ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. Sun Java セキュリティ脆弱性に関するWebOTX の影響について(2008年2月20日時点)
ここから本文です。

Sun Java セキュリティ脆弱性に関するWebOTX の影響について(2008年2月20日時点)

1. 概要

Sun Java JDK/JRE において、次に示すセキュリティ脆弱性が報告されており、WebOTX のインストールメディアにバンドルされている Java JDK をインストールしている場合、影響を受ける可能性があります。

バンドルされていないJava JDKにつきましても、JDKのバージョンによっては影響を受ける可能性があります。

  • 信頼できないアプリケーション又はアプレットの権限昇格に関する問題
    (JDK/JRE 5.0および6に影響)
  • XML解析処理に Dos 攻撃を受ける問題
    (JDK/JRE 6に影響)

なお、HP-UX版 JDKについては現在情報未入手です。

2. 対象製品

次の Java JDK と WebOTX 製品(Windows, Linux, Solaris) に影響があります。

  • 対象 Sun Java SDK/JDK
    (Sun Java SDK 1.4 には影響はありません)

    • Windows版 WebOTX メディア(64ビット) for x64 Ver6.3 ~ Ver7.1 に同梱の Sun Java JDK
    • Windows版 WebOTX Media(64bit) for x64 V7.1 に同梱の Sun Java JDK
    • Linux版 WebOTX Media(x64) V7.1 に同梱の Sun Java JDK
    • Sun Java JDK 5.0 Updates 13 以前のバージョン
    • Sun Java JDK 6 Updates 3 以前のバージョン

  • 対象 WebOTX 製品
    (Sun Java SDK 1.4を用いてWebOTX製品をインストールしている場合、本脆弱性による影響はありません)

    • 上記Java JDKを利用しているWebOTX Ver6.3以降の全WebOTX製品

3. 対処方法

Sun Java SDK/JDK を最新版にバージョンアップしてください。

  • Sun Java JDK 5.0 Updates 14 以降のバージョン
  • Sun Java JDK 6 Updates 4 以降のバージョン

4. 参考ページ

ページの先頭へ戻る