ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. パッチ/修正モジュール(重要なお知らせ)
  5. 重要なお知らせ(2011年以前)
  6. 西暦2038年問題に関するご報告
ここから本文です。

西暦2038年問題に関するご報告 (2004年3月24日時点)

1. 概要

以前より新聞や雑誌、各Webサイト上などで話題になってきた、「西暦2038年問題」ですが、先日本事象が日本のシステムで発生したことが広く報道されました。

西暦2038年問題とは、グリニッジ標準時の2038年1月19日3時14分8秒を過ぎると、正しく時刻を認識できなくなるものです。

また、2038年より前であっても、ソフトウェアなどで時刻に対する演算処理を行うことで同様の問題が発生する場合があります。

WebOTXにつきましても、2038年より前に本問題が発生するかどうかについて調査いたしました。

2. 問題のある製品名

本製品では、2038年より前に本事象は発生しません。

ただし、同時に運用されている製品などについては問題がある恐れがありますので、運用中の製品の状況を確認いただけるようお願い致します。

ページの先頭へ戻る