ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. イベント/セミナー
  5. イベント/セミナー(2008年)
  6. WebOTX WORKSセミナーレポート:「企業内の情報を巧く活用できる秘訣教えます!~高速サーチエンジン×インフラエンジン×構築ノウハウが情報活用力を最大化~」
ここから本文です。

WebOTX WORKS セミナーレポート:「企業内の情報を巧く活用できる秘訣教えます!~高速サーチエンジン×インフラエンジン×構築ノウハウが情報活用力を最大化~」(2008年9月9日時点)

「イベント/セミナー(2008年)」へ戻る

2008年7月28日(月) に、NEC ブロードバンドソリューションセンター(品川)で、WebOTX WORKSパートナーである住友電工情報システム様、NECソフトとの共同セミナーを開催しました。

セミナー概要

帳票や会議資料など、企業内に存在する膨大な量の情報を必要な時に探し出して業務に活用したい。そのような目的で注目を浴びているのがエンタープライズサーチ(企業内検索システム)です。

本セミナーでは、住友電工情報システム様の全文検索エンジン「QuickSolution」のご紹介を通じて、エンタープライズサーチで企業内の情報を巧く活用する秘訣を解説。さらに企業内検索システムの導入構築事例、そのシステムを支える最適なインフラエンジンまでをまとめてご紹介しました。

講演テーマ

  1. 「エンタープライズサーチで出来るナレッジ活用
    ~企業内の”検索”は今、どこまで進化したのか?~」
  2. 「エンタープライズサーチ先進事例のご紹介
    ~大規模構築事例に見るシステム構築のポイントとは?~」
  3. 「いまエンタープライズシステムに求められているものとは?
    ~最適なインフラエンジンのご紹介~」

セッション1  重要なのは漏れなく検索できること  エンタープライズサーチで出来るナレッジ活用  ~企業内の"検索"は今、どこまで進化したのか?~

最初のセッションでは、エンタープライズサーチの概要や機能、実際にどのように活用されているかなどを、『エンタープライズサーチで出来るナレッジ活用~企業内の"検索"は今、どこまで進化したのか?~』とのタイトルで、住友電工情報システム株式会社 伊藤 彰康様よりご紹介いただきました。

住友電工情報システム株式会社 伊藤 彰康様住友電工情報システム株式会社 伊藤 彰康様

まずは私達が普段活用しているインターネットの検索とエンタープライズサーチとは何が違うのかを、それぞれの特徴を比較しながら分かりやすくご説明。その上で伊藤様が強調されたのは「エンタープライズサーチでは漏れなく検索できることが重要」という点でした。

目的の文書が存在するか分からないインターネットでの検索に対して、エンタープライズサーチでは目的の文書が存在していることを前提に検索するため、検索漏れが起きることは致命的です。そこで住友電工情報システム様の「QuickSolution」では、検索漏れを防ぐためにどのように検索を行うのか、そしてその結果をどのようにして効率的に絞り込むかを、デモンストレーションを交えてご紹介いただきました。

さらに、エンタープライズサーチが実際に企業内ではどのように活用されているのかを様々な事例を用いてご紹介。エンタープライズサーチに対するお客様のニーズを十分理解されているからこそ、このように様々な業界で多くの企業に導入されているのだと強く印象付けられ、本セッションを終了しました。

セッション2  エンタープライズサーチ導入後に気づく課題とは?  エンタープライズサーチ先進事例のご紹介  ~大規模構築事例に見るシステム構築のポイントとは?~

前セッションでご紹介頂いたエンタープライズサーチ。それをシステムに導入する場合、どのような課題があるのでしょうか。そのシステム導入・構築におけるポイントを『エンタープライズサーチ先進事例のご紹介~大規模構築事例に見るシステム構築のポイントとは?~』とのタイトルで、NECソフト 後藤 和博より紹介いたしました。

NECソフト 後藤 和博NECソフト 後藤 和博

まずは、エンタープライズサーチを導入されているお客様へのアンケート結果をご紹介。その結果によると、エンタープライズサーチの必要性を感じられ、自社に導入されているお客様はやはり多いようです。しかしその一方で後藤が指摘したのは、エンタープライズサーチ導入後に、何らかの課題に気づくお客様が多いという点でした

NECソフトでは、検索画面やセキュリティ対策、運用メンテナンスといった、エンタープライズサーチ導入における様々な課題を解決し、お客様の最適なエンタープライズサーチシステムを構築する「企業内検索システム構築サービス」をご提供しています。

本セッションでは、「検索精度の向上」「セキュリティと情報共有の両立」「レガシー資産の活用」におけるソリューション事例をご紹介。その豊富な構築実績によって得られたノウハウをもとに、それらの課題をどのように解決したのかをご説明いたしました。

さらに検索で探し出した文書に対する情報漏えい対策や文書を保存するためのストレージなど、検索に関連したソリューションまでをご紹介してセッションを終了。特にセキュリティとの関連ソリューションに関しては、セッション後に質問も頂戴するなど、関心の高さが伺えました。

セッション3  変化に強い柔軟なシステムの実現を支援  いまエンタープライズシステムに求められているものとは?  ~最適なインフラエンジンのご紹介~

これまでのセッションではサーチエンジン、そしてそれを導入するためのノウハウをご紹介しました。最後は、そのシステムの基盤となるインフラエンジン選択において重視すべきポイントを、『いまエンタープライズシステムに求められているものとは?~最適なインフラエンジンのご紹介~』とのタイトルで、NEC 寺坂 智之よりご紹介いたしました。

NEC 寺坂 智之NEC 寺坂 智之

「エンタープライズシステムに求められるもの。それは、様々な『変化に強い』ことです」と講演をスタートした寺坂。運用、インフラ、アプリケーションの3つの側面からエンタープライズシステムにおける変化をそれぞれご説明。そのうえで、変化に強いシステムの実現には、変化に柔軟であることが必要であるとし、NECのインフラエンジン「WebOTX Application Server」をご紹介しました。

WebOTXが変化に柔軟であることをご紹介する上で強調したポイントは「障害に強いこと」「負荷に強いこと」「運用が柔軟なこと」の3点。寺坂は、WebOTXがそれらを実現する様々な機能を揃えているだけでなく、お客様にきめ細かいサポートをご提供できる体制が整っている点までをご説明し、安心してご利用いただけるインフラエンジンであることを強調しました。

最後は7月に新たにリリースしたばかりのWebOTX V8を初公開。国内ベンダ初のJava EE 5対応、NGNやSOA分野に対する強化といったポイントをご紹介して本セッションを終了。「変化に強い柔軟なシステムの実現に、ぜひWebOTXをご活用ください」と寺坂は締めくくりました。

まとめ

企業内検索エンジンと企業インフラエンジン、そしてシステム構築ノウハウまでを解説し、企業内の情報を巧く活用するポイントをご紹介した本セミナー。大変暑い中のセミナー開催となりましたが、開始前から写真のように席は満席に。エンタープライズサーチに対する注目の高さが伺えました。

セミナーの様子セミナーの様子

アンケートでは「参考になった」とのコメントを大変多く頂戴し、セッション後の質疑応答でも、「Excel内のテキストボックスやPDF内の画像データなどもあるが、どこまで検索対象になるの?」「セキュリティ対策を導入した場合、ファイルの暗号鍵はどのようにやりとりするの?」とより具体的な質問を頂くなど、エンタープライズサーチがまさに今、お客様に必要とされているシステムであることを実感できたセミナーでした。

本セミナーの講演資料、製品カタログ類は、下記の「資料請求・お問合せ」ボタンよりご請求いただけます。資料をご希望の方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

セミナー資料

  • 「企業内の情報を巧く活用できる秘訣教えます」講演資料冊子
  • 住友電工情報システム「QuickSolution」カタログセット
  • NECソフト「企業内検索システム構築サービス」カタログ
  • NEC「サービス実行基盤WebOTX」カタログ&事例セット

講演資料セット。お気軽にお問合せ下さい!講演資料セット。お気軽にお問合せ下さい!

更新履歴

ページの先頭へ戻る