ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. SOA基盤
  5. 特長/機能
  6. 役割
ここから本文です。

WebOTX Service Integration - 役割

システム連携 (WebOTX Enterprise Service Bus)

システム間連携は、各業務を構成する多種多様なプラットフォームやインタフェースなどの差異を吸収しなければならず、連携数の増加に伴って複雑になり、開発・保守コストが増大していくという課題があります。ESBは、サービス間のデータの経路制御、データ変換(形式・フォーマット・文字コード・外字など)を担います。ESBを導入すると、サービスの接続が自由にできるようになり、業務を取り巻く様々な環境変化に柔軟に対応していくことができます。

WebOTX ESBは高信頼性とオープン性を兼ね備えた高性能なシステム連携基盤製品です。メインフレームやERPなどの既存資産から最新のクラウドサービスまであらゆるリソースをセキュアに連携させることができます。

WebOTX Enterprise Service Bus

ビジネスプロセス統合 (WebOTX Process Conductor)

企業/団体においては、今さまざまなシステムが乱立し複雑化しています。個々に構築あれたシステムをいかに連携させて、より使いやすく便利なサービスを提供できるかが、これからの大きな課題となっています。WebOTX Process Conductorは、企業/団体内や企業/団体間におけるWebサービスを利用した複数のビジネスプロセスの効率的な連携を可能にします。また、XML関連の標準化団体「OASIS」において標準化がされている、ビジネスロジックを連携させるための標準仕様「WS-BPEL」に対応しています。

サービスの情報や依存関係を管理してガバナンスを実現 (WebOTX Service Repository)

SOAにもとづいたサービスも、秩序無く作成すると開発現場は混乱し、また、作成されたサービスも再利用性が低く、SOAのメリットを活かすことができません。再利用性の高いサービスを効率よく作成し、SOAのメリットを最大限に活かすには、サービスの作成から運用・保守・管理にいたるまで、一貫したポリシーに従った統制・管理が重要です。WebOTX Service Repositoryは、SOAにもとづき、サービスとして定義されたソフトウェアを一元管理し、SOAガバナンスの確立を推進します。


ページの先頭へ戻る