ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

WebOTX Portal V9.3 Windows版 動作環境

「動作環境」へ戻る

ハードウェア 本体 WebOTX Application Server Express V9.3と同様
メモリ容量 Intel 64
最小 640MB、推奨 1GB以上
必要HDD容量 400MB以上
ソフトウェア OS Intel 64
Microsoft Windows Server(R) 2012 R2 Standard
Microsoft Windows Server(R) 2012 R2 Datacenter
Microsoft Windows Server(R) 2012 Standard
Microsoft Windows Server(R) 2012 Datacenter
Microsoft Windows Server(R) 2008 R2 Standard SP1
Microsoft Windows Server(R) 2008 R2 Enterprise SP1
Microsoft Windows Server(R) 2008 R2 Datacenter SP1
その他 Java SE Development Kit
  1. Windowsプラットフォームは、Oracle社が提供するSDKのみをサポートします。
WebOTXシステムは、実行時にJava™ Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。サポートするバージョンは以下の通りです。
  • Java SE Development Kit 7 (Update 67 以降)
  • Java SE Development Kit 8 (Update 20 以降)

アプリケーションサーバ
  • WebOTX Application Server Express V9.3
  1. WebOTX Portalは、WebOTX AS Express相当をバンドルしています。

Webブラウザ

  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Mozilla Firefox 39
  • Google Chrome 43.0.2357
  • Android 5.0 標準ブラウザ
  • iOS 8 標準ブラウザ

Webサーバ
  • WebOTX Web サーバ 2.2.29/2.4.10 以降
  • Apache HTTP Server 2.2.29/2.4.10 以降
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 7.0/7.5/8.0/8.5
  1. WebOTX Webサーバは、WebOTX Portalにバンドルされており、Apache HTTP Serverをベースにしています。
  2. IISは、Windows Server 2008/2012 64bit 環境で、IIS 32 ビットモードはサポートしていません。

データベース

  • Oracle Database 11g/12c
  • Microsoft SQL Server 2008 R2/2012
  • PostgreSQL 8.4.1 以降

ディレクトリ・サーバ

  • NEC SECUREMASTER/EnterpriseDirectoryServer V7.0
  • Microsoft Active Directory Version 47 以降

ページの先頭へ戻る