ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. SOA基盤
  5. 特長/機能
ここから本文です。

WebOTX Service Integration - 特長/機能

WebOTX Enterprise Service Busの特長

高性能・高信頼なシステム連携基盤

高性能・高信頼を実現する独自機能を搭載しており、高負荷時やエラー発生時にも連携動作を継続できます。

クラウド親和性

クラウドの活用が本格化する一方、オンプレミスとクラウド、複数クラウド間の連携が技術的な障壁となり積極的なクラウド活用に踏み切れないケースが発生しています。
WebOTX ESBは、Amazon Web Servicesが提供するクラウド・サービス、Salesforce.com(Force.com)との連携機能を提供し、クラウド活用を後押しします。

開発生産性

多種多様なIT資産を簡単に連携できる開発ツールを提供し、、設計・開発にかかるコストの削減を可能とします。
例えば、SAPとの連携では、予めアプリケーションの構造やデータ変換方式がテンプレートとして用意されており、GUI上で最低限の設定をするだけで連携アプリケーションの開発が可能です。

SOA基盤製品の特長

WebOTXは、ESB以外にもSOAを実現するために必要なSOA基盤製品を揃えています。
以下では、ESBの他にWebOTXが提供するSOA基盤製品について解説します。

ACOS連携(WebOTX OLF/TP Adapter, WebOTX VIS Connector)
ビジネスプロセス統合(WebOTX Process Conductor)
SOAガバナンス(WebOTX Service Repository)

ACOSシステムとの連携

ACOSとの接続を実現する際に、WebOTXでは2つの製品を用意しています。

「WebOTX VIS Connector」はCORBAベース(C++、Javaベース)で動作するシステム向けです。一方、「WebOTX OLF/TP Adapter」はJCA(Java EE Connector Architecture)仕様に準拠しており、Java EEシステムでの利用に威力を発揮します。

 

 

WebOTX VIS Connector

WebOTX VIS Connectorを合わせて利用すると、開放型 OLF/TPプロトコルをサポートするVISやTPBASEなどのバックエンドサーバにアクセスするためのWebOTX CORBAサーバアプリケーションを簡単に作成することができます。

サーバアプリケーションとVIS間で送受信するトランザクション電文のメッセージ形式を定義するだけで、COBOL言語で書かれた既存TPPインタフェースを、CORBAインタフェースにラッピングするWebOTX上のCORBAサーバアプリケーションを自動的に生成します。必要に応じてこれらを加工し、WebOTXサーバアプリケーションとして登録することでACOS連携システムとして運用することができます。

ACOSシステムとの連携

WebOTX Process Conductor

企業情報システムの複雑度は急速に高まっており、個々に構築されたシステムをいかに連携させてより高度なサービスを提供できるかが企業の競争力を高める上で課題となっています。WebOTX Process Conductorは、企業内・企業間におけるWebサービスを利用した複数のビジネスプロセスの連携を可能にします。

また、XML関連の標準化団体「OASIS」において標準化が進められている、ビジネスプロセスを連携させるための標準仕様「WS-BPEL」に対応しています。これにより、広域に分散したシステムの効率的な連携が可能となるため、事業環境の変化に応じた迅速かつ柔軟な業務の変更を実現することができます。

WebOTX Process ConductorWebOTX Process Conductorを利用したシステム連携の例

特長

WebOTX Process Conductorには、次に示す特長があります。

WebOTX Service Repository

WebOTX Service Repositoryは、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づき、サービスとして定義されたソフトウェアを統制・管理し、SOAガバナンスを確立するための製品です。WebOTX Developerで生成されるサービスだけでなく、他環境で生成されるサービス、既に作成済みのサービスも管理します。


ページの先頭へ戻る