ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. SOA基盤
  5. 動作環境
  6. V8.2 Linux版
ここから本文です。

WebOTX Enterprise Service Bus V8.2 Linux版 動作環境

WebOTX Enterprise Service Bus

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 Intel x86
最小 384 MB、推奨 512 MB 以上
Intel 64
最小 640 MB、推奨 1 GB 以上
必要HDD容量 300MB以上
ソフトウェア OS AS Expressと同様
その他 AS Expressと同様

WebOTX Service Repository

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 Intel x86
最小 512 MB、推奨 1 GB 以上
必要HDD容量 10MB以上(利用者が作成するサービスファイルやログデータのための容量は除く)
ソフトウェア OS Intel x86
RedHat Enterprise Linux 5
RedHat Enterprise Linux AP 5
RedHat Enterprise Linux AS 4
RedHat Enterprise Linux ES 4
(※1) SELinux設定を有効化した場合は未サポートです。無効にしてください。
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
J2SE 5.0
  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
アプリケーションサーバ
  • WebOTX Application Server Express V8.2
  • WebOTX Application Server Foundation V8.2
  • WebOTX Application Server Standard V8.2
  • WebOTX Application Server Enterprise V8.2
Webサーバ
  • WebOTX ASにバンドルされているJavaベースのWebサーバ
  • WebOTX ASにバンドルされているApacheベースのWebサーバ(WebOTX Webサーバ)
データベース
WebOTX Service Repositoryでは以下のOracleデータベースとこれに含まれるJDBCドライバを必要とします。
  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)

ページの先頭へ戻る