ジャーナルビューアについて

ジャーナルビューアを使いWebOTX Transaction Serviceシステムで記録されたトランザクション情報を参照することができます。また、現在、動作しているトランザクションの状況を表示することもできます。ここでは次のトピックスについて説明します。


 
ジャーナルビューアの起動と終了

ジャーナルビューアを起動するには、<WebOTX インストールディレクトリ>\TS\bin\Jnlview.exeを実行するか、または、WebOTX Transaction Serviceの運用管理ツールから起動します。
ジャーナルビューアが正常に起動されると初期画面として、 ジャーナル選択ダイアログが表示されます。
ジャーナル選択ダイアログで「一覧から選択する」を選択した場合は、画面に表示している一覧から1つを選び、「OK」ボタンを押します。
ジャーナル選択ダイアログで「ファイルを指定する」を選択した場合は、「OK」ボタンを押すとファイルを選択する画面が表示されるので、参照するジャーナルファイル(.jnl)を選択します。


 
ジャーナルビューアの画面

WebOTX Transaction Serviceのジャーナル情報を表示する画面です。

ジャーナルビューア画面


● メニューについて

メニューバーに表示される項目について次で説明します。

メニュー コマンド 説明
ファイル ジャーナルファイルを開く ジャーナル選択ダイアログを表示し、選択したジャーナルファイルを開きます。
ビューア表示モード ジャーナルの表示モードを一覧表示にします。一覧表示は、ジャーナルファイルに採取されたジャーナルレコードをすべて表示します。
コンソール表示モード ジャーナルの表示モードをコンソール表示にします。コンソール表示は、一定時間毎に自動更新され採取時刻が新しいジャーナルレコードを最大500件まで表示します。
アプリケーションの終了 ジャーナルビューアを終了します。
表示 ステータスバー ステータスバーの表示/非表示を切り替えます。
最新情報に更新 最新のジャーナル情報を表示します。ビューア表示モードのみ選択可能です。
検索 検索ダイアログを表示し、指定された条件のジャーナル情報を検索します。ビューア表示モードのみ選択可能です。
レコードの読込みの中止 指定されたジャーナルファイルに採取されたレコード件数が多い場合に、レコードの読込みを中止します。ビューア表示モードでかつ、ジャーナルファイルに採取されたレコード件数が多い場合のみ選択可能です。
ヘルプ トピックの検索 ジャーナルビューアのヘルプのトピック検索を行います。
バージョン情報 ジャーナルビューアのバージョンを表示します。


● リストビューについて

ジャーナルファイルに記録された情報を表示します。
リストビューに表示される情報は、次のとおりです。

情報 説明
日付時刻 ジャーナルを採取した日付と時刻です。
トランザクション識別 トランザクションを識別する値です。通常トランザクションの識別にはOTIDを使用します。このWebOTX Transaction Serviceシステム内部で独自に作成した値です。
AP名 任意の文字列を表示します。リカバリサーバではイベント事象を表示しています。
メッセージ 任意の文字列を表示します。採取されていない場合は、表示されません。リカバリサーバではOTIDを表示しています。


● ステータスバーについて

補助的な情報(メニューに対するガイド、表示レコード件数等)を表示します。ステータスバーは表示メニューにより表示/非表示が切り替えられます。

 

● ジャーナル選択ダイアログ

ジャーナル選択ダイアログ


ジャーナルファイルを選択するダイアログです。

項目 説明
ファイルを指定する 「ファイルを指定する」をチェックして「OK」ボタンを押すとファイルを選択する画面が表示されるので、 参照するジャーナルファイル(****000.jnl)を選択します。 選択したジャーナルファイルが表示されます。
注意****000.jnlファイル以外を選択した場合エラーになります。
一覧から選択する 「一覧から選択する」をチェックして画面に表示している一覧から1つを選び、「OK」ボタンを押すと、 一覧から選んだジャーナルファイルが表示されます。
一覧に表示されるのはシステムに登録されているジャーナルファイルのみです。


 

● 検索ダイアログ

検索ダイアログ


ジャーナル詳細情報を検索するダイアログです。

項目 説明
種別 「トランザクションジャーナル」か「ユーザジャーナル」か「すべて」を選択します。
検索方向 「上へ」か「下へ」を選択します。
トランザクション識別 トランザクションを識別する値です。 通常トランザクションの識別にはOTIDを使用します。 このWebOTX Transaction Serviceシステム内部で独自に作成した値です。
プロセスID ジャーナルを採取したプロセスのIDを指定します。
スレッドID ジャーナルを採取したスレッドのIDを指定します。
AP名/業務名 任意の文字列を指定します。
利用者データ 任意の文字列を指定します。採取されていない場合は、スキップされます。


 
ジャーナル詳細情報の参照

ジャーナル詳細情報は、次に示すような「ジャーナルの詳細ダイアログ」で参照できます。
ジャーナルの詳細ダイアログを表示するには、参照するレコードにカーソルを合わせダブルクリックで表示します。また、リターンキーを押すことで表示することもできます。

ジャーナルの詳細ダイアログ


項目 説明
種別 「トランザクションジャーナル」か「ユーザジャーナル」かを表示します。
日付時刻 ジャーナルを採取した日付と時刻です。
プロセスID ジャーナルを採取したプロセスのIDです。
スレッドID ジャーナルを採取したスレッドのIDです。
トランザクション識別 トランザクションを識別する値です。通常トランザクションの識別にはOTIDを使用します。このWebOTX Transaction Serviceシステム内部で独自に作成した値です。
業務名/AP名 任意の文字列を表示します。
利用者データ 任意の文字列を表示します。採取されていない場合は、表示されません。