ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM Application Navigator
  5. FAQ
  6. FAQ(機能)
ここから本文です。

WebSAM Application Navigator - FAQ(機能)

機能

Q1アーカイブログファイルの容量を監視することはできますか?
A1Application Navigator Ver2.0までは、監視することはできません。Application Navigator Ver2.0.1以降では、ディレクトリ・ファイル監視機能が追加され、アーカイブログファイルのディレクトリサイズやアーカイブログファイルサイズを監視することができます。

Q2ファイルシステム以外のOracle表領域監視をすることはできますか?
A2ファイルシステム、RAWデバイス、ASM、いずれの記憶域の監視も可能です。

Q3トランザクションログ容量の監視はできますか?
A3
  • Oracle
    トランザクションログは、REDOログが該当します。
    専用の監視カウンタはありませんが、物理ファイル/ディレクトリ監視で代用できます。
    オンラインREDOログの場合、以下のSQL文でファイルが確認できます。
    SQL> select member from v$logfile;
    アーカイブREDOログの場合、以下のコマンドでディレクトリが確認できます。
    SQL> show parameters log_archive_dest
  • SQL Server
    以下のカウンタ設定で監視可能です。
    インスタンスオブジェクト:SQLServer:Database(デフォルトインスタンス)
    インスタンス:各テーブル(_Total/master/model/msdb等)
    カウンタ:Log File(s) Size (KB) :データベース内にあるログ ファイルの合計サイズ。
    Log File(s) Used Size (KB) :データベース内にあるすべてのログ ファイルの累積使用サイズ。
  • PostgreSQL
    トランザクションログ(WAL)の容量監視は行っていません。
    アーカイブログの機能を使用していなければ、トランザクションログの容量が極端に大きくなることはないため、監視の必要性は低いと考えます。
    ディレクトリ※の容量監視を設定することで、当該機能の代替はできます。
    ※ (DBのディレクトリ)/pg_xlog
  • MySQL
    「トランザクションログ容量監視」の専用監視カウンタはありません。
    ディレクトリの容量監視を行うことで代替は可能ですが、専用フォルダにログファイルを分離する設定が必要となります。
Q4WebLogic Server 8.1スレッドプールモデルの監視を行うことは可能でしょうか?
A4

Application Navigator Ver2.0.1より、WebLogic Server 8.1スレッドプールモデル監視機能として、実行キューの状態を監視カウンタとして追加しています。

ExecuteThreadCurrentIdleCount
キューに割り当てられているアイドル状態のスレッド数を示します。
PendingRequestCurrentCount
キューにある待機中のリクエストの数を示します。

なお、Thread監視インスタンスは、WebLogic 9.xからサポートされているワークマネージャの自動チューニングスレッドプールを監視対象としています。

Q5【WebOTX監視】WebOTXへの接続プロトコルはRMIとJMXMPのどちらを選択すればよいでしょうか?
A5Application NavigatorはWebOTXへの接続にRMI、旧互換用プロトコル(JMXMP)のいずれかを使用することができます。
接続プロトコルに関する下記の情報を考慮のうえ、ご選択ください。

ページの先頭へ戻る