ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. SOA基盤
  5. 動作環境
  6. V7.1 Linux版
ここから本文です。

WebOTX Enterprise Service Bus V7.1 Linux版 動作環境

WebOTX Enterprise Service Bus

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 最小 450MB 推奨 768MB以上
必要HDD容量 220MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。
Webサーバ

  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。

WebOTX VIS Connector

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 64MB以上
必要HDD容量 1MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0

アプリケーションサーバ

  • WebOTX Application Server Enterprise Eition
  • WebOTX Application Server Standard Edition

WebOTX OLF/TP Adapter

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 32MB以上
必要HDD容量 5MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0

WebOTX Process Conductor

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 最小 450 MB 推奨 768 MB 以上
必要HDD容量 30 MB 以上
ソフトウェア OS <Intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Linuxプラットフォームは、Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. WebOTX Application Server Standard/Enterprise Edition では、SDK1.4.2_07以前のバージョンで、アプリケーションが起動できない問題があります。この場合は、SDK 1.4.2_08以降を使用して下さい。
アプリケーションサーバ

WebOTX Process Conductorをインストールするには、次のいずれかのアプリケーションサーバがインストールされている必要があります。

  • WebOTX Application Server Enterprise Eition
  • WebOTX Application Server Standard Edition
  • WebOTX Application Server Standard-J Edition

Webサーバ

  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。
データベース

  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)
  • Oracle Database 11g Release 1 (11.1.0)
  • MySQL Enterprise Server 5.0.x(5.0.3 以降)

  1. Oracle11g R1のJDBCドライバを使用してデータベースとの接続を行う場合には、KROWN(ORACLE技術情報ページ)#126806にて情報公開されてるJDBCドライバのパッチを入手・適用する必要があります。上記情報の確認ならびに回避策であるパッチの詳細や入手方法につきましては、ORACLE製品の購入元のベンダーに問合せください。

ページの先頭へ戻る