ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. WebOTX Developer's Studio V6.3のWebサービス作成ウィザードに関する不具合について
ここから本文です。

WebOTX Developer's Studio V6.3のWebサービス作成ウィザードに関する不具合について (2005年12月16日時点)

1. 概要

WebOTX開発環境では、WebOTX Developer's StudioというEclipseベースの統合開発環境を提供しています。

このたびWebサービスアプリケーションの開発に関する次の2点の不具合を検出しました。そのためそれらを修正したパッチを公開いたしまします。

  • JavaBeanを返却値に持ったメソッド、またはJavaBeanの配列を引数・返却値に持ったメソッドをWebサービスウィザードを使ってWebサービス化したとき、正常に実行できない場合がある。
  • Webサービス作成ウィザードのメソッド選択画面にて、クラス修飾子がpublicでないクラスや、アクセス修飾子がpublicでないメソッドも表示され、選択できてしまう。

2. 問題のある製品名

次の製品に問題があります。

  • WebOTX 開発環境 V6.3に含まれるWebOTX Developer's Studio V6.3

2.1. 修正モジュール

修正モジュールをダウンロードし、下記置換方法に示す手順に従い、修正モジュールを適用してください。

プラットフォーム 公開日 ファイル
Windows版 2005/12/16 wsd212_2.zip(498KB)

2.2. 適用方法

次に示す手順で適用を行ってください。

  1. 適当なディレクトリ上で、上記wsd212_1.zipを解凍してください。解凍先に次のファイルがあることを確認します。
    2005/12/16  13:33           571,538 director2.1.jar
  2. WebOTX Developer's Studio V6.3が起動している場合、終了してください。
  3. <WebOTXインストールディレクトリ>\Studio\plugins\com.nec.webotx.webservice_6.3.0
    配下にある「director2.1.jar」を置換します。
  4. 「スタート」-「(すべての)プログラム」-「WebOTX」-「Developer's Studio」
    のプロパティを開き、リンク先の最後に「 -clean」を追加し、[OK] ボタンを押します。
  5. WebOTX Developer's Studio V6.3を
    「スタート」-「(すべての)プログラム」-「WebOTX」-「Developer's Studio」
    にて起動します。
  6. WebOTX Developer's Studio V6.3が起動したのを確認した後、WebOTX Developer's Studio V6.3を終了します。
  7. 「スタート」-「(すべての)プログラム」-「WebOTX」-「Developer's Studio」
    のプロパティを再度開き、リンク先の最後にある「 -clean」を削除し、[OK] ボタンを押します。
  8. WebOTX Developer's Studio V6.3を
    「スタート」-「(すべての)プログラム」-「WebOTX」-「Developer's Studio」
    にて通常通り起動してご使用ください。

3. 更新履歴

ページの先頭へ戻る