ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. RFID
  5. 特長/機能
  6. RFIDとは
ここから本文です。

RFIDとは

RFID(Radio Frequency IDentification)は、モノに貼り付けたタグから電磁誘導や電波を使ってデータの読み出しや記録を行い、モノを識別する自動認識技術の一つです。

RFIDタグを使ったパソコン製造管理の例

従来から使われている「バーコード」と比較すると、

  • 同じ商品でも、個品レベルにIDを付与しての管理が可能
  • データをタグに書き込む事が可能
  • バーコードに比べデータを読み取る範囲が広い。読み取り機をいちいちタグに近づける必要がない
  • 複数のタグを同時に識別する事が可能

など様々な優位性を持っているため、バーコードに代わる技術として、最近特に注目されています。

RFID市場拡大中 ~実証実験段階から本格活用へ~

数年前から、RFIDタグを利用した実証実験や検証が多くの業界で行われてきていますが、いよいよ実運用が本格化されつつあります。RFIDタグの低価格化もその動きに拍車をかけていると言えるでしょう。それを裏付けるように、物流・流通の分野におけるサプライチェーンマネージメントでの活用をはじめ、食品の移動や加工の履歴情報管理、図書館の蔵書・貸し出し情報管理といった、RFIDの持つ特徴を応用したシステムが既に様々な場所で導入されています。駅の改札で切符や定期券として使われる非接触型乗車カードや、おサイフケータイにもRFIDが利用されています。

サプライチェーンにおけるRFIDの利活用

RFID技術の標準化への動き

多くのRFID機器やRFIDタグはベンダ毎に仕様が異なります。企業内などに閉じた領域でのみ使用するのであれば、仕様の標準化に関してはあまりメリットがありません。しかし、RFIDタグの情報を利用して、企業間やグローバルでリアルタイムに情報を把握するとなると、タグの無線通信方式や、企業間でデータを共有するためのインタフェースなど、さまざまな事柄を標準化する必要が出てきます。

RFIDの標準化については業界標準化推進団体であるEPCglobalが推進しています。

RFIDとインターネット技術の応用「EPCglobalネットワーク」

EPCglobalでは、RFID活用のための枠組みとしてEPCglobalネットワークを提唱し、一連の標準化作業を進めています。NECは、2004年5月に国内ITベンダとして初めてEPCglobalに加入し、標準仕様の策定に貢献しながら対応製品の開発を進めてきました。

EPCglobalネットワークでは、EPC(Electronic Product Code)と呼ばれる一意のIDをRFIDタグごとに付与します。これをキーにして、例えばサプライチェーン上を流れるすべての商品の動きや位置情報をインターネット経由で把握できるようになります。

たとえば、メーカは自分の出荷した商品に取り付けたタグのIDを用いて、小売業者が保管しているイベントデータをネットワーク経由で検索・取得することによって、出荷商品の状況(倉庫に保管中、店頭に陳列中、販売済み、など)を知ることができます。

サプライチェーン全体をつなぎ、あたかも統合データベースを共有するかの如く、リアルタイムでの情報の共有化を実現
 サプライチェーン全体をつなぎ、あたかも統合データベース
共有するかの如く、リアルタイムでの情報の共有化を実現

 

EPCglobalネットワークでは、上で述べたような企業間データ共有を実現するシステムを構築する際に必要となる主要な機能を整理し、まとめています。

これらの内容の詳細につきましては次のページもご参照ください。
RFIDを、経営革新のキーテクノロジーに ~NECが考える RFIDトータルソリューションとは~


ページの先頭へ戻る