ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. Windows XP サービスパック2でのWebOTX評価について
ここから本文です。

Windows XP サービスパック2でのWebOTX評価について (2004年9月13日時点)

「重要なお知らせ(2011年以前)」へ戻る

Windows XP サービスパック2(RTM版)上でWebOTXの評価を実施いたしました。以下にその結果をご報告いたします。なお使用したWebOTXのバージョンは3.2~5.3です。

なお、Windows XP サービスパック2では、Internet Explolerのセキュリティ機能強化である「ポップアップ・ウィンドウ・ブロック」が実装されています。これによるWebOTXへの影響について記述を追加しています。

1. Windowsファイアウォール設定強化による影響

Windows XP サービスパック2では、標準実装されている「Windowsファイアウォール」がデフォルトで有効になっています。WebOTXもそれによる影響がありますが、ファイアウォールの例外アプリケーション、および例外ポートの登録をすれば正常に動作することを確認しています。それ以外について制限はありません。

以下に具体的な対応について記載します。Windowsファイアウォールについての説明、設定内容、および設定方法についてはMicrosoftのサイトを参照ください。

製品名、および機能 問題点と対応の内容
WebOTX Object Broker あるマシンで動作するクライアントAPからCORBAを利用してWindowsXP上で動作するサーバAPへ通信を行う際にWindowsファイアウォールでガードされるためオペレーション呼び出しができません。Windowsファイアウォールの例外アプリケーション、あるいは例外ポートに次を加えてください(次に示すポート番号は既定値です。番号変更を行った場合はそれぞれ設定する番号を変更してください)。

  • 名前:oad.exe / ポート番号:9825
  • 名前:namesv.exe / ポート番号:2809
サーバシミュレータ機能 WindowsXP上で動作するサーバシミュレータで起動したサーバAPに対して、あるマシン上のクライアントAPからオペレーション呼び出しを行う時、Windowsファイアウォールでガードされるためオペレーション呼び出しができません。Windowsファイアウォールの例外アプリケーションに次を加えてください(Object Brokerの設定も必要です)。

  • 名前:java.exe(APがjavaの場合)
  • 名前:nSvSimc.exe(APがC++の場合)
Webサーバ機能
Webサービス機能
WindowsXP上のWebサーバに対して接続を行う際、HTTP接続のポートを80番以外にしている場合は、例外ポートにその番号を加えてください。
WebOTX運用管理ツール WindowsXP上で動作するWebOTX運用管理ツールで、コンポーネント登録などを行う際にリモートマシンのファイルを指定すると、「Windows セキュリティの重要な報告」と言うタイトルでポップアップメッセージが表示されます。Windowsファイアウォールの例外アプリケーションに次を加えてください。
  • 名前:WebOTX Administration Tool Client(WOAdmCL.exe)
WebOTX Transaction Service EJBアプリケーションクライアントでトランザクションの開始を行う場合、Transaction Serviceで使用する任意のポートに対してWindowsファイアウォールでガードされるため失敗します。Windowsファイアウォールの例外アプリケーション、あるいは例外ポートとして次のような設定を実行してください。
  • プログラムで指定する場合
    「名前:java.exe」を例外アプリケーションに指定してください。

  • ポート番号で指定する場合
    アプリケーションクライアントで使用するポート番号を固定にするためシステムプロパティを追加します。

    ファイル:(WebOTXインストールディレクトリ)\appclt\bin\setenv.bat
    の環境変数APPCLT_JVARGSに、
    「-Djp.co.nec.orb.ServerPort=[ポート番号]」
    を追加してください。

    その後指定したポート番号に対してWindowsファイアウォールの例外を加えてください。
WebOTX ダウンローダ ダウンローダについては問題ありませんが、ダウンローダ管理ツールがWebOTX運用管理サーバ、FTPサーバ、ASP配備サービスとTCP/IPの通信を行うため、それぞれのアプリケーションが配置されている状況により、ソケット接続に失敗する場合があります。

Windowsファイアウォールの例外アプリケーションに上述したプログラムを追加するか、あるいは例外ポート(既定値の場合:5202、20、21、6001)を登録してください。
J2EE展開ツール 配備先EJBサーバのホスト指定を行ったときにサーバ側のポートがWindowsファイアウォールでガードされるためEJBコンポーネントの配備が失敗します。

Windowsファイアウォールの例外アプリケーションに「java.exe」を追加してください。
WebOTX/COM 実行環境、Webサーバ環境をWindowsXPマシンにインストールした場合は、ダウン ローダ管理ツール(Ver2.0のWeb AP管理ツール)が運用管理サーバ、ESM/FTサーバ、ASP配備サービスとTCP/IP の通信を行うため、それぞれのアプリケーションが配置されている状況により、ソケット接続に失敗する場合があります。

Windowsファイアウォールの例外アプリケーションに上述したプログラムを追加するか、あるいは例外ポート(既定値の場合:5203、3935、6001)を登録してください。
上記以外のWebOTX製品、コンポーネントについて 対応は不要です。

2. 「ポップアップ・ウィンドウ・ブロック」強化による影響

Windows XP サービスパック2では、Internet Explolerのセキュリティ機能強化である「ポップアップ・ウィンドウ・ブロック」が実装されています。デフォルト設定ではWebOTXに影響はありませんが、設定変更によって影響があります。

以下に具体的に記載します。ポップアップ・ウィンドウ・ブロックについての説明、設定内容、および設定方法についてはMicrosoftのサイトを参照ください。

製品名、および機能 問題点と対応の内容
WebOTX Object Broker
Webコンテナ運用管理コンソール
ブラウザベースの運用管理ツールである「UDDIレジストリ管理コンソール」および「Webコンテナ運用管理コンソール」では、ヘルプを表示する際に「ポップアップ・ウィンドウ」機能を使用しています。そのため、Internet Explorerでの設定が次のようになっている場合、目的のウィンドウが表示されなくなります。

  • セキュリティレベル:高
    [ヘルプ]ボタンをクリックしても説明用ウィンドウが表示されなくなります。
    [詳細ボタン]をクリックしても関連する詳細情報が表示されなくなります。

  • キュリティレベル:中、かつポップ・アップブウィンドウ・ロック:高
    [ヘルプ]ボタンをクリックしても「ブロックされました」とウィンドウが表示され、説明用ウィンドウが表示されなくなります。
    [詳細ボタン]をクリックしても「ブロックされました」とウィンドウが表示され、関連する詳細情報が表示されなくなります。

そのため、Internet Explorerのセキュリティ・レベルの設定を「中」以下に、ポップアップ・ウィンドウ・ブロックの設定を「中」以下にする必要があります。

ただしInternet Explorerのセキュリティ・レベルが既定値のままであれば特に影響はありません。

3. 更新履歴

ページの先頭へ戻る