2つ分必要です。
2 WebSAM Application Navigator - Manager(Windows/Linux) 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にマネージャライセンスが必要です。
3 WebSAM Application Navigator - Agent for Oracle(Windows/Linux) 2 Oracle監視はWindows1台、Linux1台です。このため、Windows/Linuxのライセンスは計2ライセンスが必要となります。
4 WebSAM Application Navigator - Agent HA Option for Oracle(Windows/Linux) 2 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号3のエージェントライセンスと同数の2台分必要です。
5 WebSAM Application Navigator - Agent for SAP ERP(Windows) 2 SAP監視はWindows2台です。このため、Windows/Linuxのライセンスは計2ライセンスが必要となります。
6 WebSAM Application Navigator - Agent HA Option for SAP ERP(Windows) 2 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号5のエージェントライセンスと同数の2台分必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):2,532,000円

ページの先頭へ戻る