ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. HP-UX(IPF)のpthreadライブラリの不具合によるWebOTXへの影響について
ここから本文です。

HP-UX(IPF)のpthreadライブラリの不具合によるWebOTXへの影響について

1. 概要

HP-UX(IPF)のpthreadライブラリの不具合により、WebOTXの動作に致命的な影響を及ぼす問題が報告されています。

この不具合を修正したOSパッチ PHCO_34944 の適用を検討して下さい。

2. HP-UX(IPF)の不具合について

対象OS HP-UX 11i v2 (PA-RISC版では発生しません)
不具合内容 pthread ライブラリ(OS部分) において、TLS と呼ばれる領域の管理処理で不正なアドレスを参照してコアダンプする。
詳細サイト 「PHCO_34944 s700_800 11.23 pthreadライブラリ累積パッチ」
( SR:8606418222 CR:JAGaf78055 ) の箇所に記述があります。

3. WebOTXへの影響

このOS不具合の影響により、アプリケーションの配備操作を行うとドメインが異常終了するという障害が報告されています。

この障害が発生することは非常に稀ですが、環境によっては繰り返し発生する状態となります。

ドメインが異常終了すると、WebOTXの運用操作が行えなくなり、またドメインのエージェントプロセス上でWebアプリケーションを動作させていた場合はWebアプリケーションも異常終了することとなり、致命的な障害となります。

類似の構成を持つ以下のWebOTX製品で、同様の障害が発生する可能性があります。

  • WebOTX Standard Edition V6.2~V6.5
  • WebOTX Enterprise Edition V6.2~V6.5

上記パターン以外でこの不具合の影響を受けたという報告はありませんが、このOS不具合は潜在的には全てのWebOTX製品、全ての動作に影響があります。

4. 対策

この不具合は「PHCO_34944 s700_800 11.23 pthreadライブラリ累積パッチ」で修正されています。OSパッチ PHCO_34944 を適用する以外に対策はありません。

WebOTX Standard/Enterprise Edition V6.2以上をご利用の方は特に、このOSパッチ適用をご検討下さい。

ページの先頭へ戻る