ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. Windows Server 2008 (X64)上でApache HTTP Server 2.2.X を動作させる場合の制限事項
ここから本文です。

Windows Server 2008 (X64)上でApache HTTP Server 2.2.X を動作させる場合の制限事項 (2009年12月17日時点)

1. 概要

Windows Server 2008 (X64) 上でApache HTTP Server 2.2.X を動作させる場合、Apache HTTP Server 2.2.Xの起動に失敗します。

2. 問題のある製品名

  • WebOTX Application Server V8.20
  • WebOTX Application Server V8.21

WebOTX Application Server V8.20 ~ V8.21では、Webサーバとして Apache HTTP Server 2.2.x をバンドルしています。

そのため、WebOTX Application Server のインストール時にApache HTTP Server 2.2を選択インストールした場合は本件に該当する問題が発生します。

3. 回避方法

httpd.conf のListen ディレクティブを変更します。

  • IPv4で接続する場合
    Listen ディレクティブを以下のように定義してください。

    Listen 0.0.0.0:80
  • IPv6で接続する場合
    Listen ディレクティブを以下のように定義してください。

    Listen [::]:80
  • IPv4 および IPv6 の両方のアドレスで接続する場合
    IPv4 用および IPv6 用の2つのListen ディレクティブを定義してください。

    Listen IPv4実アドレス:80
    Listen IPv6実アドレス:80

ページの先頭へ戻る