ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. ポータル
  5. 特長/機能
  6. 機能一覧
ここから本文です。

WebOTX Portal - 機能一覧

WebOTX Portal が提供する機能を紹介します。

項目 説明
ポータル画面 ポートレット(画面部品)の組み合わせにより、アプリケーションのUI統合を実現します。外部のWebシステムをURL指定することによる統合(ポートレット内での画面表示、リンク集、RSS)や、ポートレット標準(JSR168/286)に準拠したポートレットの開発による統合が可能です。
また、ページやログインユーザごとに、画面を異なるデザイン(独自のデザイン設定も追加可能)に切り替えて表示できます。
ポートレット
・メニューポートレットNew
業務システムへのリンクを設定ベースで登録/更新します。
・お知らせポートレットNew
閲覧者の権限により、表示の可否を制御します。
・RSSポートレット
RSSをGUIから設定し、ニュース等をポータル上に表示することができます。
・組織予定機能(※1)
組織内の予定を個人のスケジュールにオーバーラップ表示できます。
・アンケート機能(※1)
自由度の高いアンケートフォーム作成を実現します。
・Wiki機能(※1)
組織内の業務やプロジェクト情報のナレッジとして活用できます。
・スケジュール(※1)
組織予定やToDo期限等をオーバラップ表示し、行動予定のスムーズな共有化と他の利用者との調整が可能になります。
・文書フォルダ(※1)
ISMSやISOを意識したドキュメントの運用管理を支援します。ユーザ、組織、ロール単位でのアクセス制限や、属性検索と全文検索が可能です。
・在席ボード(※1)
必要最小限のアクションで、在席状態を表示、業務行動を共有できます。
・施設予約(※1)
スケジュール機能とのシームレスな連携を実現します。
・ToDo(※1)
やるべき業務を関係者間で共有することで、作業漏れを防止します。
・掲示板コミュニケーション(※1)
承認後の公開にも対応しています。また、社内の意見交換を促進します。
・簡易メッセージ(※1)
特定のメンバー間でのメッセージ交換を実現します。
マッシュアップ 最新のポートレット標準仕様(JSR286)に基づくリアルタイムな表示データの連動が可能です。データ入力等に応じて関連するポートレットの画面を自動更新し、また、システム間(ポートレット上)でデータ受け渡しを行い、重複データの入力作業や入力ミスを削減します。
シングルサインオン 2種類のシングルサインオン方式をサポートしており、システムごとの認証手続きの手間を解消します。
  • WebOTX Portal側でバックエンドシステムのIDとパスワードを管理し、他の業務システムに受け渡す(代行認証する)ことができます。
  • 外部のシングルサインオン製品と連携して動作可能です。
ログイン前ページ ドラッグ&ドロップ等の操作により、ログイン前画面を低コストで作成できます。また、ログイン前画面にお知らせを掲示することで、全ユーザへの周知を徹底することが可能です。
固定エリア ポータルの固定エリア(外せない領域)設定により、統制とパーソナライズによる利用者最適化を両立できます。
部門ページ作成 ドラッグ&ドロップを使ってポータルサイトのレイアウトを直感的に編集可能であり、複雑な管理ツールを使わずに、見たままの画面で容易にポータルサイトを作成することができます。また、既に作成済みのポータルページやポートレットをコピーし、部分的に更新することで、新規ポータルページを低コストで作成できます。
アクセス権限 所属組織の階層(例:営業本部配下)や職位の範囲(例:課長以上)を指定して、アクセス権限を細かく制御できます。また、情報システム部門が管理する統合基盤上で部分的にページ更新の権限を付与し、現場の担当者が迅速にページを更新できます。
ユーザ管理
LDAPv3に準拠したディレクトリサーバに対応(※2)し、使用者は任意にスキーマを設定することが可能です。New
マルチテナント 各企業の管理者は自企業のユーザやリソースだけを参照・編集可能になっているため、シングルインスタンス構成で複数の企業に対してポータルサービスを提供しても、セキュリティリスクの心配はありません。
スマートデバイス対応 スマートデバイスの画面サイズに合わせたポータル画面レイアウトを、設定ベースで作成します。また、タブレットの利用シーン・使い方に合わせて、デザインや表示内容を変更できます。New
多言語対応 日本語、英語、中国語に対応しており、共通サイト・ページの利用ができます。
  • 1つのサイト(同一ページ)で表示言語を複数設定できます。New
  • ブラウザのロケール設定によって自動的に表示言語を切り替えます。New
  • ユーザディレクトリに格納する各種データも言語設定毎に表示を指定することができます。New
アクセス履歴 ポータルへのログインや、ページ・ポートレット・アクセス権限の更新といった操作の履歴をログに記録します。
開発支援 EclipseベースのJava開発環境により、ポートレット開発作業を開発からテストまで支援します。JSR 168/286に準拠したソースコードの自動生成や、ドラッグ&ドロップによるポートレット間のイベント連携定義といった機能を備えています。

(※1)システム構築における個別提供となります。

(※2)現在はEnterpriseDirectoryServerとActiveDirectoryをサポートしています。


ページの先頭へ戻る