ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. SOA基盤
  5. 製品体系/価格
ここから本文です。

WebOTX Enterprise Service Bus - 製品体系/価格

WebOTX Enterprise Service Busに代表されるSOA基盤製品には以下に示すものがあります。

また、WebOTX SOA基盤製品のライセンス方式ですが、WebOTX Application Serverのサイトで記述している内容をご参照ください。また、方式をまとめた資料も公開しています。

なお、フロント統合基盤 WebOTX Portalについてはこちらをご参照ください。

製品名 説明 備考
WebOTX Enterprise Service Bus WebOTX Enterprise Service Bus(ESB)は、2006年6月に出荷開始したSOAを実現するための基盤製品です。システム間の連携、業務コンポーネントの再利用を標準プロトコルによるサービス連携により実現します。 紹介資料
WebOTX OLF/TP Adapter OLF/TP-UTプロトコル、およびOLF/TP-UWプロトコルを利用して、ACOS-2 VIS、ACOS-4 VIS II、ACOS-6 TDS-AF、TPBASEなどのEISと通信するための製品です。JCA仕様に準拠しており、Java EEシステムでの利用に威力を発揮します。  
WebOTX VIS Connector OLF/TP-UTプロトコルおよびOLF/TP-UWプロトコルをサポートする各種システムとの連携を実現します。CORBAベース(C++、Javaベース)で動作するシステム向けです。  
WebOTX WebAP JSP WebOTX上のCORBAサーバAPと連携して動作するWebアプリケーションの開発を行うための機能を提供します。  
WebOTX Service Repository SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づき、サービスとして定義されたソフトウェアを一元管理し、SOAガバナンスを確立を推進します。 紹介資料
WebOTX Process Conductor WebOTX Process Conductorは、2006年10月に出荷開始したSOAのビジネスプロセスフローを実現するためのBPM製品です。ビジネスプロセス定義言語の最新標準仕様「WS-BPEL2.0」を国内で初めてフルサポート。またプロセスエンジンに独自の高速化技術を取り入れており、高速なビジネスプロセス実行を実現します。 紹介資料

ページの先頭へ戻る