ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. RFID
  5. 特長/機能
ここから本文です。

WebOTX RFID Manager - 特長/機能

WebOTXでは、RFIDのシステム構築や運用を容易にするためにRFIDミドルウェア製品として、「WebOTX RFID Manager Enterprise」を提供しています。

WebOTX RFID Managerの構成

WebOTX RFID Manager Enterpriseとは

WebOTX RFID Manager Enterpriseは、RFIDシステムの下位レイヤ(デバイス)と上位レイヤ(業務アプリケーション)との間でデータを受け渡すためのミドルウェアです。

RFIDミドルウェアの利用シーンでもご紹介したように、RFIDを使用した業務を、WebOTX Application Serverなど実績のあるアプリケーションサーバ上で動かすことで、さらに信頼性の高いWebシステムとして運用することができます。

WebOTX RFID Manager Enterpriseの特長

豊富な導入実績ときめ細かな対応

NECグループ内での活用はもとより、製造業、建設業、金融業、通信業、図書館、トレーサビリティなど様々な業種・分野での導入実績があります。また、国内だけでなく、海外でも導入されています。業種・業務を問わず安心してご利用いただけます。

また、開発メンバーによる直接サポートや、RFIDビジネスソリューションセンターと連携した実践的なご支援など、NEC社製品ならではのきめ細かな対応も可能です。

豊富なRFID機器に対応

国内の主要ベンダから海外のベンダまで、多くのRFID機器に対応しています。各RFID機器の仕様差異をミドルウェアであるWebOTX RFID Managerで吸収するため、多種類のRFID機器が混在する、あるいはシステム規模拡大や運用方針変更による新たな機器の追加等にも柔軟に対応できます。
WebOTX RFID Managerは、LLRP(*)対応リーダライタの制御、管理することが可能である為、LLRP(*)対応リーダライタ、UHFタグを扱ったシステムの構築と運用が容易になります。

システム運用・保守向けのツール・機能が充実

運用を支援する管理ツールがあります。管理ツールを用いることにより、RFID機器の状態監視や詳細な設定が可能となります。問題発生をアプリケーションが検知できるため、障害の早期発見が可能になります。

また、RFIDリーダライタの活栓挿抜に対応しており システムを止めずに物理的にRFIDリーダライタの交換を行い、通常動作に自動復帰させることが可能です。これによりシステムをとめない、継続的な運用を実現します。

さらに、発見された障害の早期対応のためのログ抽出機能も用意しています。多様な採取パターンや採取レベルの設定、採取したログのフィルタリングなどが可能であり、問題箇所の切り分けや原因究明を容易にします。

データフィルタリング機能により高性能を実現

パフォーマンスを向上させるための多数のフィルタリング機能を提供しています。RFIDリーダライタから収集した情報を役割に応じてきめ細かく取捨選択することができ、必要な情報のみを業務アプリケーション側に渡すことができます。

WebOTX RFID Managerのデータフィルタリング機能

システム開発工数の削減

仕様が異なるRFID機器が混在する場合でも、アプリケーションは同じAPIを使って開発することができるので、大幅な開発工数の削減が可能となります。

APIとして、WebOTX RFID Manager独自なものと、EPCglobalのALE(Application Level Events:複数のリーダから読み取られたデータをフィルタリングまたはグループ化し、上位のソフトウェアにとって必要なデータのみを通知する機能を実現するインタフェースを規定した仕様)1.0仕様に準拠したものを提供しています。


ページの先頭へ戻る