ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. WebOTX V6.3 のWeb版統合運用管理コンソールを利用するために必要なソフトウェアについて
ここから本文です。

WebOTX V6.3 のWeb版統合運用管理コンソールを利用するために必要なソフトウェアについて (2005年12月14日時点)

1. 概要

WebOTXではWebブラウザベースの統合運用管理コンソールを提供していますが、バージョン6.3では、そのWebブラウザベースの統合運用管理コンソールをMacromediaのFlashをベースにして動作させるようにしています。

Web版統合運用管理コンソールを利用するには、クライアントにWebブラウザとMacromedia Flash Player 7以上(最新のMacromedia Flash Player 8推奨)が必要です。 Macromedia Flash Player 7より前のバージョンのMacromedia Flash Playerでは動作を保証しておりませんのでご注意ください。

Macromedia Flash Player 8 は、Macromedia,Inc.のWebサイトよりダウンロードしてください。

インターネットに接続できない環境でご利用になる場合は、インターネットに接続できる環境でMacromedia Flash Player 8 をダウンロード後、ご利用になるマシンに適用をお願い致します。

Macromedia Flash Player 8 のダウンロードは、上記のMacromedia,Inc.のWebサイトで、「ダウンロード」の「Macromedia Flash Player」を選択して「Macromedia Flash Player ダウンロードセンター」へ進み、「関連リンク」の「Macromedia Flash Player の再配布」-「無償配布ライセンス」で行うことができます。

「無償配布ライセンス」では、Macromedia,Inc.との契約が必要となります。

「無償配布ライセンス」のページの下部にある「社内のイントラネットでの配布をご希望の企業の方へ」へ進み、「Macromedia Shockwave and Flash Player 無償配布ライセンス」に記述されている「ダウンロードの方法」のStepに従って、ダウンロードを行ってください。(Macromedia,Inc.のWebサイトの情報は2005年12月13日現在の情報となります。)

詳細は、Macromedia,Inc.のWebサイトを参照してください。

2. 対象製品

次の製品が関連します。

  • ActiveGlobe WebOTX Web Edition Ver6.3
  • ActiveGlobe WebOTX Standard-J Edition Ver6.3
  • ActiveGlobe WebOTX Standard Edition Ver6.3
  • ActiveGlobe WebOTX Enterprise Edition Ver6.3
  • ActiveGlobe WebOTX 開発環境 Ver6.3
  • ActiveGlobe WebOTX UDDI Registry Ver3.3

ページの先頭へ戻る