ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境における WebOTX V5.x のインストール時に発生する問題について
ここから本文です。

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境における WebOTX V5.x のインストール時に発生する問題について

1. 概要

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境において、WebOTX Ver5.x のインストールおよび WebOTX マニュアルのインストールを実施すると、インストールが完了するまでに時間がかかり、インストールの途中で処理が止まっているように見える問題が発生します。

2. 原因

WebOTX Ver5.x のインストーラは、一部のファイル(サンプルファイル)のインストールに、WinZip 自己展開方式のプログラムを利用しています。

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境において、WinZip 自己展開方式のプログラムが終了しない(プログラムが終了するまでに5分間待ち合わせを行う)という問題が Microsoft社から報告されており、本件はこの問題に該当します。

3. 対象製品

次の WebOTX Ver5.x 製品に影響があります。

  • WebOTX Web Edition Ver 5.x
  • WebOTX Standard-J Edition Ver 5.x
  • WebOTX Standard Edition Ver 5.x
  • WebOTX Enterprise Edition Ver 5.x
  • WebOTX 開発環境 Ver 5.x
  • WebOTX マニュアル Ver 5.x ~ V7.1

Windows Server 2003 (および R2) SP2 環境に、上記バージョンの WebOTX のインストールを行った場合に、本問題が発生します。

なお、SP2適用前の WebOTX がすでにインストール済みの環境に対して、SP2 へのアップデートを実施した場合には、本問題は発生しません。

また、上記以上のバージョン(R6.x/V7.1)の WebOTX のインストールでは、WinZip 自己展開方式のプログラムを利用しておりませんので、本問題に該当しません。

4. 対処方法

該当するバージョンのWebOTXをインストールする際に、次のどちらかの方法を行ってください。

  1. SP2 適用前に、WebOTX Ver5.x のインストールを実行し、インストール後にSP2 へのアップデートを実施してください。
  2. SP2 環境に WebOTX を新規にインストールする場合、インストールの途中で次のプログラム(WinZip 自己展開方式のプログラム)が起動しますので、それぞれのプログラムでのファイルの自己展開が終了した後に、タスクマネージャの「プロセスの終了」で該当するプログラムを終了させて、インストールを続行させてください。
  • WebOTX Web/Standard-J/Standard/Enterprise Edition Ver5.xの場合
    • JAF_Sample.exe
    • JavaMail12_Sample.exe
    • JavaMail113_Sample.exe
    • examples.exe
    • tomcat-docs.exe
    • run_samp.exe

  • WebOTX 開発環境 Ver5.xの場合
    • ApFrame_Sample.exe
    • JAF_Sample.exe
    • JavaMail12_Sample.exe
    • JavaMail113_Sample.exe
    • dev_samp.exe
    • samples_C.exe
    • samples_J.exe

  • WebOTX マニュアル の場合
    • otxman.exe

5. 参考ページ

なお、本ページ公開時点で、Microsoft の 技術サポートページ(KB) には、この情報はまだ記載されていません。

6. 更新履歴

ページの先頭へ戻る