8. ログ

8.1. ロギングの概要

ログは日々の運用でのメンテナンスや障害発生時の原因調査など、ログはシステム運営において重要な位置を占めています。本章ではWebOTX ASのロギングおよび業務アプリケーションからのログ出力方法について、その概要を説明します。

8.1.1. WebOTXのログについて

この節ではWebOTX AS が出力するログの概要を説明します。

8.1.1.1. ドメインを構成するサービスについて

WebOTX AS は運用領域をドメインと呼ばれる単位にグルーピングして管理しています。ドメインは各種の機能を提供するサービス群から構成されており、各サービスはその機能を提供するプロセス群またはモジュールと制御モジュールから構成されます。

各サービスは運用管理サービスの中核を担うAgentプロセス内のモジュールとその制御モジュールから構成されるサービスと、Agentプロセスの外部のプロセス群とAgentプロセス内の制御モジュールから構成されるサービスがあります。


図8.1.1.1-1

1つのドメイン内で出力されるログはそのドメインを構成するサービスが個々の方法を利用して出力しています。そのため、ログの出力方法はサービスにより異なります。

WebOTX ASのログの出力方法は大きくは以下のように分けられます。

(*1)Log4JをベースとしたWebOTX AS独自のログモジュールです

このログ出力方法の違いから、WebOTX AS でのログの設定方法は多岐に渡っています。

そこで、WebOTX AS のログの概要を理解するために、まずはWebOTX AS を構成するサービスの関係について説明します。

ここで、WebOTX AS ではエディションによりドメインを構成するサービスが異なるため、以下にエディション別のサービス構成図を記します。

・Express


図8.1.1.1-2

Express ではドメインは、ドメイン全体を管理する 運用管理サービス、JMS関連の機能を提供するJMSサービス、CORBA通信関連の機能を提供するObject Brokerサービス、Webサーバ関連の機能を提供するWebServerサービスから構成されます。

ここで、運用管理サービスのAgentプロセスおよびJMSコンポーネントのJMSプロセスはともにJavaのプロセスであり、ログの出力にはLog4otxを用いています。その他のプロセスは独自の方法を利用してログを出力しています。

各サービスとログの関係の詳細については次節を参照してください。

・Standard/Enterprise


図8.1.1.1-3

Standard および Enterprise では Express を構成するサービスに加え、Transactionの管理機能を提供するTransactionサービス、高信頼実行基盤であるTPモニタ サービスから構成されます。また、運用管理サービスのAgentプロセスおよびJMSコンポーネントのJMSプロセスはともにLog4otxを、その他のプロセスは独自の機構を利用してログを出力しています。

各コンポーネントとログの関係については次節を参照してください。

サービスとログの関係

前節でも述べたようにサービスはプロセス群またはモジュールと制御モジュールから構成されています。また、制御モジュールはAgentプロセスの内部で稼動しています。ここで ${INSTANCE_ROOT}/logsにはサービス毎にディレクトリが分けられており、各ディレクトリにはプロセス群またはモジュールが出力するログファイルと制御モジュールが出力するログファイルが格納されます。

表8.1.1.1-1
ディレクトリ名 サービス
${INSTANCE_ROOT}/logs/
運用管理(webotx_agent.log, server.log、server_err.log, agent_operation.log, webotx_prcstop.log
Webコンテナ(server_access.log
${INSTANCE_ROOT}/logs/agent/
運用管理(adminconsole_operations.log
JNDI
Data Grid
${INSTANCE_ROOT}/logs/deploy/
配備
${INSTANCE_ROOT}/logs/diagnostics/
診断サービス
${INSTANCE_ROOT}/logs/ejb/
EJBコンテナ
${INSTANCE_ROOT}/logs/ha/
Working Domain Coordinator
分散管理サーバ
${INSTANCE_ROOT}/logs/jdbc/
JDBC
${INSTANCE_ROOT}/logs/jpa/
JPA
${INSTANCE_ROOT}/logs/ObjectBroker/
Object Broker
${INSTANCE_ROOT}/logs/tpsystem/
TPシステム
${INSTANCE_ROOT}/logs/TS/
Transactionサービス
JTA(webotx_jta.log)
${INSTANCE_ROOT}/logs/web/
Webサービス
Webサーバ
Webコンテナ
${INSTANCE_ROOT}/logs/wojms/
JMS

以下はエディション別のサービスと出力先ディレクトリの関係図です。

・Express


図8.1.1.1-4

Webサーバ、JMS、Object Brokerのサービスはそれぞれ外部プロセス群とAgentプロセス内の制御モジュールとから構成され、その他のサービスはAgentプロセス内のモジュールと制御モジュールから構成されています。また、サービス毎に${INSTANCE_ROOT}/logs内にディレクトリ区分されログが出力されます。

${INSTANCE_ROOT}/logs直下に出力されるとログファイルについては以下のようなログが出力されます。

webotx_agent.log ・・・Agentプロセス内の全てのサービスが出力するメッセージが出力されます。

server.log ・・・ Agentプロセスの標準出力が出力されます。

server_err.log ・・・ Agentプロセスの標準エラーが出力されます。

server_access.log ・・・ Webコンテナへのアクセスログが出力されます。

・Standard/Enterprise


図8.1.1.1-5

Expressの場合に加え、Transactionサービス、TPモニタサービスが各々外部プロセス群とサービスから構成され、追加されます。また、ExpressではAgentプロセス内で動作していたWebコンテナ(*2)、EJBコンテナがTPモニタ上で動作します。そして、サービス毎に${INSTANCE_ROOT}/logs内にディレクトリ区分されログが出力されます。

また、${INSTANCE_ROOT}/logs直下に出力されるwebotx_agent.log、server.log、server_err.logについてはExpressと同様です。

(*2) インストール時にアドバンスドモードを選択した場合

8.1.2. 業務アプリケーションからログを出力する場合

この節では業務アプリケーションからログを出力する方法について説明します。

業務アプリケーションからログを出力する方法として、以下を提供しています。

・JavaEE アプリケーション

 JDK Logger、Log4JなどJavaライブラリを用いて出力する方法と、標準出力に出力する方法があります。Log4Jを利用する場合は次節を参照してください。

(※1)  Log4Jなどのライブラリは業務アプリケーション側で用意する必要があります。

(※2) Log4OTXはWebOTX内部コンポーネント専用のライブラリであり、業務アプリケーションのログ出力用ライブラリとしては機能を提供していません。

・CORBA アプリケーション

WebOTX ASが提供するAPIを利用する方法があります。詳細は「APIリファレンスマニュアル」を参照してください。

8.1.2.1. 業務アプリケーションで用意したLog4Jを利用する場合

業務アプリケーションで用意したLog4Jを利用する場合、アプリケーションが利用するLog4J定義ファイルは、WEB-INF/classes以下に配置する必要があります。


図8.1.2.1-1

8.1.2.2. 標準出力を利用する場合

標準出力を利用する場合、エディションまたはドメインの構成により以下のファイルへ出力されます。

8.2. 各サービスのログ

WebOTXの各サービスが出力するログについて説明します。

WebOTXの各オプション製品が出力するログに関しては、各製品のマニュアルを参照してください。

8.2.1. 運用管理

8.2.1.1. server.log、server_err.log

8.2.1.2. webotx_agent.log

8.2.1.3. webotx_admin.log

8.2.1.4. agent_operation.log

8.2.1.5. webotx_prcstop.log

8.2.1.6. adminconsole_operations.log

8.2.3. 配備

8.2.3.1. webotx_deploy.log

8.2.4. EJBコンテナ

8.2.4.1. webotx_ejbcont.log

8.2.5. JDBC

8.2.5.1. webotx_jdbc.log

8.2.5.2. webotx_jta.log

8.2.6. JMS

8.2.6.1. webotx_jms.log

8.2.6.2. wojmsserver.log

8.2.6.3. std.log

8.2.6.4. wojmsadmin.log

8.2.6.5. wojmspacket.log

8.2.6.6. wojmsmessage.log

8.2.6.7. wojmserror.log

8.2.6.8. wojmssv.pid / wojmsserver.pid

8.2.6.9. wojmsexec.log

8.2.6.10. 出力形式について

運用管理操作履歴の出力形式

運用管理操作履歴の出力形式は以下のようになっています。

[タイムスタンプ] <メッセージID>: <メッセージ> [<結果>]

表8.2.6.10-1
出力項目 説明

タイムスタンプ

ログ出力時の時間。yyyy-mm-dd HH:MM:SS,sssの形式。

メッセージID

運用管理操作で送信されたメッセージのメッセージID。<シーケンス番号>-<IPアドレス>-<ポート>-<タイムスタンプ>の形式。

メッセージ

運用管理操作の内容を示すメッセージ。

結果

運用管理操作の結果(成功、あるいは失敗)。失敗した場合は、その理由を出力。

メッセージライフサイクルの出力形式

メッセージライフサイクルの出力形式は以下のようになっています。

[タイムスタンプ] <メッセージID> [<送信先名>] [<ライフサイクルイベント>] <プロデューサID>:<トランザクションID>

なお、メッセージ移動操作によりメッセージが移動した場合は、上記の情報に加え、次の形式で移動前と移動後の情報を出力します。

[タイムスタンプ] [MESSAGE:MOVE] [<移動元の送信先名>] <移動前のメッセージID> -> [<移動先の送信先名>] <移動後のメッセージID>

表8.2.6.10-2
出力項目 説明

タイムスタンプ

ログ出力時の時間。yyyy-mm-dd HH:MM:SS,sssの形式。

メッセージID

JMSメッセージに対するメッセージID

送信先

メッセージが送信された送信先名

ライフサイクルイベント

メッセージの送信先への追加(ADD)、送信先からの削除(REMOVE)などを示す文字列。

送信先への追加の場合は、「ADD:<AddReason>」の形式で、<AddReason>は次のとおりです。

  • Loaded:起動時にメッセージがロードされた場合
  • Queued:プロデューサからメッセージが送信された場合
  • Moved:メッセージ移動操作によって移動した場合

送信先からの削除の場合は、「REMOVE:<RemoveReason>」の形式で、<RemoveReason>は次のとおりです。

  • EXPIRED:メッセージの有効期限が切れた場合
  • ACKNOWLEDGED:メッセージが配信され、コンシューマからACKNOWLEDGEDが返ってきた場合
  • DELIVERED:NO_ACKNOWLEDGEモードでメッセージが配信された場合
  • PURGED:管理コマンドなどからメッセージがパージされた場合
  • UNLOADED:メッセージがアンロードされた場合(ロード時のエラー発生や、コンシューマが削除されたとき)
  • ROLLBACK:ロールバックされた場合
  • OVERFLOW:メッセージ追加時にサイズなどの制限値を超えた場合
  • ERROR:メッセージ追加時にエラーが発生した場合
  • CANCELED:再配信回数の上限を超えた場合
  • MOVED:メッセージ移動操作によって移動した場合

プロデューサID

メッセージを送信したプロデューサのプロデューサID

トランザクションID

トランザクション中の場合のトランザクションID

8.2.7. JNDI

8.2.7.1. webotx_jndisp.log

8.2.8. Object Broker

8.2.8.1. objava.log

8.2.8.2. webotx_ospi.log

8.2.8.3. ObLog.log

8.2.8.4. oad.log

8.2.8.5. InterfaceRepository.log

8.2.8.6. corbaloc.log

8.2.8.7. namesv.log

8.2.8.8. cnamesv.log

8.2.8.9. message.log

8.2.8.10. syslog.log

8.2.8.11. oadj.log

8.2.8.12. oadjinit.log

8.2.11. TPシステム

8.2.11.1. webotx_tpmmgr.log

8.2.11.2. ${PGNAME}.${PID}.log

8.2.11.3. ${PGNAME}_sys.${PID}.log

8.2.11.4. ${PGNAME}_recovery.${PID}.log

8.2.11.5. ${APGNAME}_EXIT_sys.${PID}.log

8.2.11.6. ${SYSTEMNAME}_IIOPLsn.log${SYSTEMNAME}_A_IIOPLsn.log

8.2.11.7. iiopbase.log

8.2.11.8. ${SYSTEMNAME}_AJPLsn.log

8.2.11.9. ajpbase.log

8.2.11.10. access.ajp.log access_${YYYYMMDDhhmmss}.ajp.log

8.2.11.11. ${SYSTEMNAME}_woejout_<number>.log ${SYSTEMNAME}_woejout_<generation>_<number>.log

8.2.12. Transactionサービス

8.2.12.1. webotx_ts.log

8.2.12.2. RCS.trc

8.2.12.3. LRS.trc

8.2.12.4. webotx_ts_cpp.log

8.2.14. Webコンテナ

8.2.14.1. webotx_catalina.log

8.2.14.2. webotx_webcont.log

8.2.14.3. mod_jk-22.log/mod_jk-24.log

8.2.14.4. isapi.log

8.2.14.5. mod_jk_om-22.log/mod_jk_om-24.log

8.2.15. Webサーバ

8.2.15.1. webotx_websv.log

8.2.15.2. access_log(access.log)

8.2.15.3. error_log(error.log)

8.2.15.4. ssl_request_log(ssl_request.log)

8.2.15.5. server_access.log

8.2.16. Webサービス

8.2.16.1. webservice.log

8.2.17. Working Domain Coordinator

8.2.17.1. wowdc.log

8.2.18. Enterprise Service Bus

8.2.18.1. webotx_esb.log

8.2.19. Portal

8.2.19.1. portal_common_framework.log

8.2.19.2. portal_builtin_portlet.log

8.2.19.3. portal_access.log

8.2.19.4. portal_trace.log

8.2.19.5. portal_common_service.log

8.2.19.6. Portalに関するその他のログ

8.2.20. 分散管理サーバ

8.2.20.1. admin_access.log

8.2.20.2. admin_event.log

8.2.20.3. ddeployment.log

8.2.21. rcスクリプトのログ (UNIX系OSのみ)

8.2.21.1. WOAgentSvc.log

8.2.22. WebOTX AS Agent Service のログ (Windowsのみ)

8.2.22.1. WOAgentSvc_start.log/WOAgentSvc_stop.log

8.2.23. JPA

8.2.23.1. webotx_jpa.log

8.2.24. DataGrid

8.2.24. webotx_datagrid.log

8.3. その他

8.3.1. 連続運用時のディスクフルについて

WebOTXでは多くのログファイルについて、既定でファイルサイズによるローテーションの設定を行っています。
しかし、長期間連続運用を行っている環境やディスク容量に合ったローテーションサイズのチューニングが行われていない環境の場合、 ログファイルの容量増加に伴いディスクフルが発生する危険があります。ご利用になるシステムのディスク要件に合わせたチューニングを行ってください。
以下では、既定でローテーションの設定を行っておらず、ディスクフルの危険性があるログファイルについて表にまとめています。

表8.3.1
ログファイル名 備考
error_log(error.log) インストール時に「WebOTX Webサーバ」を選択した場合のみ出力されます。
設定により回避可能です。詳しくは8.2.15節を参照してください。
ssl_request_log(ssl_request.log) HTTPS使用時に出力されます。設定により回避可能です。詳しくは8.2.15節を参照してください。
std.log スレッドダンプ取得回数に依存します。

8.3.2. rotatelogsを利用したログローテーション

8.3.2.1. Webサーバのログのログローテーション

Webサーバが出力するログのローテーション方法については、マニュアルの以下の章を参照してください。

8.3.2.2. mod_jkのログのローテーション

WebサーバとWebコンテナとの連携モジュールであるmod_jkが出力するログファイルのローテーション方法について説明します。

はじめに、mod_jkの設定ファイル名について説明します。mod_jkの設定ファイルは使用するWebサーバとWebOTXの動作モードによって以下のように変わります。設定ファイルは${INSTANCE_ROOT}/config/WebCont以下にあります。

表8.3.2.2-1
使用 Webサーバ WebOTX動作モード mod_jk設定ファイル名
WebOTX Webサーバ 2.2 スタンダードモード mod_jk-22.conf-auto
WebOTX Webサーバ 2.2 アドバンスドモード mod_jk_om-22.conf-auto

WebOTX 統合運用管理ツールや運用管理コマンドからmod_jkのログのローテーションの設定を行うことができます。この場合、手動で参照する設定ファイルを変更する必要はありません。ただし、WebサーバとWebコンテナが別マシン構成の環境では、以下の条件を満たしていない場合、統合運用管理ツールや運用管理コマンドから設定を行えないため、手動で設定を行う必要があります。

また、統合運用管理ツールや運用管理コマンドから設定を行えないmod_jkの設定について変更したい場合も手動で設定を行う必要があります。統合運用管理ツールや運用管理コマンドから設定を行える項目およびmod_jkに設定可能な項目一覧は[ リファレンス集 運用管理・設定編 > 1. コンフィグレーション(設定一覧) > 1.4. Webコンテナ > 1.4.4. Webサーバプラグイン定義ファイルの設定方法 > 1.4.4.3. Webサーバプラグイン設定項目一覧 ]および[ リファレンス集 運用管理・設定編 > 1. コンフィグレーション(設定一覧) > 1.4. Webコンテナ > 1.4.6. Web版統合運用管理コンソールを利用したプラグインの設定方法 ]を参照してください。

本手順を行うと、mod_jk_om-22.log.<数字>というファイル名でログが出力されます。数字が小さいものは過去ログとなりますので、削除することができます。

Web版統合運用管理コンソールでの設定方法
[ リファレンス集 運用管理・設定編 > 1. コンフィグレーション(設定一覧) > 1.4. Webコンテナ > 1.4.6. Web版統合運用管理コンソールを利用したプラグインの設定方法 ]を参照してください。
コマンドでの設定方法
運用管理コマンドから以下のコマンドを実行し、ドメインを再起動してください。
手動での設定方法

ここではWebOTXインストールするフォルダは既定値(C:/WebOTX)、ドメイン名はdomain1、WebOTX Webサーバ2.2とアドバンスドモードの組み合わせを例に手順を説明いたします。組み合わせがことなる場合も手順は同じですので、ファイル名、パス名を適宜読み替えてください。

以下の手順を、ドメインが停止した状態で行ってください。

  1. mod_jk設定ファイルのリネーム

    mod_jk_om-22.conf-autoをコピーし、mod_jk_om-22.conf-loadを作成します。

  2. mod_jk_om-22.conf-loadの編集

    以下の例では、一日(86400秒)ごとにローテーションさせます。適宜数値は変更してください。また、ファイルサイズでローテーションさせる場合は、数値の後にMをつけることで実現することができます。
    例えば、10MB単位にローテーションさせる場合は10Mと記述します。

  3. httpd.confの編集

    ${INSTANCE_ROOT}/config/WebServer/httpd.confを編集し、2で作成したmod_jk_om-22.conf-loadを読み込むように編集します。

8.3.3. Standard/Enterprise上のアプリケーションのログ出力

Standard/Enterpriseにおけるサーバアプリケーションに関するログについて説明します。サーバアプリケーションの動作に問題がある場合に参照すべきログについて説明します。

WebOTXにはシステムやプロセスの稼動状況を示すために様々なトレースファイルが存在します。 何か異常が起こったときは以下に説明するファイルを参照してください。

この表の上位4つのファイルで、ほとんどの場合に対処可能です。トレースレベルを最大にすると通常運用に支障が出る場合もあります。最大よりは1ないし2つほど下げて運用してください。デバッグ時は常に最大にしてください。これらのファイルについてはファイルの読み方とエラー番号一覧 (別のセクションにあるものもあります)を示します。

また、下位2つは上位4つでも判らない時に採取するログです。通常運用には耐えられないほどのログが出ますので、デバッグ時や開発元からの依頼があった時のみ採取願います。下位 2つのファイルに関しては採取方法のみ示します。

表8.3.3-1
トレース種別 トレース内容
サーバアプリケーショントレース(Java) WebOTXのトレースとユーザトレース(TPSUserTrace())をマージして出力します。
サーバアプリケーショントレース(C++) WebOTXのトレースとユーザトレース(TPSUserTrace())をマージして出力します。
システムトレース プロセス起動時の情報やCORBAアプリケーションで検出したエラーの情報が出力します。
イベントログ(Windows)、syslog(UNIX系OS) WebOTX内部で異常が発生した時に異常の内容を出力します。
サーバアプリケーション内部トレース サーバアプリケーションの下位層(スレッド管理やメッセージ管理など)の状況を出力します。
IIOPリスナ内部トレース クライアントからの要求を管理する部分と下位層(ソケット管理やメッセージ管理など)の状況を出力します。

8.3.3.1. サーバアプリケーショントレース採取

サーバアプリケーションのログについて説明します。

表8.3.3.1-1
ファイル名 ディレクトリ サイズ 説明
${PGNAME}.${PID}.log ${INSTANCE_ROOT}
/logs/tpsystem
/${APGNAME}/${PGNAME}
ユーザ
指定値
サーバアプリケーショントレースを採取するには統合運用管理ツールで設定する必要があります。統合運用管理ツールにてプロセスグループのアイコンを選択し、[トレース設定]タブをクリックして[トレース設定]ページを表示してください。このページにある[トレースレベル]が、[出力しない]になっていないことを確認してください。次に、トレースファイルの最大サイズを確認してください(既定値 1024 KBytes)。トレースファイル名を確認してください。最後にトレースレベルを確認してください(既定値5)。トレースファイルはトレースファイルの最大サイズに達すると、ファイル名に ".bak" を付加してバックアップファイルを作成します。そして、新規にトレースファイルを作成します。バックアップは一回分しか残しません。WebOTX以外のアプリケーションからサーバアプリケーショントレースにログを出力しても、サイズ算定に含まれません。最大サイズのチェックは出力毎であるため、指定された最大サイズとバックアップされたファイルのサイズは、必ず同じになるわけではありません。サーバアプリケーション中からトレースファイルにトレースを出力するにはTPSUesrTrace()を使用してください。Javaの場合はjava.lang.System.out.println()を用いても出力できます。C++の場合はprintf()を用いても出力できますが、トレースファイルのサイズの最大値以上に出力されることがあります。トレースレベルが5(LOG_NOTICE)の場合、WebOTXとしてエラー以外は何も出力しません。
${PGNAME}_sys.${PID}.log ${INSTANCE_ROOT}
/logs/tpsystem
/${APGNAME}/${PGNAME}
ユーザ
指定値
システムトレースファイルです。プロセス起動時の情報やCORBAアプリケーションで検出したエラーの情報が出力されます。Javaアプリケーションでスタック情報採取を行ったときにも出力されます。上記以外の機会に出力されることはありません。(既定値 1024 KBytes)。
${APGNAME}_EXIT_sys.${PID}.log ${INSTANCE_ROOT}
/logs/tpsystem
/${APGNAME}/${APGNAME}_EXIT
1MB アプリケーション初期プロセスのシステムトレースファイルです。アプリケーション初期プロセスを使用する場合のみ出力されます。プロセス起動時の情報やエラーの情報が出力されます。
${PGNAME}_recovery.${PID}.log ${INSTANCE_ROOT}
/logs/tpsystem
/${APGNAME}/${PGNAME}
1MB プロセス異常終了によりプロセスグループが停止した場合に出力されます。
${PGNAME}.${TIME}.${PID}.log ,
${PGNAME}_sys.${TIME}.${PID}.log ,
${PGNAME}_recovery.${TIME}.${PID}.log
${INSTANCE_ROOT}
/logs/tpsystem
/${APGNAME}/${PGNAME}/save
ユーザ
指定値
プロセス終了時及びプロセスグループ起動時に、使用していないサーバアプリケーショントレースファイルをsaveディレクトリに退避します。saveディレクトリに退避されたログはプロセス異常終了時の障害解析等で必要になる場合がありますが、任意のタイミングでsaveディレクトリを退避あるいは削除することができます。一定期間(既定値30日)経過したログは自動で削除されます。なお、saveディレクトリに退避されていないログは運用中のプロセスのログなので削除しないでください。
${APGNAME}_EXIT_sys.${TIME}.${PID}.log ${INSTANCE_ROOT}
/logs/tpsystem
/${APGNAME}/${APGNAME}_EXIT/save
1MB アプリケーション初期プロセスのプロセス終了時及びアプリケーショングループ起動時に、使用していないシステムトレースファイルをsaveディレクトリに退避します。saveディレクトリに退避されたログはプロセス異常終了時の障害解析等で必要になる場合がありますが、任意のタイミングでsaveディレクトリを退避あるいは削除することができます。一定期間(既定値30日)経過したログは自動で削除されます。なお、saveディレクトリに退避されていないログは運用中のプロセスのログなので削除しないでください。

8.3.3.2. トレースの読み方(Java)

サーバアプリケーションログは以下のような形式になっています。

表8.3.3.2-1
ログレベル メッセージ
ログレベル1〜3 yyyy/mm/dd HH:MM:SS.sss|TTT: Error: メッセージ
ログレベル4〜7 yyyy/mm/dd HH:MM:SS.sss|TTT: メッセージ

yyyy 西暦 mmdd

HH 時(00〜23) MM 分(00〜59) SS 秒(00〜59) sss ミリ秒

xxxxxxxx:エラーID(無い場合もあります) TTT:論理スレッド番号 メッセージ:メッセージ本文

WebOTXのサーバアプリケーションが出力するログの中にErrorが出力される場合は何か異常が起きています。主に初期化時にエラーが出るため、ここでは初期化時に発生しうるエラー一覧を載せますが、他のエラーが出ている場合は開発元に連絡してください。

表8.3.3.2-2
エラーメッセージ 原因 対処
Can't get catalog directory. 環境変数 TPM_CAT_DIR の取得に失敗しました。 メモリが不足している可能性があります。OS再起動してください。それでも解決しない場合は、可能ならWebOTXを再インストールしてください。
Can't get application server name. 環境変数TPM_AP_CLASSの取得に失敗しました。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。
Can't get TP_HOME. 環境変数 TP_HOME の取得に失敗しました。 WebOTXのインストール情報が壊れている可能性があります。可能なら再インストールしてください。
WG2 file is invalid. コンポーネント定義ファイル(WG2ファイル)が不正です。 コンポーネント定義ファイル(WG2ファイル)が壊れている可能性があります。可能ならドメインのリストアをしてください。リストアについては[ 高度な管理と運用サイクルガイド > 1. バックアップ/リストア ]を参照してください。
Can't read wc2 file. コンポーネント定義ファイル(wc2)ファイルの読み込みに失敗しました。 コンポーネント定義ファイル(wc2ファイル)が壊れている可能性があります。可能なら対象のコンポーネントの再配備してください。
Cannot initialize Winsock. WinSockの初期化に失敗しました。 WSock32.dllのバージョン(1.1以上が利用可能か)を確認してください。
Can't access naming mutex object. 名前サーバアクセス用Mutexの生成に失敗しました。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。
Failed in acquiring the port number of the asynchronous message. サービスのポートに、IIOPリスナ(アライブチェック)用ポートが設定されていません。 /etc/services に”webotx-mess”という名前のサービスを追加してください。
Cannot load ObjectManagerComponent. WebOTXのライブラリのロードに失敗しました。 WebOTXのインストール情報が壊れている可能性があります。可能なら再インストールしてください。
Can't get mutex object for VISConnector. VISコネクタ制御用のMutexオブジェクトの生成ができませんでした。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。UNIX系OSの場合、共有メモリが破壊された恐れがあります。マシン再起動が必要かもしれません。
Get classpath failed. wo_jars.cnfからCLASSPATHの生成に失敗しました。 WebOTXあるいはObject Brokerその他のコンポーネントのインストール情報が壊れている可能性があります。可能なら再インストールしてください。
set PATH failed. PATH環境変数の設定に失敗しました。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。UNIX系OSの場合、共有メモリが破壊された恐れがあります。マシン再起動が必要かもしれません。
load library error. (jvm.dll) : errno=XX,msg=XX JavaVMのロードに失敗しました。 JDKまたはJREのインストール情報が壊れている可能性があります。JDKまたはJREを再インストールしてください。
find function error. (JNI_CreateJavaVM) : errno=XX, msg=XX JavaVMの初期化関数を見つけられませんでした。 JavaVMのDLLが壊れています。
Can't alloc main object. Javaオブジェクトの生成に失敗しました。 WOTXMAIN.jarが壊れているか改ざんされている恐れがあります。またはメモリが不足している可能性があります。OS再起動してください。それでも解決しない場合は、可能ならWebOTXを再インストールしてください。
Can't create server object. サーバオブジェクトの生成ができませんでした。 サーバオブジェクトのコンストラクタ内で例外が発生する要因が無いか調べてください。
CORBANameServer.bind() failed. 名前サーバへのオブジェクトのバインドに失敗しました。 名前サーバが正しく稼動しているか、orbmanag.exe(Object Brokerのツール)で確認してください。
Catch OMWatchComException. オブジェクトのバインド時・アンバインド時に、Watchサーバが停止している可能性があります。 Watchサーバプロセスの存在確認と、Watchサーバのログを確認してください。
Catch OMWatchServerException. オブジェクトのバインド時・アンバインド時に、Watchサーバ内部で例外しました。 Watchサーバプロセスの存在確認と、Watchサーバのログを確認してください。
OTXSCur.TransactionService.init() is error. WebOTX Transactionサービスの初期化に失敗しました。 WebOTX Transactionサービスのログを確認して対処してください。
APProlog abnormally done. アプリケーションの初期化に失敗しました。 上記エラーが出た場合に出力されます。この前のエラーメッセージを見て対処してください。
Thread does not have initialized(ret=XX). スレッドの初期化に失敗しました。 上記エラーが出た場合に出力されます。この前のエラーメッセージを見て対処してください。
AbortExit(exitkey=XX, endkey=XX). 例外が発生しました(開始) 例外が発生したので、後処理を開始しました。
AbortExit(exitkey=XX, endkey=XX)(finished). 例外が発生しました(終了) 例外の後処理が完了しました。
Disconnecting terminal(XXXXXX). クライアントとのセションが切れました(開始) CreateServerObject()を呼び出した後、ReleaseServerObject()を呼び出す前にクライアントアプリケーションが終了したと思われます。クライアントアプリケーション側でReleaseServerObjectを呼ばずに終了する箇所があれば、通常のクライアントアプリケーション終了時にも出力される可能性があります。また、このメッセージは対象とするクライアントアプリケーションが使用しているはアプリケーショングループ内の全プロセスに通知されます。
Disconnecting terminal(XXXXXX)(finished). クライアントとのセションが切れました(開始) クライアントとのセッションが切れた処理が完了しました。
The following TX execution is unfinished このエラーメッセージに記述されたオペレーションの実行途中にプロセスが終了しました。 イベントログ(syslog)を確認し、原因を判別してください。該当オペレーションに問題がないか確認してください。

8.3.3.3. トレースの読み方(C++)

サーバアプリケーションログは以下のような形式になっています。

表8.3.3.3-1
ログレベル メッセージ
ログレベル1〜3 yyyy/mm/dd HH:MM:SS.sss|TTT: Error: メッセージ
ログレベル4〜7 yyyy/mm/dd HH:MM:SS.sss|TTT: メッセージ

yyyy 西暦 mmdd

HH 時(00〜23) MM 分(00〜59) SS 秒(00〜59) sss ミリ秒

xxxxxxxx:エラーID(無い場合もあります) TTT:論理スレッド番号 メッセージ:メッセージ本文

WebOTXのサーバアプリケーションが出力するログの中にErrorが出力される場合は何か異常が起きています。主に初期化時にエラーが出ることが多いため、ここでは初期化時に発生するエラー一覧を載せますが、他のエラーが出ている場合は開発元に連絡してください。

表8.3.3.3-2
エラーメッセージ 原因 対処
Can't get catalog directory. 環境変数 TPM_CAT_DIR の取得に失敗しました。 メモリが不足している可能性があります。OS再起動してください。それでも解決しない場合は、可能ならWebOTXを再インストールしてください。
Can't get application server name. 環境変数TPM_AP_CLASSの取得に失敗しました。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。
Can't get TP_HOME. 環境変数 TP_HOME の取得に失敗しました。 WebOTXのインストール情報が壊れている可能性があります。可能なら再インストールしてください。
WG2 file is invalid. コンポーネント定義ファイル(WG2ファイル)が不正です。 コンポーネント定義ファイル(WG2ファイル)が壊れている可能性があります。可能ならドメインのリストアをしてください。リストアについては[ 高度な管理と運用サイクルガイド > 1. バックアップ/リストア ]」を参照してください。
Can't read wc2 file. コンポーネント定義ファイル(Wc2)の読み込みに失敗しました。 コンポーネント定義ファイル(Wc2ファイル)が壊れている可能性があります。可能なら対象のコンポーネントの再配備してください。
Cannot initialize Winsock. WinSockの初期化に失敗しました。 WSock32.dllのバージョン(1.1以上が利用可能か)を確認してください。
Can't access naming mutex object. 名前サーバアクセス用Mutexの生成に失敗 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。
Failed in acquiring the port number of the asynchronous message. サービスのポートに、IIOPリスナ(アライブチェック)用ポートが設定されていません。 /etc/services にwebotx-messという名前のサービスを追加してください。
Cannot load ObjectManagerComponent. WebOTXのライブラリのロードに失敗しました。 WebOTXのインストール情報が壊れている可能性があります。可能なら再インストールしてください。
Cannot load dll = XX. サーバコンポーネントのロードに失敗しました。 サーバコンポーネントが不正か、コンポーネントが正常に登録できていません。また、サーバコンポーネントと、それがリンクしているライブラリとの間に不整合がある場合も考えられます。サーバコンポーネント、使用している共有コンポーネントを再登録してみてください。それでも解決しない場合は、コンポーネントをリビルドして再登録してください。
exception: CreateRegidentObject() 常駐オブジェクトの生成に失敗しました。 常駐オブジェクトのコンストラクタ内で例外が発生する要因が無いか調べてください。メモリ不足の可能性もあります。
Cannot Find Component Init Function XX. コンポーネント初期化関数が見つかりません。 設定されているコンポーネント初期化関数の名前を確認してください。
WOServantCallback is not set . WOServantCallbackがsetされていません。 コンポーネント初期化関数から、WebOTX::WOComponent::add()を使用してコンポーネント内の全インターフェースの情報を登録するようにコンポーネントを再作成してください。
Can't get function address for create object. サーバオブジェクト生成関数が見つかりません。 IDLコンパイルからやり直してください。xxx_Entry.C(.cpp)を含めているか確認してください。
Can't create object. サーバオブジェクトの生成ができませんでした。 サーバオブジェクトのコンストラクタ内で例外が発生する要因が無いか調べてください。メモリ不足の可能性もあります。
Fail binding. error=XX 名前サーバへのオブジェクトのバインドに失敗しました。 名前サーバが正しく稼動しているか、orbmanag.exe(Object Brokerのツール)で確認してください。
Fail unbinding. error=XX 名前サーバへのオブジェクトのアンバインドに失敗しました。 名前サーバが正しく稼動しているか、orbmanag.exe(Object Brokerのツール)で確認してください。
Catch OMWatchComException. オブジェクトのバインド時・アンバインド時に、Watchサーバが停止している可能性があります。 Watchサーバプロセスの存在確認と、Watchサーバのログを確認してください。
Catch OMWatchServerException. オブジェクトのバインド時・アンバインド時に、Watchサーバ内部で例外しました。 Watchサーバプロセスの存在確認と、Watchサーバのログを確認してください。
Can't set property header(process shared memory is exception). 共有プロパティのプロパティアクセスにて共有メモリにアクセスできませんでした。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。UNIX系OSの場合、共有メモリが破壊された恐れがあります。マシン再起動が必要かもしれません。
Can't get property header(process shared memory is exception). 共有プロパティのプロパティアクセスにて共有メモリにアクセスできませんでした。 メモリ不足の可能性があります。マシンのメモリ使用量を確認してください。UNIX系OSの場合、共有メモリが破壊された恐れがあります。マシン再起動が必要かもしれません。
WebOTX TransactionService is not installed. WebOTX Transactionサービスがインストールされてないようです。 PATH環境変数を確認してください。可能ならWebOTX Transactionサービスを再インストールしてください。
TransactionService::init() is FALSE. WebOTX Transactionサービスの初期化に失敗しました。 WebOTX Transactionサービスのログを確認して対処してください。
Unable to tx_register(). WebOTX Transactionサービスのデータベース名の設定が失敗しました。 WebOTX Transactionサービスのログを確認して対処してください。
APProlog abnormally done. アプリケーションの初期化に失敗しました。 上記エラーが出た場合に出力されます。この前のエラーメッセージを見て対処してください。
Thread does not have initialized(ret=XX). スレッドの初期化に失敗しました。 上記エラーが出た場合に出力されます。この前のエラーメッセージを見て対処してください。
AbortExit(exitkey=XX,endkey=XX)(finished). 例外が発生しました(終了) 例外の後処理が完了しました。
Disconnecting terminal(XXXXXX). クライアントアプリケーションとのソケットコネクションが切れました CreateServerObject()を呼び出した後、ReleaseServerObject()を呼び出す前にクライアントアプリケーションが終了したと思われます。クライアントアプリケーション側でReleaseServerObjectを呼ばずに終了する箇所があれば、通常のクライアントアプリケーション終了時にも出力される可能性があります。また、このメッセージは対象とするクライアントアプリケーションが使用しているはアプリケーショングループ内の全プロセスに通知されます。
Disconnecting terminal(XXXXXX)(finished). クライアントアプリケーションとのソケットコネクションが切れました(終了) クライアントアプリケーションとのソケットコネクション切断時の後処理が完了しました。
The following TX execution is unfinished. このエラーメッセージに記述されたオペレーションの実行途中にプロセスが終了しました。 イベントログ(syslog)を確認し、原因を判別してください。該当オペレーションに問題がないか確認してください。

8.3.3.4. サーバアプリケーション内部トレースの採取方法

サーバアプリケーショントレース(Java)および サーバアプリケーショントレース(C++)では主にオブジェクト管理部分のトレースを出力します。

これより低レベルの情報(スレッド管理、メッセージ管理、プロセス監視など)を表示する方法があります。かなりの量のトレースを出力するため、プロセスが起動しないときや、明らかに動作がおかしいとき、開発元に調査依頼を行う時などのみ採取すべきです。

以下にサーバアプリケーション内部トレースの採取方法を示します。

この設定により、内部ログの初めの部分が/tmp/servertrc.txtに出力され、続きがサーバアプリケーショントレースに出力されます。ファイルに情報が出力されていることを確認し、開発元に送付してください。

ファイルの採取が終わりましたら、環境定義ファイルを元に戻してください。コマンドライン引数の-OltpTplibTraceも削除してください。

8.3.3.5. IIOPリスナ内部トレースの採取方法

IIOPリスナは普段はクライアントからの要求を適切なサーバアプリケーションに振り分ける処理を行います。もし、クライアントからの通信が行えなかったり、サーバアプリケーションに正しく要求が届かなかったりする場合は、IIOPリスナのトレースを採取して開発元に送付してください。

この設定は大量のトレースを出力し、性能に影響を及ぼすため、通常時は採取しないようにしてください。

IIOPリスナは二つのトレースファイルから構成されます。一つは通信管理部分で、もう一つは振り分け部分になります。

通信管理部分のトレース

以下のコマンドでログを出力することができます。

otxadmin > set tpsystem.IIOPListener.collectIiopManagementLog=true

このログは開発環境での障害発生時に採取を依頼する場合があります。通常の運用ではユーザは意識する必要はありません。

振り分け部分のトレース

以下のコマンドでログを出力することができます。

otxadmin > set tpsystem.IIOPListener.collectIiopControlLog=true

このログは障害発生時に採取を依頼する場合があります。通常の運用ではユーザは意識する必要はありません。
ログファイルのサイズが32KBを超えると新しいログファイルが作成されます。古いログファイルは<ログファイル名.bak>として保存されます。ログは2世代で、世代数の変更はできません。

以上の設定を行い、該当するTPシステムを再起動してください。上記ファイルにファイルに情報が出力されていることを確認し、開発元に送付してください。

ファイルの採取が完了した後は、上記の変更を全て元に戻してください。

8.3.3.6. AJPリスナ内部トレースの採取方法

AJPリスナは普段はWebサーバからの要求を適切なサーバアプリケーションに振り分ける処理を行います。もし、Webサーバからの通信が行えなかったり、サーバアプリケーションに正しく要求が届かなかったりする場合は、AJPリスナのトレースを採取して開発元に送付してください。

この設定は大量のトレースを出力し、性能に影響を及ぼすため、通常時は採取しないようにしてください。

AJPリスナは二つのトレースファイルから構成されます。一つは通信管理部分で、もう一つは振り分け部分になります。

通信管理部分のトレース

以下のコマンドでログを出力することができます。

otxadmin > set tpsystem.AJPListener.collectAjpManagementLog=true

このログは開発環境での障害発生時に採取を依頼する場合があります。通常の運用ではユーザは意識する必要はありません。

振り分け部分のトレース

以下のコマンドでログを出力することができます。

otxadmin > set tpsystem.AJPListener.collectAjpControlLog=true

このログは障害発生時に採取を依頼する場合があります。通常の運用ではユーザは意識する必要はありません。
ログファイルのサイズが32KBを超えると新しいログファイルが作成されます。古いログファイルは<ログファイル名.bak>として保存されます。ログは2世代で、世代数の変更はできません。

以上の設定を行い、該当するTPシステムを再起動してください。上記ファイルにファイルに情報が出力されていることを確認し、開発元に送付してください。

ファイルの採取が完了した後は、上記の変更を全て元に戻してください。

8.3.4. 業務アプリケーションがLog4Jを利用する場合の注意点

WebOTX上で動作するJavaアプリケーションにおいて、Log4Jを利用する場合の注意点について説明します。

8.3.4.1. アドバンスドモードで業務アプリケーションのログ出力を行う場合

Standard、Enterpriseをアドバンスドモードで動作させる場合のWebアプリケーションのログ出力の手順について説明します。
アドバンスドモードで実行する場合、WebAPはプロセスグループ上で動作します。プロセスグループは、多重度を設定することができるため、ファイルにログ出力を行う場合、複数のプロセスが同じファイルに書き込みを行い、メッセージの欠損やローテート失敗によるメッセージの全損等の問題が発生する可能性があります。そのため、以下のいずれかの手順で問題を回避する必要があります。

Webアプリケーションのログをプロセスグループのログに出力する場合

アプリケーションのログをプロセスグループのログに出力するには、標準出力を利用します。プロセスグループ上で標準出力を行うと、プロセスグループのログファイルに出力されます。ログファイルは以下に出力されます。
${INSTANCE_ROOT}/logs/tpsystem/${APGNAME}/${PGNAME}/${PGNAME}.${PID}.log

Webアプリケーションのログを個別のファイルに出力する場合

Webアプリケーションのログを個別のファイルに出力する場合、出力するログファイル名に、Webアプリケーションが動作するプロセスのプロセスIDを付与することで、多重度を設定した場合でもプロセス単位にログを出力することができます。

(注意) ログ定義ファイルについて
プロセスグループ上でWebAPを動作させる場合、Webアプリケーションが利用するログ定義ファイルを、同一プロセスグループ上に配備されたアプリケーションごとに分けて利用することはできません。プロセスグループで同一のLog4J定義ファイルを使用してください。

8.3.4.2. Log4Jで利用できるJavaシステムプロパティ

Standard、Enterpriseを利用している場合は、次のJavaシステムプロパティが利用できます。

これらのJavaシステムプロパティをLog4Jのプロパティに指定することにより、プロセスIDの取得等が可能になります。

表8.3.4.2-1
出力情報 Javaシステムプロパティ名
ホスト名 com.nec.webotx.hostName (*1)
ドメイン名 domain.name
System名 jp.co.nec.WebOTX.SystemName
アプリケーショングループ名 jp.co.nec.WebOTX.APGroupName
プロセスグループ名 jp.co.nec.WebOTX.ProcessGroupName
プロセスID jp.co.nec.WebOTX.ProcessID
トレースID jp.co.nec.WebOTX.TraceID

(注意) 上記のJavaシステムプロパティに指定する値は変更できません。変更した場合の動作は保証できません。

(*1) 本プロパティはプロセスグループ作成時にCORBAシステムを選択された場合、そのプロセスグループ上では使用できません。

8.3.5. ログの設定方法

エージェントプロセス内で動作するコンポーネントはコンポーネント単位にログレベルを設定することが可能です。ログレベルの変更はエージェントが起動中でも反映することができます。これらの設定は、統合運用管理ツールから変更が可能です。

タブ毎に以下のコンポーネント毎のログレベル設定が可能です。

Agent
表8.3.5-1
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Admin Adminモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
JMX Remote Operation JMX Remote Operationモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Apache Commons Apache Commonsモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
JNDI Service JNDI Serviceモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Security Securityモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Server Core Server Coreモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

Web
表8.3.5-2
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Access Log Access Logモジュールのログレベルを設定します。 CONFIG
Catalina Catalinaモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Http Listener Http Listenerモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
JSP JSPモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Web Container Web Containerモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Web Server Web Serverモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

EJB
表8.3.5-3
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
EJB Container EJB Containerモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

Deployment
表8.3.5-4
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Deployment Deploymentモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

JDBC
表8.3.5-5
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
JDBC DataSource JDBC DataSourceモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
JDBC Driver JDBC Driverモジュールのログレベルを設定します。 WARN

Transaction Service
表8.3.5-6
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Transactionサービス Transactionサービスモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
JTA JTAモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

JMS
表8.3.5-7
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
JMS Client JMS Clientモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

CORBA
表8.3.5-8
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Object Broker Object Brokerモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Object Broker Java Library Object Broker Java Libraryモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG
Object Broker Java Message Object Broker Java Messageモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

WebService
表8.3.5-9
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Web Service Web Serviceモジュールのログレベルを設定します。 CONFIG

HA
表8.3.5-10
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Admin assistant Admin assistantモジュールのログレベルを設定します。 CONFIG
Access for domain groups ドメイングループに対するAccessログレベルを設定します。 CONFIG
Distributed Deployment 分散配備モジュールのログレベルを設定します。 CONFIG
Downloader Manager Service ダウンローダ管理サービスモジュールのログレベルを設定します。 CONFIG
Event for domain groups ドメイングループに対するEventログレベルを設定します。 CONFIG
TP Monitor Manager TP Monitor Managerモジュールのログレベルを設定します。 CONFIG
Working Domain Coordinator Working Domain Coordinatorモジュールのログレベルを指定します。 CONFIG

JPA
表8.3.5-11
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
JPA JPAモジュールのログレベルを設定します。 CONFIG

DataGrid
表8.3.5-12
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
Webotx Cache Implementation WebOTXにおけるデータグリッド実装のログレベルを設定します。 CONFIG
Coherence Oracle Coherenceのログレベルを設定します。 CONFIG
Infinispan Infinispanのログレベルを設定します。 CONFIG

ESB
表8.3.5-2
コンポーネント名 コンポーネント ログレベル(既定値)
ESB 共通 共通のログレベルを指定します。 CONFIG
ESB CBRエンジン CBRエンジンのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB CORBAバインディング CORBAバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB FTPバインディング FTPバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB Fileバインディング Fileバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB HL7バインディング HL7バインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB HTTPバインディング HTTPバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB JCAバインディング JCAバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB JDBCバインディング JDBCバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB JMSバインディング JMSバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB RMIバインディング RMIバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB SAPバインディング SAPバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB SOAPバインディング SOAPバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB TCP/IPバインディング TCP/IPバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB Transportバインディング Transportバインディングのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB Sequencingエンジン Sequencingエンジンのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB UserProcessorエンジン UserProcessorエンジンのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB XSLTエンジン XSLTエンジンのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB システムサービス システムサービスのログレベルを指定します。 CONFIG
ESB NMR NMRのログレベルを指定します。 CONFIG

Portal
表8.3.5-13

コンポーネント名

説明

ログレベル(既定値)

アクセス制御 ポータルサイトやページ、ポートレットへのアクセス制御機能のログレベルを指定します。 CONFIG
UI ポータル画面表示機能のログレベルを指定します。 CONFIG
ポートレット基盤 ポートレット制御機能のログレベルを指定します。 CONFIG
認証 認証機能のログレベルを指定します。 CONFIG
認証連携 認証連携機能のログレベルを指定します。 CONFIG
運用管理/運用ツール ポータルサービス運用管理機能のログレベルを指定します。 CONFIG
基本ポートレット ビルトインポートレットのログレベルを指定します。 CONFIG
多言語対応 ポータルサービスの多言語対応機能のログレベルを指定します。 CONFIG
ストレージ ポータル関連情報を格納するためのストレージ管理機能のログレベルを指定します。 CONFIG
開発環境(ポータル開発ツール) 開発環境(ポートレット開発ツール)のログレベルを指定します。 CONFIG
アクセスログ ポータル利用者がアクセスした情報を出力するログのレベルを指定します。 INFO
トレースログ 利用者がアクセスした情報についてさらに詳細な内容を出力するログのレベルを指定します(ON/OFFのどちらかが指定可能)。
トレースログは、本ログレベルが ONの場合に出力されます。
OFF
エラーログ エラーログのログレベルを指定します。 CONFIG
利用統計ログ 利用統計ログのログレベルを指定します。 CONFIG
共通サービスログ 共通サービスログのログレベルを指定します。 CONFIG
メニューポートレットログ メニューポートレットログのログレベルを指定します。 CONFIG
セキュリティログ ログインポートレットのセキュリティログのログレベルを指定します。 CONFIG
ログレベルの変更

なお、ログレベルに設定する値を以下に示します。

表8.3.5-14

threshold値

説明

OFF 全ての出力を行いません
ERROR ERRORレベル以上のメッセージを出力します。(V7以前ではSEVERE)
WARN WARNレベル以上のメッセージを出力します。(V7以前ではWARNING)
INFO INFOレベル以上のメッセージを出力します。
CONFIG CONFIGレベル以上のメッセージを出力します。
DEBUG DEBUGレベル以上のメッセージを出力します。(V7以前ではFINE)
DETAIL DETAILレベル以上のメッセージを出力します。(V7以前ではFINER)
TRACE TRACEレベル以上のメッセージを出力します。(V7以前ではFINEST)
JavaEEプロセスグループのログレベルの一括変更

Standard/Enterpriseエディションをご利用の場合、Java EE プロセスグループのログレベルをアプリケーショングループ単位で一括変更することができます。設定方法は以下のとおりです。

ログファイルの最大サイズの変更

設定の変更を反映するためには、ドメインの再起動が必要になります。

属性名と運用管理ツール表示、ファイル名の対応は以下の表になります。

表8.3.5-15
属性名 運用管理ツール表記 ファイル名 デフォルトサイズ(既定値)
AccessLogMaxFileSize Access Log server_access.log 10MB
AccessMaxFileSize Access for domain groups admin_access.log 1MB
AdminMaxFileSize Admin webotx_admin.log 100KB
AgentAccessLogMaxFileSize Agent Access Log agent_operation.log 100KB
AgentMaxFileSize Agent webotx_agent.log 1MB
CatalinaMaxFileSize Catalina webotx_catalina.log 100KB
DataGridMaxFileSize Data Grid webotx_datagrid.log 100KB
DDeploymentMaxFileSize Distributed Deployment ddeployment.log 100KB
DeploymentMaxFileSize Deployment webotx_deploy.log 100KB
EJBContainerMaxFileSize EJB webotx_ejbcont.log 100KB
EventMaxFileSize Event for domain groups admin_event.log 1MB
JDBCDataSourceMaxFileSize JDBC Data Source webotx_jdbc.log 512KB
JMSMaxFileSize JMS webotx_jms.log 512KB
JNDIServiceMaxFileSize JNDI Service webotx_jndisp.log 100KB
JpaMaxFileSize JPA webotx_jpa.log 100KB
JTAMaxFileSize JTA webotx_jta.log 512KB
ObjectBrokerJavaMaxFileSize Object Broker Java objava.log 1MB
ObjectBrokerMaxFileSize Object Broker webotx_ospi.log 100KB
TPMonitorManagerMaxFileSize TP Monitor Manager webotx_tpmmgr.log 100KB
TransactionServiceMaxFileSize Transaction Service webotx_ts.log 100KB
WebContainerMaxFileSize Web Container webotx_webcont.log 100KB
WebServerMaxFileSize WebServer webotx_websv.log 100KB
WebServiceMaxFileSize WebService webservice.log 100KB
WorkingDomainCoordinatorMaxFileSize Working Domain Coordinator wowdc.log 100KB
PortalCommonFrameworkLogMaxFileSize Portal Common Framework Log portal_common_framework.log 1MB
PortalBuiltinPortletLogMaxFileSize Portal Builtin Portlet portal_builtin_portlet.log 1MB
PortalAccessLogMaxFileSize Portal Access Log portal_access.log 10MB
PortalTraceLogMaxFileSize Portal Trace Log portal_tracelog.log 1MB
PortalCommonServiceLogMaxFileSize Portal Common Service Log portal_common_service.log 1MB
ログの世代数の変更

設定の変更を反映するためには、ドメインの再起動が必要になります。

属性名と運用管理ツール表示、ファイル名の対応は以下の表になります。

表8.3.5-16
属性名 運用管理ツール表記 ファイル名 デフォルトの世代数(既定値)
AccessLogMaxBackupIndex Access Log server_access.log 3
AccessMaxBackupIndex Access for domain groups admin_access.log 3
AdminMaxBackupIndex Admin webotx_admin.log 1
AgentAccessLogMaxBackupIndex Agent Access Log agent_operation.log 1
AgentMaxBackupIndex Agent webotx_agent.log 2
CatalinaMaxBackupIndex Catalina webotx_catalina.log 1
DataGridMaxBackupIndex Data Grid webotx_datagrid.log 1
DDeploymentMaxBackupIndex Distributed Deployment ddeployment.log 1
DeploymentMaxBackupIndex Deployment webotx_deploy.log 1
EJBContainerMaxBackupIndex EJB webotx_ejbcont.log 1
EventMaxBackupIndex Event for domain groups admin_event.log 1
JDBCDataSourceMaxBackupIndex JDBC Data Source webotx_jdbc.log 1
JMSMaxBackupIndex JMS webotx_jms.log 1
JNDIServiceMaxBackupIndex JNDI Service webotx_jndisp.log 1
JpaMaxBackupIndex JPA webotx_jpa.log 1
JTAMaxBackupIndex JTA webotx_jta.log 1
ObjectBrokerJavaMaxBackupIndex Object Broker Java objava.log 1
ObjectBrokerMaxBackupIndex Object Broker webotx_ospi.log 1
TPMonitorManagerMaxBackupIndex TP Monitor Manager webotx_tpmmgr.log 1
TransactionServiceMaxBackupIndex Transaction Service webotx_ts.log 1
WebContainerMaxBackupIndex Web Container webotx_webcont.log 1
WebServerMaxBackupIndex WebServer webotx_websv.log 1
WebServiceMaxBackupIndex WebService webservice.log 1
WorkingDomainCoordinatorMaxBackupIndex Working Domain Coordinator wowdc.log 1
PortalCommonFrameworkLogMaxBackupIndex Portal Common Framework Log portal_common_framework.log 3
PortalBuiltinPortletLogMaxBackupIndex Portal Builtin Portlet portal_builtin_portlet.log 3
PortalAccessLogMaxBackupIndex Portal Access Log portal_access.log 100
PortalTraceLogMaxBackupIndex Portal Trace Log portal_tracelog.log 3
PortalCommonServiceLogMaxBackupIndex Portal Common Service Log portal_common_service.log 3
ロガー名称

WebOTXがデフォルトで設定しているロガーの名称について説明します。コンポーネント別に独自のファイルアペンダを用意しています。

表8.3.5-17
コンポーネント名 ロガー名 使用するアペンダ
apacheプロジェクト org.apache.tomcat
org.apache.coyote
org.apache.jasper
FILELOG
commons org.apache.commons ADMINFILELOG
Catalina org.apache.catalina CATALINAFILELOG
共通 com.nec.webotx EVENTLOG/SYSLOG
FILELOG
NOTIFICATIONLOG
javax javax FILELOG
tomcat tomcat CATALINAFILELOG
エージェントプロセス com.nec.webotx.enterprise.system.util
com.nec.webotx.enterprise.system.tools.admin
com.nec.webotx.enterprise.system.core
com.nec.webotx.enterprise.admin
ADMINFILELOG
セキュリティ com.nec.webotx.enterprise.system.core.security ADMINFILELOG
EJBコンテナ com.nec.webotx.enterprise.system.container.ejb EJBCONTAINERFILELOG
Webコンテナ com.nec.webotx.enterprise.system.container.web WEBCONTAINERFILELOG
配備 com.nec.webotx.enterprise.system.tools.deployment DEPLOYFILELOG
Object Broker Java
ライブラリ
com.nec.webotx.objectbrokerjava
com.nec.webotx.objectbrokerjava.lib
com.nec.webotx.objectbrokerjava.msg
OSPIJLIBFILELOG
Object Broker com.nec.webotx.enterprise.system.objectbroker OSPIFILELOG
Transactionサービス com.nec.webotx.enterprise.system.transactionservice TSFILELOG
JNDIサービス com.nec.webotx.enterprise.system.jndisp JNDISPFILELOG
HTTPサービス com.nec.webotx.enterprise.system.webserver WEBSVFILELOG
JDBCデータソース com.nec.webotx.jdbc
com.nec.webotx.jdbcdriverlog
WOJDBCFILELOG
JTA com.nec.webotx.jta WOJTAFILELOG
内部Webサーバ server ACCESSFILELOGSERVER
Webサービス org.apache.axis org.apache.ws com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.ws
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.rpc
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.jaxrs
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.saaj
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.registry
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.wss
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.wsit
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.wsrm
WSFILELOG
JMS com.nec.webotx.jms WOJMSFILELOG
TPモニタマネージャ com.nec.webotx.enterprise.system.TPMonitorManager TPMMGRFILELOG
ダウンローダ管理サービス com.nec.webotx.enterprise.system.downloaderManagerService TPMMGRFILELOG
運用アシスタント com.nec.webotx.enterprise.system.WOAdminAssistant TPMMGRFILELOG
運用操作 com.nec.webotx.enterprise.system.remote_access JMXREMOTEACCESSLOG
Working Domain Coordinator com.nec.webotx.enterprise.system.wdc WDCFILELOG
Web版運用管理コンソール com.nec.webotx.ajaxconsole.adminConsoleOperationsLogger ADMINCONSOLEOPERATIONSLOG
分散管理サーバ com.nec.webotx.enterprise.system.domaingroup.access DOMAINGROUPACCESSLOG
分散管理サーバ com.nec.webotx.enterprise.system.domaingroup.event DOMAINGROUPEVENTLOG
分散管理サーバ com.nec.webotx.enterprise.system.ddeployment DDEPLOYMENTFILELOG
JPA com.nec.webotx.enterprise.system.persistence.jpa JPAFILELOG
DataGrid com.nec.webotx.enterprise.system.datagrid
com.nec.webotx.enterprise.system.datagrid.coherence
org.infinispan
DATAGRIDFILELOG
Portal com.nec.webotx.portal.security.authorization
com.nec.webotx.portal.login
com.nec.webotx.portal.engine.servlet
com.nec.webotx.portal.security.authentication
com.nec.webotx.portal.foundation
com.nec.webotx.portal.localization
com.nec.webotx.portal.management
com.nec.webotx.portal.storage
com.nec.webotx.portal.ui
com.nec.webotx.developer.portal.tools
PORTALCOMMONFRAMEWORKLOG
Portal(共通サービス) com.nec.webotx.portal.common PORTALCOMMONSERVICELOG
Portal(ポートレットログ) com.nec.webotx.portal.portlet PORTALBUILTINPORTLETLOG
Portal(アクセスログ) accesslog PORTALACCESSLOG
Portal(トレースログ) tracelog PORTALTRACELOG
アペンダ

WebOTXがデフォルトで設定しているアペンダについて説明します。

CONSLOG

コンソールに出力するためのアペンダです。通常は使用しません。

表8.3.5-18

パラメータ

既定値 説明
appender class com.nec.webotx.org.apache.log4j.ConsoleAppender アペンダのクラス名
layout class com.nec.webotx.org.apache.log4j.PatternLayout パターンレイアウトクラス
ConversionPattern "%d %-8p %-8X{module} - %m [%t]%n" レイアウトパターン

(※) レイアウトパターンの%X{module}はWebOTX内部コンポーネントのモジュール名に置換されます。

EVENTLOG(Windows環境のみ有効)

イベントログに出力するためのアペンダです。EVENTLOGアペンダに付いてはSLOGINFOレベル以上のメッセージしか出力されません。

表8.3.5-19
パラメータ 既定値 説明
appender class com.nec.webotx.logging.OTXNTEventLogAppender アペンダのクラス名
Source WebOTX AS イベントログソース名
layout class com.nec.webotx.org.apache.log4j.PatternLayout パターンレイアウトクラス
ConversionPattern "%m [%X{domain}]" レイアウトパターン

(※) レイアウトパターンの%X{module}はWebOTX内部コンポーネントのモジュール名に、%X{domain}はドメイン名に置換されます。

SYSLOG(UNIX系OS環境のみ有効)

syslogに出力するためのアペンダです。SYSLOGアペンダに付いてはSLOGINFOレベル以上のメッセージしか出力されません。
なおアペンダSYSLOGはネットワークを経由してsyslogに出力しているため、Linux環境においてはsyslog出力を有効にするためにはsyslogdに’-r’オプションをつけてください。’-r’オプションがないと出力されません。出力先はデフォルトでlocalhostです。変更するにはSyslogHostを変更してください。

表8.3.5-20
パラメータ 既定値 説明
appender class com.nec.webotx.logging.OTXSyslogAppender アペンダのクラス名
SyslogHost localhost ホスト名
Facility user ファシリティ
layout class com.nec.webotx.org.apache.log4j.PatternLayout パターンレイアウトクラス
ConversionPattern "%m (%X{module}) [%X{domain}]" レイアウトパターン

(※) レイアウトパターンの%X{module}はWebOTX内部コンポーネントのモジュール名に、%X{domain}はドメイン名に置換されます。

NOTIFICATIONLOG

重要ログメッセージをJMX Notificationとして通知を行なうためのアペンダです。この通知は統合運用管理ツールのイベントビューに表示されます。SYSLOGアペンダに付いてはSLOGINFOレベル以上のメッセージしか出力されません。

表8.3.5-21
パラメータ 既定値 説明
appender class com.nec.webotx.logging.OTXNotificationLogAppender アペンダのクラス名
layout class com.nec.webotx.org.apache.log4j.PatternLayout パターンレイアウトクラス
ConversionPattern "%m (%c)" レイアウトパターン
XXXXFILELOG

ログファイルに出力するためのアペンダです。

表8.3.5-22
パラメータ 既定値 説明
appender class com.nec.webotx.org.apache.log4j.RollingFileAppender アペンダのクラス名
threshold WARN 出力レベル
以下のアペンダ
UDDIFILELOG
BPLOG
INFO 出力レベル
以下のアペンダ
STRUTSFILELOG
PROCESSENGINELOG
File ${com.nec.webotx.instanceRoot}/logs/xxxx/webotx_yyyy.log 出力ファイル名
MaxFileSize 1MB (webotx_agent.log, objava.log) ファイルサイズ上限
512KB (webotx_jdbc.log, webotx_jms.log, webotx_jta.log)
100KB (上記以外)
MaxBackupIndex 2 (webotx_agent.log) ログファイルをバックアップする数
1 (上記以外)
layout class com.nec.webotx.org.apache.log4j.PatternLayout パターンレイアウトクラス
ConversionPattern "%d %-8p %-8X{module} - %m [%t]%n" レイアウトパターン

(※) レイアウトパターンの%X{module}はWebOTX内部コンポーネントのモジュール名に置換されます。

JMXREMOTEACCESSLOG

リモートアクセスログを出力するためのアペンダです。この通知は${INSTANCE_ROOT}/logs/にagent_operation.logとして出力されます。

表8.3.5-23
パラメータ 既定値 説明
appender class com.nec.webotx.org.apache.log4j.RollingFileAppender アペンダのクラス名
File ${com.nec.webotx.instanceRoot}/logs/agent_operation.log 出力ファイル名
MaxFileSize 100KB ファイルサイズ上限
MaxBackupIndex 1 ログファイルをバックアップする数
layout class com.nec.webotx.org.apache.log4j.PatternLayout パターンレイアウトクラス
ConversionPattern "%d %-8p %-8X{module} - %m [%t]%n" レイアウトパターン

(※) レイアウトパターンの%X{module}はWebOTX内部コンポーネントのモジュール名に置換されます。

各アペンダに対応するファイル名一覧
表8.3.5-24
アペンダ ファイル名 ロガー名
FILELOG webotx_agent.log org.apache.tomcat
org.apache.coyote
org.apache.jasper
org.apache.naming
com.nec.webotx
javax
ADMINFILELOG webotx_admin.log com.nec.webotx.enterprise.admin
com.nec.webotx.enterprise.system.core
com.nec.webotx.enterprise.system.core.security
com.nec.webotx.enterprise.system.tools.admin
com.nec.webotx.enterprise.system.util
org.apache.commons
CATALINAFILELOG webotx_catalina.log org.apache.catalina
tomcat
EJBCONTAINERFILELOG webotx_ejbcont.log com.nec.webotx.enterprise.system.container.ejb
WEBCONTAINERFILELOG webotx_webcont.log com.nec.webotx.enterprise.system.container.web
DEPLOYFILELOG webotx_deploy.log com.nec.webotx.enterprise.system.tools.deployment
OSPIFILELOG webotx_ospi.log com.nec.webotx.enterprise.system.objectbroker
OSPIJLIBFILELOG ObjectBroker/objava.log com.nec.objectbrokerjava
com.nec.objectbrokerjava.lib
com.nec.objectbrokerjava.msg
TSFILELOG webotx_ts.log com.nec.webotx.enterprise.system.transactionservice
JNDISPFILELOG webotx_jndisp.log com.nec.webotx.enterprise.system.jndisp
WEBSVFILELOG webotx_websv.log com.nec.webotx.enterprise.system.webserver
ACCESSFILELOGSERVER server_access.log server
__otxadmin
WSFILELOG webservice.log com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.jaxrs
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.registry
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.rpc
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.saaj
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.ws
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.wsit
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.wsrm
com.nec.webotx.enterprise.system.webservices.wss
com.nec.webotx.enterprise.webservices
org.apache.axis
org.apache.ws
org.apache.ws.security
WOJDBCFILELOG webotx_jdbc.log com.nec.webotx.jdbc
com.nec.webotx.jdbcdriverlog
WOJTAFILELOG webotx_jta.log com.nec.webotx.jta
com.nec.wojta.jts
TPMMGRFILELOG webotx_tpmmgr.log com.nec.webotx.enterprise.system.TPMonitorManager
com.nec.webotx.enterprise.system.WOAdminAssistant
com.nec.webotx.enterprise.system.downloaderManagerService
WOJMSFILELOG webotx_jms.log com.nec.webotx.jms
JMXREMOTEACCESSLOG agent_operation.log com.nec.webotx.enterprise.system.remote_access
ADMINCONSOLEOPERATIONSLOG adminconsole_operations.log com.nec.webotx.ajaxconsole.adminConsoleOperationsLogger
WDCFILELOG wowdc.log com.nec.webotx.enterprise.system.wdc
DOMAINGROUPACCESSLOG admin_access.log com.nec.webotx.enterprise.system.domaingroup.access
DOMAINGROUPEVENTLOG admin_event.log com.nec.webotx.enterprise.system.domaingroup.event
DDEPLOYMENTFILELOG ddeployment.log com.nec.webotx.enterprise.system.ddeployment
JPAFILELOG webotx_jpa.log com.nec.webotx.enterprise.system.persistence.jpa
DATAGRIDFILELOG webotx_datagrid.log com.nec.webotx.enterprise.system.datagrid
com.nec.webotx.enterprise.system.datagrid.coherence
org.infinispan
PORTALCOMMONFRAMEWORKLOG portal_common_framework.log com.nec.webotx.portal.security.authorization
com.nec.webotx.portal.login
com.nec.webotx.portal.engine.servlet
com.nec.webotx.portal.security.authentication
com.nec.webotx.portal.foundation
com.nec.webotx.portal.localization
com.nec.webotx.portal.management
com.nec.webotx.portal.storage
com.nec.webotx.portal.ui
com.nec.webotx.developer.portal.tools
PORTALCOMMONSERVICELOG portal_common_service.log com.nec.webotx.portal.common
PORTALBUILTINPORTLETLOG portal_builtin_portlet.log com.nec.webotx.portal.portlet
PORTALACCESSLOG portal_access.log accesslog
PORTALTRACELOG portal_trace.log tracelog
ログレベル

各アペンダにて出力レベルを変更することが可能ですが設定できるログレベルについて説明します。

thresholdの設定には次のレベルを指定することができ、イベントログ、syslogとのマッピングも次のとおりです。なおイベントログ、syslogにはSLOGINFO以上の情報しか出力しませんのでthresholdにはSLOGINFO以上を指定するようにしてください。

表8.3.5-25
log4otxログレベル
(値)
イベントログとのマッピング syslogとのマッピング 説明
ERROR
(40000)
エラー ERR(3) システムを継続運用するのに支障をきたす障害
WARN
(30000)
警告 WARNING(4) システムを継続運用することはできるレベルの障害
SLOGINFO(*)
(25000)
情報 INFO(6) サービスの起動・停止などイベントログとして表示すべき運用状況を示す情報
INFO
(20000)
-- -- その他一般的な情報メッセージ
CONFIG
(10000)
-- -- 構成の追加や変更などコンフィグレーションに関するメッセージ
DEBUG
(10000)
-- -- デバックレベルのメッセージ
DETAIL(*)
(8000)
-- -- より詳細なデバックレベルメッセージ(WebOTXオリジナルのレベル)
TRACE
(5000)
-- -- より詳細なデバックレベルメッセージ

補足:(*)の付いたレベルはWebOTX独自のレベルです。

Log4Jについては ”com.nec.webotx.logging.OTXLogLevel” クラスで拡張

8.3.6. 運用操作履歴ログ

運用操作履歴ログでは、ユーザ接続情報ログと操作詳細ログの2つをagent_operation.logに出力します。
以下にログレベルごとの出力内容の概要、各々の説明とログフォーマットを記します。

ログレベル別出力内容
表8.3.6-1
ログレベル 出力内容
OFF ログを出力しません。
INFO login、logout情報を出力します。
CONFIG 運用管理ツール、運用管理コマンドから実行された操作情報を出力します。ただし、getコマンドでは出力されません。
DEBUG getコマンドの操作情報を出力します。
DETAIL 運用操作実行時に入力される情報の一部を出力します。
TRACE 運用操作実行時に入力される情報すべてを出力します。
ユーザ接続情報ログ (ログレベルINFO)

ユーザからの接続要求に対する結果を表示します。
ユーザ接続情報ログは以下のフォーマットで出力されます。

<アクセス時刻><ログレベル><モジュール名><ユーザ名:グループ名><ホスト名><操作名><実行完了結果><スレッド情報>

例:

2014-01-10 14:12:25,695 INFO     JMXREMOTE - admin:otxadmin 127.0.0.1 login SUCCESS [RMI TCP Connection(1823)-127.0.0.1]
表8.3.6-2
項目名 説明
アクセス時刻 接続を受け付けた時間。
モジュール名 操作を実行したモジュール名。この項目は常に JMXREMOTE になる。
ユーザ名:グループ名 接続要求を発行したユーザ名とそのユーザが所属するグループ名。
ホスト名 接続要求を発行したホスト名。
管理対象 管理対象オブジェクト名。ユーザ接続情報ログでは-(ハイフン)。
操作名 発行された操作名。ユーザ接続情報ログではloginまたはlogoutまたはConnection rese。運用管理コマンドからの運用操作においてログレベルをFINEに設定していた場合logout処理を行わずにexitまたは運用管理コンソールを終了すると、Connection resetが表示されます。また、運用管理コマンドからのシングルモードでのコマンド実行の際も操作詳細ログの後にConnection resetが表示されます。いずれの場合もコネクションが正式にlogout処理を行われずに切断されるために起こるものですが、運用管理上問題はありません。
実行完了結果 実行結果。ユーザ接続情報ログではSUCCESSまたはFAILED。操作名がConnection resetの場合には表示されません。
操作ログ (ログレベルCONFIG)

ユーザが発行した操作の詳細を表示します。操作詳細ログでは1つの操作に対し開始時と完了時にログを出力します。
操作詳細ログは以下のフォーマットで出力されます。

<アクセス時刻><ログレベル><モジュール名><管理対象名(Type:名前)><操作名:操作対象><実行完了結果><スレッド情報>

例: 運用管理ツールからモジュールログレベルの admin のログレベルを変更した場合

2014-01-10 14:43:32,226 CONFIG   JMXREMOTE -  [module-log-levels:-] set : admin START [RMI TCP Connection(1922)-127.0.0.1]
2014-01-10 14:43:32,344 CONFIG   JMXREMOTE -  [module-log-levels:-] set : admin DONE 118 msec. [RMI TCP Connection(1922)-127.0.0.1]
表8.3.6-3
項目名 説明
アクセス時刻 操作を受け付けた時間。
モジュール名 操作を実行したモジュール名。この項目は常に JMXREMOTE になる。
管理対象 管理対象オブジェクト名。
操作名 発行された操作名。
実行完了結果 実行完了結果。操作詳細ログでは START または DONE または FAILED。

実行完了結果項目に関して、以下に詳細を記します。

表8.3.6-4
表示 説明
START 処理が開始されたことを示します。
DONE 処理が終了したことを示します。この結果は操作がエラーなく処理されたかを示すものではなく、処理の完了を示すものです。開始時のログは出力されているが、完了時のログは出力されていない場合、その操作はまだ処理が完了していないことを意味します。
FAILED 処理が異常終了したことを示します。実行完了結果項目は処理の完了を示すものですが、多くの操作の場合、エラーによる処理の完了時には FAILED を表示し、処理が異常終了したことを伝えます。
getコマンド実行時のログ (ログレベルDEBUG)

出力されるログの形式はCONFIGレベルのものと同じになります。

運用操作実行時に入力される情報 (ログレベルDETAIL,TRACE)

運用操作実行時に入力される引数の内容を出力します。

出力されるログのフォーマットは以下になります。

<アクセス時刻><ログレベル><モジュール名><引数><スレッド情報>

引数が複数ある場合は、[・・・][・・・]のように大括弧で区切られて表示されます。

例:create-jdbc-datasourceコマンドを実行した場合

2014-01-10 15:33:47,239 DETAIL   JMXREMOTE - [{DEFAULT=jdbc/DB1, useJTA=true, report-type=hk2-agent, jdbcPassword=f8c2dc3eada47982, jdbcMajorVersion=3, <<COMMAND>>=create-jdbc-datasource, dataSourceName=jdbc:derby://localhost/MyDB, maxPoolSize=96, minPoolSize=32, dataSourceType=JDBC, jdbcUserName=scott}] [RMI TCP Connection(2083)-127.0.0.1]

8.3.7. IIS連携時のログローテーション

IIS とWebコンテナを連携している場合に出力するログファイルのローテーション方法について説明します。

設定ファイル

8.3.8. ログメッセージの保持およびダンプ機能

WebOTX内部コンポーネントが出力するログメッセージおよび標準出力・標準エラー出力に出力されるログメッセージについて、ログレベルに関わらずメモリ内に一定量保持したログメッセージを、 ログレベルを基準とした出力条件との合致または運用管理ツールから操作を契機に、ログファイルにダンプする機能の操作方法について説明します。

ログメッセージの保持機能

[運用管理コマンドから行う場合]

[統合運用管理ツールから行う場合]

ダンプ機能

[運用管理コマンドから行う場合]

[統合運用管理ツールから行う場合]

8.3.9. syslogのバージョン番号出力設定

WebOTXがsyslogに出力するログには、メッセージの出力元を特定するための情報が各ログの末尾に出力されます。この情報はインストール直後の既定の設定では、ドメイン名のみが表示されます。 例えば、domain1を起動した場合には以下の様なログがsyslogに出力されます。

[コマンド実行]

otxadmin > start-domain domain1

[syslogの出力]

Mar 21 03:12:01 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX01205158: アプリケーションサーバ [domain1:server] を起動します。 [domain1]
Mar 21 03:12:06 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX02050031: Starting Web Container. [domain1]
Mar 21 03:12:09 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX02050032: Started Web Container. [domain1]
Mar 21 03:12:11 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX06020002: Namesv の起動が正常終了しました [domain1]
Mar 21 03:12:11 localhost ObjectSpinner[2339]: Information: NameService start.
...

また、複数バージョンをインストールする環境向けにsyslogの末尾に出力する情報にドメイン名だけでなく、バージョン番号情報を追加することも可能です

syslogの末尾に出力する情報にはドメイン名だけでなく、情報のバージョン番号を追加することも可能です。この設定はWebOTXを複数バージョンインストールしている場合に有用です。 設定手順を以下に示します。

  1. 動作している全てのドメインを停止します
    otxadmin> stop-domain domain_name
  2. 設定ファイル ${INSTALL_ROOT}/config/productunit.properties をエディタで開き、oslog.id_enabled の値を true に変更します。

    編集前

    oslog.id_enabled=false
    oslog.id=V9.4

    編集後

    oslog.id_enabled=true
    oslog.id=V9.4
    Caution
    • productunit.propertiesファイルにはASCII文字のみ使用可能です
    • oslog.id属性に設定した値がバージョン番号としてsyslogに出力されます。ただしoslog.id属性の文字列が32バイトを超える場合、33バイト目以降は出力されません。
    • productunit.propertiesファイルについて以下のエラーがある場合は、syslogにバージョン番号を出力しません。
      • productunit.propertiesファイルが存在しない
      • productunit.propertiesファイルの読み込み時に例外が発生した
      • oslog.id_enabledの値がtrueもしくはfalseではない
  3. 停止していたドメインを起動します
    otxadmin> start-domain domain_name

この設定を行うことによりsyslogの出力にドメイン名と共に製品バージョンが出力されるようになります。

[コマンド実行]

otxadmin > start-domain domain1

[syslogの出力]

Mar 21 03:26:34 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX01205158: アプリケーションサーバ [domain1:server] を起動します。 [V9.4-domain1]
Mar 21 03:26:40 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX02050031: Starting Web Container. [V9.4-domain1]
Mar 21 03:26:42 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX02050032: Started Web Container. [V9.4-domain1]
Mar 21 03:26:44 localhost ObjectSpinner[3584]: Information: NameService start.
Mar 21 03:26:44 localhost WebOTX_AS_Agent: OTX06020002: Namesv の起動が正常終了しました [V9.4-domain1]
...

また、TPモニタサービス や CORBAアプリケーション からのsyslog出力は次のようになります。

[oslog.id_enabled=falseの場合]

Mar 21 03:12:11 localhost OTXM:: I:1:TPS15-02040 tpmonitor start. [2342]
...
Mar 21 03:14:00 localhost OTXM:OTX07900001[2345]: 利用者が定義する文字列
...

[oslog.id_enabled=trueの場合]

Mar 21 03:26:45 localhost OTXM:: I:1:TPS15-02040 tpmonitor start. [3628] [V9.4]
...
Mar 21 03:28:00 localhost OTXM:OTX07900001[3658]: 利用者が定義する文字列 [V9.4]
...