ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. Apache HTTP Server :Windows版で SSL利用時(HTTPS 通信利用時) において、マシン再起動後に HTTPS 通信が利用できなくなる場合がある件について
ここから本文です。

Apache HTTP Server :Windows版で SSL利用時(HTTPS 通信利用時) において、マシン再起動後に HTTPS 通信が利用できなくなる場合がある件について (2007年12月11日時点)

1. 概要

Windows 版の WebOTX でバンドルしている Apache HTTP Server 1.3/2.0 を利用して HTTPS(SSL) 通信を行っている場合、マシンの再起動のタイミングで、HTTPS 通信が利用できなくなる場合があります。

WebOTX R6.x/V7.1 では、Webサーバ 1.3 および 2.0 のサービス起動/停止を、WebOTXで制御しています。通常、WebOTX の停止と共に、Webサーバの停止も行われますが、WebOTX の起動中に マシンのシャットダウンを実行すると、タイミングによっては、Web サーバ のサービス が完全に停止する前にマシンが終了してしまい、Webサーバの起動確認用のファイル(httpd.pid)が残ってしまう場合があります。

このような場合に、Webサーバの再起動が行われると「SSLを利用しない」モードでWebサーバが動作するため、HTTPS通信が利用できなくなります。

ただし、本現象が発生した場合でも、WebOTX の運用管理コマンドで Webサーバの再起動(Webサーバを一旦停止後、Webサーバの起動)を実行することで、SSL通信が利用できるようになります。

2. 問題のある製品名

Windows 版の WebOTX Ver6.x/V7.1 製品では、上記報告にある問題に該当する場合があります。

  • WebOTX Web Edition Ver6.x
  • WebOTX Standard-J Edition Ver6.x
  • WebOTX Standard Edition Ver6.x
  • WebOTX Enterprise Edition Ver6.x
  • WebOTX UDDI Registry Ver3.x
  • WebOTX Enterprise Service Bus Ver6.x/V7.1
  • WebOTX Application Server Web Edition V7.1
  • WebOTX Application Server Standard-J Edition V7.1
  • WebOTX Application Server Standard Edition V7.1
  • WebOTX Application Server Enterprise Edition V7.1
  • WebOTX SIP Application Server Standard Edition V7.1

Windows版の WebOTX Ver6.x/7.1 製品に含まれる Webサーバ 1.3/2.0 を利用し、かつ、SSL通信 を利用しており、マシンの再起動により「SSLなし」モードで Webサーバが起動しHTTPS通信ができない現象が発生する場合には、本ページで提供する「ファイル更新用プログラム」を実行し、Webサーバの起動/停止用バッチファイル (apachectl.bat)の更新処理を行ってください。

2.1. ファイル更新用プログラム

修正プログラムをダウンロードし、下記置換方法に示す手順に従い、修正プログラムを実行してください。マシンにインストールされている Webサーバの起動/停止用バッチファイル(apachectl.bat)に対して更新処理が行われます。

プラットフォーム 公開日 ファイル
Windows版 2007/12/11 chgApachectl.zip(2KB)

2.2. 置換方法

次に示す手順で更新を行ってください。

  1. Administrator権限を持つユーザでログインします。
  2. Webサーバが起動している場合、停止します。または WebOTX のドメインを停止します。
  3. 修正プログラムをダウンロードし、展開したファイルを「WebOTX インストールフォルダ」にコピーします。
    >copy chgApachectl.bat <WebOTX インストールフォルダ>
    >copy chgApachectl.xml <WebOTX インストールフォルダ>
  4. 修正プログラムを実行し、ファイルの更新を行います。
    >cd <WebOTX インストールフォルダ>
    >chgApachectl.bat
  5. ファイルの更新処理が正常終了した場合、「プログラムは正常終了しました」と表示されます。
  6. 3. でコピーした修正プログラムを削除します。
    >del chgApachectl.bat
    >del chgApachectl.xml
  7. 以上でファイルの更新処理は完了です。Webサーバ または WebOTX のドメインを再起動します。

ページの先頭へ戻る