ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. WebOTX V8.21 におけるホスト名の制限緩和について
ここから本文です。

WebOTX V8.21 におけるホスト名の制限緩和について (2009年11月16日時点)

1. 概要

WebOTX V6.1~V8.20 では、WebOTX で使用できるホスト名は、RFC1034 という仕様に準拠したホスト名としていました。

RFC1034 とは、ドメインネームサービスにおけるドメイン名の概念や機能を定めた仕様です。 RFC1034 では、ホスト名について、0-9の数字、A-zのアルファベットと、"."(ピリオド)、"-"(ハイフン)の組み合わせで構成され、ホスト名の最初はアルファベットである必要があると定めています。RFC1034 の詳細については、「3. 参考ページ」を参照してください。

WebOTX V8.21 では、RFC1034 の仕様に準拠したホスト名に加えて、さらに次のホスト名も使用できるようになりました。

  • 数字から始まるホスト名
  • "_"(アンダースコア)を含むホスト名

よって、WebOTX V8.21 における使用可能なホスト名は以下のようになります。

WebOTX V8.21 で使用可能なホスト名
以下の文字による組み合わせで構成され、ホスト名の最初はアルファベット、または数字である。
  • 0-9の数字
  • A-zのアルファベット
  • "."(ピリオド)
  • "-"(ハイフン)
  • "_"(アンダースコア)

(注意) Internet Explorer 使用時、"_"を含むホスト名を指定してWeb版統合運用管理コンソールにアクセスすると、 Internet Explorer の Cookie の制限によりエラーが発生するため、Web版統合運用管理コンソールを利用できません。ホスト名の代わりにIPアドレスを指定するか、他のブラウザを使用してください。

2. 連携製品への影響について

WebOTX と連携する製品やアプリケーションの中には、ホスト名が RFC1034 に基づいていることを仕様として定めている場合があります。

そのため、RFC1034 に基づいていない、「数字から始まるホスト名」および 「"_"(アンダースコア)を含むホスト名」 を使用する場合は、 WebOTX 以外の製品およびアプリケーションにおいても、 これらのホスト名が使用可能であることを確認してから、使用してください。

ページの先頭へ戻る