ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. ポータル
  5. 動作環境
  6. V8.4 Windows版
ここから本文です。

WebOTX Portal V8.4 Windows版 動作環境

「動作環境」へ戻る

V8.3 の 動作環境

ハードウェア 本体 AS Expressと同様
メモリ容量 Intel x86
最小 256MB、推奨 1GB以上
Intel 64
最小 640MB、推奨 1GB以上
必要HDD容量 400MB以上
ソフトウェア OS Intel x86
Windows Server(R) 2008 Standard SP2
Windows Server(R) 2008 Enterprise SP2
Windows Server(R) 2008 Datacenter SP2
Intel 64
Windows Server(R) 2008 Standard SP2
Windows Server(R) 2008 Enterprise SP2
Windows Server(R) 2008 Datacenter SP2
Windows Server(R) 2008 R2 Standard SP1
Windows Server(R) 2008 R2 Enterprise SP1
Windows Server(R) 2008 R2 Datacenter SP1
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
Java SE 6
  1. Windows 32ビットOSとIntel 64の組み合わせは、32ビットモードで動作します。
  2. Windowsプラットフォームは、Oracle 社が提供するSDKのみをサポートします。
Java SE 6 利用時の注意事項

  1. Windows Server 2008、Windows 7で利用する場合は、6 Update 16 以降を対象とします。
アプリケーションサーバ
  • WebOTX Application Server Express V8.4/V8.5
  • WebOTX Application Server Foundation V8.4/V8.5
  • WebOTX Application Server Standard V8.4/V8.5
  • WebOTX Application Server Enterprise V8.4/V8.5
  1. WebOTX Portalは、WebOTX AS Express相当をバンドルしています。
Webブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 9.0/8.0/7.0/6.0 (8.0以降を推奨)

Webサーバ
  • WebOTX Web サーバ 2.0.64 以降、2.2.22 以降
  • Apache HTTP Server 2.0.64 以降、2.2.22 以降
  • Internet Information Services (IIS) 7.0、7.5
  1. WebOTX Webサーバは、WebOTX Portalにバンドルされており、Apache HTTP Serverをベースにしています。
  2. IISは、Windows Server 2008 64bit 環境で、IIS 32 ビットモードはサポートしていません。
データベース
  • Oracle Database 10g/11g
  • Microsoft SQL Server 2005/2008
  • PostgreSQL 8.4.1(JDBCドライバ 8.4 Build 701) 以降

Linux版価格・型番一覧


ページの先頭へ戻る