概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebOTXSingletonSessionBeanHome -  インタフェース
定義:
ObjectName
{0}:j2eeType=WebOTXSingletonSessionBeanHome,name={6},WebOTXSingletonSessionBean={5},{4}={3},WebOTXJ2EEApplication={2},server={1},category=runtime
CLIName
applications.j2ee-applications.{2}.{3}.{5}.{6}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
urlList (登録するURL)
JNDIサーバとCosNamingサーバへ名前を登録する際のURLを指定します。URLはcorbaname形式と似ていますが、'#'で名前シーケンス名を指定することができません。以下のように指定してください。 corbaname://:
bindType (オブジェクトリファレンスのポリシ)
名前サーバへオブジェクトリファレンスを登録するポリシを設定します。(既定値:永続的に扱う)
roundRobinFunction (オブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行う)
同一のサーバアプリケーションが登録されたTPシステム間で名前サーバを使ってオブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行うかどうかを設定します。有効にした場合、ObjectBrokerの設定でも名前サーバのラウンドロビン機能を設定する必要があります。(既定値:ラウンドロビンを行わない)
multiServerID (マルチサーバのサーバグループ名)
このアプリケーションを使用するマルチサーバのサーバグループを選択します。名前サーバへリファレンスの登録時に、選択したサーバグループ内で定義されている全てのサーバ情報が登録されます。マルチサーバを使用しない場合は「使用しない」を選択してください。
mode (種別)
インタフェースの種別です。
connectCtrlPolicy (コネクション制御ポリシ)
Object Brokerにおけるオペレーション呼び出し毎のコネクション制御ポリシを設定します。ロードバランサ使用時には、このポリシを変えることにより、サーバ側のどの単位で負荷分散を行うかを指定できます。(既定値:ホスト単位)
eventProvider (イベント処理の可否)
チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

操作の概要
bindIor (名前サーバへ登録)
指定した登録名でオブジェクトリファレンスを生成し、名前サーバに登録します。
unbindIor (名前サーバから削除)
名前サーバに登録したオブジェクトリファレンスを削除します。


属性の詳細
urlList (登録するURL)

JNDIサーバとCosNamingサーバへ名前を登録する際のURLを指定します。URLはcorbaname形式と似ていますが、'#'で名前シーケンス名を指定することができません。以下のように指定してください。 corbaname://:

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

bindType (オブジェクトリファレンスのポリシ)

名前サーバへオブジェクトリファレンスを登録するポリシを設定します。(既定値:永続的に扱う)

詳細:
永続的に扱うを選択した場合、名前サーバへのオブジェクトリファレンスの登録はアプリケーションプロセスの状態に関係なく行えます。このため、一時的に扱うを選択した場合に比べてアプリケーションプロセス起動時の名前サーバへのアクセス負荷を軽減することができます。
一時的に扱うを選択した場合、アプリケーションプロセスの起動時にオブジェクトリファレンスを名前サーバへ登録します。この設定は名前サーバのラウンドロビン機能を有効にしたときにも使用します。
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
一時的に扱う
永続的に扱う
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

roundRobinFunction (オブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行う)

同一のサーバアプリケーションが登録されたTPシステム間で名前サーバを使ってオブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行うかどうかを設定します。有効にした場合、ObjectBrokerの設定でも名前サーバのラウンドロビン機能を設定する必要があります。(既定値:ラウンドロビンを行わない)

詳細:
運用管理コマンド(otxadmin)では「ラウンドロビンを行う/行わない」をtrue/falseで設定します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

multiServerID (マルチサーバのサーバグループ名)

このアプリケーションを使用するマルチサーバのサーバグループを選択します。名前サーバへリファレンスの登録時に、選択したサーバグループ内で定義されている全てのサーバ情報が登録されます。マルチサーバを使用しない場合は「使用しない」を選択してください。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
  使用しない
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

mode (種別)

インタフェースの種別です。

型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
EJB HOME
値の範囲:
5
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connectCtrlPolicy (コネクション制御ポリシ)

Object Brokerにおけるオペレーション呼び出し毎のコネクション制御ポリシを設定します。ロードバランサ使用時には、このポリシを変えることにより、サーバ側のどの単位で負荷分散を行うかを指定できます。(既定値:ホスト単位)

詳細:
ホスト単位:同一ホストに対するコネクションを再利用する。コネクションが切断されるまでは同一のホストへ送信する。
オブジェクト単位:リファレンス単位にコネクションを再利用する。
コネクションを再利用しない:コネクションを再利用しない。オペレーション呼び出し毎にコネクションを接続する。
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
ホスト単位
オブジェクト単位
コネクションを再利用しない
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

eventProvider (イベント処理の可否)

チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
bindIor (名前サーバへ登録)

指定した登録名でオブジェクトリファレンスを生成し、名前サーバに登録します。

詳細:
エラー発生時、exitcodeが150〜249番である場合はwoiorgen, woiorbind, woiorunbindコマンドの返却値を参照してください。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
urlList - java.lang.String[]
名前サーバへ登録する登録名を設定します。インタフェースの属性で設定したURLを指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


unbindIor (名前サーバから削除)

名前サーバに登録したオブジェクトリファレンスを削除します。

詳細:
エラー発生時、exitcodeが150〜249番だった場合はwoiorgen, woiorbind, woiorunbindコマンドの返却値を参照してください。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
urlList - java.lang.String[]
名前サーバから削除する登録名を設定します。インタフェースの属性で設定したURLを指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1