運用管理コマンド

トランザクションシステムの運用を管理するために、WebOTX Transaction Serviceはコンソール上で動作する運用管理コマンドを提供します。運用管理コマンドにより、次の管理を行うことができます。ここでは次のトピックスについて説明します。

詳細な説明については、[ B. コマンドリファレンス ]を参照してください。


 
リカバリサーバの起動

運用管理コマンドを使用して、リカバリサーバを起動する場合、otsrsvコマンドにstartオプションを指定します。
自身のホスト上にリカバリサーバを起動する場合、次のように指定します。

  % otsrsv start


 
リカバリサーバの停止

運用管理コマンドを使用して、リカバリサーバを停止する場合、otsrsvコマンドにstopオプションを指定します。
自ホスト上で動作するリカバリサーバを実行中から停止する場合、次のように指定します。

  % otsrsv stop


 
リカバリサーバの一時停止

運用管理コマンドを使用して、リカバリサーバを一時停止する場合、otsrsvコマンドにpauseオプションを指定します。
自ホスト上で動作するリカバリサーバを実行中から一時停止する場合、次のように指定します。

  % otsrsv pause

 
リカバリサーバの再開

運用管理コマンドを使用して、リカバリサーバを再開する場合、otsrsvコマンドにcontinueオプションを指定します。
自ホスト上で動作するリカバリサーバを一時停止から再開する場合、次のように指定します。

  % otsrsv continue

 
リカバリサーバの状態表示

運用管理コマンドを使用して、リカバリサーバの状態を表示する場合、otsrsvコマンドにパラメータなしで指定します。
自ホスト上で動作するリカバリサーバの状態を表示する場合、次のように指定します。

  % otsrsv

 
構成情報変更通知

運用管理コマンドを使用して、構成情報の変更通知を行う場合、otsrsvcfgコマンドを使用します。


 
トランザクションの強制コミット

運用管理コマンドを使用して、トランザクションを強制コミットする場合、otstxコマンドにcommitオプションを指定します。
ホスト名computer1上のトランザクション識別transaction1を強制コミットする場合、次のように指定します。

  % otstx commit computer1 transaction1

 
トランザクションの強制ロールバック

運用管理コマンドを使用して、トランザクションを強制ロールバックする場合、otstxコマンドにrollbackオプションを指定します。
ホスト名computer1上のトランザクション識別transaction1を強制ロールバックする場合、次のように指定します。

  % otstx rollback computer1 transaction1

 
トランザクションの破棄

運用管理コマンドを使用して、トランザクションを破棄する場合、otstxコマンドにforgetオプションを指定します。
ホスト名computer1上のトランザクション識別transaction1を破棄する場合、次のように指定します。

  % otstx forget computer1 transaction1

 
トランザクションの強制削除

運用管理コマンドを使用して、トランザクションを強制削除する場合、otstxコマンドにdeleteオプションを指定します。
ホスト名computer1上のトランザクション識別transaction1を強制削除する場合、次のように指定します。

  % otstx delete computer1 transaction1

 
トランザクションの一覧表示

運用管理コマンドを使用して、トランザクションを一覧表示する場合、otstxコマンドにlistオプションを指定します。
ホスト名computer1上のトランザクションを一覧表示する場合、次のように指定します。

  % otstx list computer1 -l

 
データベースの状態表示

運用管理コマンドを使用して、データベースの状態を表示する場合、otsdbコマンドにviewオプションを指定します。
ホスト名computer1上のデータベース識別名databese1の状態を表示する場合、次のように指定します。

  % otsdb view computer1 databese1

 
データベースの停止

運用管理コマンドを使用して、データベースを停止する場合、otsdbコマンドにstopオプションを指定します。
ホスト名computer1上のデータベース識別名databese1を停止する場合、次のように指定します。

  % otsdb stop computer1 databese1

 
データベースの強制停止

運用管理コマンドを使用して、データベースを強制停止する場合、otsdbコマンドにforcestopオプションを指定します。
ホスト名computer1上のデータベース識別名databese1を強制停止する場合、次のように指定します。

  % otsdb forcestop computer1 databese1

 
データベースの再開

運用管理コマンドを使用して、データベースを再開する場合、otsdbコマンドにcontinueオプションを指定します。
ホスト名computer1上のデータベース識別名databese1を再開する場合、次のように指定します。

  % otsdb continue computer1 databese1

 
データベースの一覧表示

運用管理コマンドを使用して、データベースを一覧表示する場合、otsdbコマンドにlistオプションを指定します。
ホスト名computer1上のデータベースを一覧表示する場合、次のように指定します。

  % otsdb list computer1 -l

 
トレースの構成情報変更

運用管理コマンドを使用して、トレース構成情報の変更を行う場合、otstrcコマンドを指定します。
このコマンドは自ホストに対してのみ有効で、ネットワーク上のホストのトレース構成情報を変更することはできません。 リカバリサーバ構成情報のトレースレベルをレベル4(詳細情報まで採取)に変更する場合、次のように指定します。

  % otstrc rs -l 4

 
ジャーナルの構成情報変更

運用管理コマンドを使用して、ジャーナル構成情報の変更を行う場合、otsjrnlコマンドを指定します。
このコマンドは自ホストに対してのみ有効で、ネットワーク上のホストのトレース構成情報を変更することはできません。 ジャーナル構成情報のファイルサイズを1024KBに変更する場合、次のように指定します。

  % otsjrnl -s 1024

 
トレースビューアの起動

運用管理コマンドを使用して、トレースビューアを起動する場合、trcviewコマンドを指定します。
トレースファイルfile1を参照する場合、次のように指定します。

  % trcview file1

 
ジャーナルビューアの起動

運用管理コマンドを使用して、ジャーナルビューアを起動する場合、jnlviewコマンドを指定します。
ジャーナルファイルfile1を参照する場合、次のように指定します。

  % jnlview file1