2. RecoveryServerのセットアップ

本章ではRecoveryServerのインストール、アンインストール方法について説明し、インストールされるツールやサービスについて説明します。


 
2.1. RecoveryServerのインストール

インストールコマンドによるインストール方法はプラットフォームにより異なります。次にプラットフォームごとに説明します。

 
2.1.1. HP-UX

RecoveryServerには、以下のパッケージが必要です。

HP-UX版では、swinstallを使用してインストールします。 手順は以下のとおりです。

  1. ログイン名 root でログインしてください。

    login: root

  2. マシンのCD-ROMドライブに WebOTX CD-ROM(DVD、もしくは、CD二枚目)を挿入してください。CD-ROMドライブをマウントします。

    root> cd /
    root> mount -F cdfs -r /dev/dsk/c1t2d0 /SD_CDROM

    上記のmountコマンドで指定したスペシャルファイル名はCD-ROMドライブの SCSI IDによって異なります。マシンの設定にあわせて指定してください。

  3. "swinstall"コマンドによりインストールを行います。

    root> swinstall -s /SD_CDROM/OBJBRO/HP_UX/OSPICMPT
    root> swinstall -s /SD_CDROM/OTXTS/HP_UX/OTXTSSCMPT
    root> swinstall -s /SD_CDROM/OTXTS/HP_UX/OTXTSRS

  4. インストールの開始
    ActionメニューのInstallを選択することでインストールが開始されます。確認ウィンドウが表示されたら「OK」を選択してください。 

  5. インストールのためのチェックが自動的に行われます。状態が完了になったら「Done」を選択してください。これでインストールは完了です。

  6. SD Install - Software SelectionウインドウのFileメニューのExitを選択し終了します。


  7. CD-ROMをアンマウントします。

    root> umount /SD_CDROM

インストール完了後に以下を行ってください。


 
2.1.2. Solaris

RecoveryServerにはWebOTX Transaction Service実行環境とWebOTX Transaction Service旧バージョン互換ライブラリが必須です。WebOTX Transaction Service実行環境とWebOTX Transaction Service旧バージョン互換ライブラリがインストールされていることを確認してからRecoveryServerのインストールを実行してください。
Solaris版では、pkgaddを使用してインストールします。 手順は以下のとおりです。

  1. ログイン名 root でログインしてください。

    login: root

  2. マシンのCD-ROMドライブにWebOTX CD-ROM #1を挿入してください。CD-ROMドライブをマウントします。voldを用いている場合はCD-ROMが自動的にマウントされます。自動的にマウントされない場合には次のコマンドでマウントを行ってください。

    root> cd /
    root> mount -F cdfs -r /dev/dsk/c0t6d0s2 /cdrom

    上記のmountコマンドで指定したスペシャルファイル名はCD-ROMドライブの SCSI IDによって異なります。マシンの設定にあわせて指定してください。

  3. "pkgadd"コマンドによりインストールを行います。自動マウントが行われたのか、手動でマウントしたかによりディレクトリの指定が変わります。



  4. CD-ROMをアンマウントします。

インストール完了後に以下を行ってください。

 
2.1.3. Windows

WindowsではWebOTX Standard、もしくはEnterpriseインストール時に同時にインストールするか、後からコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」より変更を選択することによりインストールすることができます。
どちらの場合においても、以下のようなカスタムセットアップ画面が開きますので、[Transaction Service]配下の[Transaction Service Recovery Server]をインストールするように変更してください。

WebOTX 6.2 カスタムセットアップ画面


インストール完了後、「名前サービスへの構成情報プログラムのリファレンス登録」を行う必要があります。インストール後に展開される(WebOTXインストールディレクトリ)/TS/bin配下の"otssetref"コマンドを使用して設定してください。


 
2.2. RecoveryServerのアンインストール

インストールコマンドによるアンインストール方法はプラットフォームにより異なります。次にプラットフォームごとに説明します。

 
2.2.1. HP-UX

RecoveryServerをアンインストールする前に以下を行ってください。

  1. トランザクション有無の確認
    "otstx"コマンドを用いて全てのトランザクションが終了していることを確認してください。トランザクションが残っている場合は全て終了させてください。

  2. WebOTX Transaction Serviceの管理下で動作させているアプリケーションが動作している場合はすべて停止してください。

  3. WebOTX Transaction Serviceの停止
    以下のコマンドにより停止してください。

HP-UX版では、swremoveを使用してアンインストールします。 手順は以下のとおりです。

  1. ログイン名 root でログインしてください。

    login: root

  2. "swremove"コマンドによりアンインストールを行います。

    root> swremove OTXTSRS

    コマンドでプロダクトを指定した場合はこれでアンインストールは完了です。

    あるいは以下のようにswremoveを起動するとswremoveウィンドウが起動され、インストールされているプロダクトの一覧が表示されますのでアンインストールするプロダクト名を選択することでもアンインストールできます。(この場合、以下の手順を行う必要があります。)

    root> swremove 

  3. アンインストールの開始

    ActionメニューのMark For Removeを選択し、さらにActionメニューのRemoveを選択することでアンインストールが開始されます。
    WebOTX Transaction Service Recovery Server(OTXTSRS)をアンインストールしてください。

  4. 削除の終了を示すメッセージが表示されますので「OK」を選択してください。

  5. FileメニューのExitを選択し終了します。
以上でRecoveryServerのアンインストールは完了です。

 
2.2.2. Solaris

RecoveryServerをアンインストールする前に以下を行ってください。

  1. トランザクション有無の確認
    "otstx"コマンドを用いて全てのトランザクションが終了していることを確認してください。トランザクションが残っている場合は全て終了させてください。

  2. WebOTX Transaction Serviceの管理下で動作させているアプリケーションが動作している場合はすべて停止してください。

  3. WebOTX Transaction Serviceの停止
    以下のコマンドにより停止してください。

Solaris版では、pkgrmを使用してアンインストールします。 手順は以下のとおりです。

  1. ログイン名 root でログインしてください。

    login: root

  2. "pkgrm"コマンドによりアンインストールを行います。

    root> pkgrm OTXTSRS


以上でRecoveryServerのアンインストールは完了です。


 
2.2.3. Windows

RecoveryServerをアンインストールする前に以下を行ってください。

  1. トランザクション有無の確認
    "otstx"コマンドを用いて全てのトランザクションが終了していることを確認してください。トランザクションが残っている場合は全て終了させてください。

  2. WebOTX Transaction Serviceの管理下で動作させているアプリケーションが動作している場合はすべて停止してください。

  3. Administrator権限をもつユーザでログインし、次のサービスが起動していればサービスマネージャで停止を行います。

Windows版では、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」より削除を選択することによりアンインストールすることができます。


 

2.3. RecoveryServerを運用するためのツールとサービス

WebOTX Transaction Serviceでは、システムの管理や障害対応のために次のようなGUI、およびCUIツールを提供しています。また、実際にトランザクションの制御を行うため、次のようなプログラムを提供しています。本章では、それらの概要について説明します。


 
2.3.1. 運用管理ツール

WebOTX Transaction Serviceのような分散トランザクション処理を行うシステムでは、システムやデータベース、アプリケーションを障害なく効率的に導入し、運用することが必要です。
このためのツールとして、WebOTX Transaction Serviceの各種コンフィグレーションの設定、設定情報の確認、トランザクションの制御等を統合して行うことができる「運用管理ツール」「運用管理コマンド」を提供します。

運用管理ツールは、Windows上でのみ動作します。ただし運用管理ツールで管理可能なものはリカバリサーバを用いたもののみです。
運用管理コマンドはWindows版、UNIX版の両方で動作します。

詳細は[ 4.1 運用管理ツールとコマンドについて ]を参照してください。


 
2.3.2. トレースビューア

WebOTX Transaction Serviceでは、トランザクションの動作情報をトレースファイルに書き込みます。これによって何らかの障害が発生しても障害箇所を特定することができます。イベントログやsyslogに出ている情報で障害が判明できない場合はこの情報を参照することになりますが、参照するためのGUIツールとして、トレースビューアを提供しています。

詳細は[ トレースビューアについて ]を参照してください。またトレース情報は、trcviewコマンドでも見ることが可能です。


 
2.3.3. ジャーナルビューア

WebOTX Transaction Serviceでは、トランザクションの稼動状況を常に収集する機能を提供しています。実際にどのトランザクションがどこまで処理されているかがひと目で見てわかるようになっています。

その内容を参照するためのGUIツールとして、ジャーナルビューアを提供しています。

詳細は[ ジャーナルビューアについて ]を参照してください。またジャーナルの内容は、jnlviewコマンドでも見ることが可能です。


 
2.3.4 サービス

リカバリサーバは、Windows版では「WebOTX TS RecoveryServer」という名前で登録されたサービスプログラムとして、UNIX版ではrecoverysvという名前のデーモンとして動作します。