概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebOTXObjectBrokerOadJService -  WebOTXObjectBrokerOadJService
定義:
ObjectName
{0}:j2eeType=WebOTXObjectBrokerOadJService,name={3},J2EEServer={1},category=runtime
CLIName
{1}.objectbrokerservice.oadj
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
Startup (OadJ を起動するかどうかの指定)
ドメイン起動時、Object Brokerサービススタート時にOadJ を起動するかどうかを指定します。(既定値:false)
Licensed (ライセンス情報を取得できるかどうかを表す値)
ライセンスの登録がおこなわれているかの値を表します。
Port (OadJのポート番号)
OadJのポート番号を指定します。(既定値:9826)
OadPort (Oadのポート番号)
oadのポート番号を指定します。(既定値:9825)
InitLog (OadJ 起動時のログ採取有無)
OadJ の起動に関するログをとるかどうかを指定します。(既定値:true)
LogFileSize (OadJ ログファイルサイズ)
OadJ のログファイルの上限値を指定します。(単位:キロバイト 既定値:100)
LogLevel (OadJのログレベル)
OadJ の運用時のログレベルを指定します。(既定値:ERROR - 通信エラーなど、エラーが起ったときに診断メッセージを出力します。)
JavaCommand (OadJが使用するJavaコマンド)
OadJ が使用するJava コマンドを設定します。
JavaOptions (OadJ 起動時Javaオプション)
OadJ 起動時に呼び出されるjava/jre 起動コマンドに渡す。コマンドライン オプションを指定します。(既定値:指定なし)
Classpath (OadJのクラスパス)
OadJ起動時のクラスパスを指定します。(既定値:指定なし)
AliveCheckSleepTime (OadJAliveCheckSleepTime)
OadJ により起動されたサーバプロセスの生存を確認する間隔を設定します。(単位:ミリ秒 既定値:30000)
ServerActivationTimeout (OadJServerActivationTimeout)
OadJ によるサーバプロセス自動起動時に起動完了通知を待つ時間を設定します。(単位:ミリ秒 既定値:30000)
state (状態)
状態を表示します。
monitorAutoStart (アライブチェックモニタの自動登録を行う)
アライブチェックモニタの自動登録を行う
monitorGranularityPeriod (監視間隔(ミリ秒単位))
監視間隔(ミリ秒単位)
monitorRunningWaitPeriod (イベントを連続発生させる間隔(ミリ秒単位))
監視対象リソースがアライブ中でない状態が続く場合にイベントを発生させる間隔(ミリ秒単位)。0の場合このイベントは発生しない

操作の概要
start (OadJサービスの起動)
OadJサービスを起動します。
stop (OadJサービスの停止)
OadJサービスを停止します。
list (インプリメンテーションの一覧)
サーバのインプリメンテーション一覧を表示します。
register (インプリメンテーションの登録)
サーバのインプリメンテーションを登録します。
remove (インプリメンテーションの削除)
サーバのインプリメンテーションを削除します。


属性の詳細
Startup (OadJ を起動するかどうかの指定)

ドメイン起動時、Object Brokerサービススタート時にOadJ を起動するかどうかを指定します。(既定値:false)

詳細:
ドメイン起動時および ObjectBroker MO からのサービススタート時にOadJ を起動するかどうかを指定します。OadJ MO からのOadJ 起動時は、この値に関係なく、OadJ を起動します。(既定値:false)
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

Licensed (ライセンス情報を取得できるかどうかを表す値)

ライセンスの登録がおこなわれているかの値を表します。

詳細:
インストール時にライセンスが登録されたかどうかを表します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

Port (OadJのポート番号)

OadJのポート番号を指定します。(既定値:9826)

詳細:
OadJ の使用するポート番号を指定します。(既定値:9826)
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

OadPort (Oadのポート番号)

oadのポート番号を指定します。(既定値:9825)

詳細:
Oad のポート番号を指定します。
Oad のポート番号の変更は、oad MO から行うことができます。(既定値:9825)
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

InitLog (OadJ 起動時のログ採取有無)

OadJ の起動に関するログをとるかどうかを指定します。(既定値:true)

詳細:
OadJ の起動に関するログをとるかどうかを指定します。ログは${INSTANCE_ROOT}/logs/webotx_ospi.log に出力されます。 ORB 起動時にoadj プロセスが起動されないような問題の解決に有効となります。(既定値:true)
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

LogFileSize (OadJ ログファイルサイズ)

OadJ のログファイルの上限値を指定します。(単位:キロバイト 既定値:100)

詳細:
OadJ のログファイルの上限値を指定します。
ログファイルのサイズがこの値を超えると、新しいログファイルが作成されます。古いログファイルは、<ログファイル名.bak>として保存されます。
この値は目安であり、ログファイルのサイズが設定値を上回る場合があります。(単位:キロバイト 既定値:100)
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

LogLevel (OadJのログレベル)

OadJ の運用時のログレベルを指定します。(既定値:ERROR - 通信エラーなど、エラーが起ったときに診断メッセージを出力します。)

詳細:
ログレベルを切り替えることにより、OadJ の運用時のログをとることができます。ログは${INSTANCE_ROOT}/logs/ObjectBroker/oadj.log に出力されます。ログレベルには以下のものがあります。
NO - 診断メッセージを出力しません。
ERROR - 通信エラーなど、エラーが起ったときに診断メッセージを出力します。
WARN - エラーではないが警告的な意味合いを持つ状況が起ったときに診断メッセージを出力します。
INFO - アプリケーションプログラムの動作情報を出力します。
DEBUG - 詳細な診断情報を出力します。自動起動サーバプロセスが起動されないような問題の解決に有効となります。(既定値:ERROR - 通信エラーなど、エラーが起ったときに診断メッセージを出力します。)
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
NO  NO
ERROR  ERROR(既定値)
WARN  WARN
INFO  INFO
DEBUG  DEBUG
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JavaCommand (OadJが使用するJavaコマンド)

OadJ が使用するJava コマンドを設定します。

詳細:
OadJ が使用するJava コマンドをフルパスで設定します。未指定時はSystem.getProperty(”java.home”)で取得したJDK のJava コマンドを使用します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JavaOptions (OadJ 起動時Javaオプション)

OadJ 起動時に呼び出されるjava/jre 起動コマンドに渡す。コマンドライン オプションを指定します。(既定値:指定なし)

詳細:
OadJ 起動時に呼び出されるjava/jre 起動コマンドに渡すコマンドライン オプションを指定します。複数のオプションが指定できます。通常は指定する必要はありませんが、何らかのjava/jre 実行時の問題を回避するような場合に有効となります。オプションについては、JDK/JRE のドキュメントを参考にしてください。未指定時は何も渡されません。
例)メモリ割り当てプールの初期サイズと最大サイズを指定する場合。
OadJJavaOptions=-Xms64m -Xmx128m(既定値:指定なし)
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

Classpath (OadJのクラスパス)

OadJ起動時のクラスパスを指定します。(既定値:指定なし)

詳細:
OadJ起動時のクラスパスを指定します。
場合の設定値は<”OadJのクラスパス”の既定値>
を参照してください。(既定値:指定なし)
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

AliveCheckSleepTime (OadJAliveCheckSleepTime)

OadJ により起動されたサーバプロセスの生存を確認する間隔を設定します。(単位:ミリ秒 既定値:30000)

詳細:
OadJ により起動されたサーバプロセスの生存を確認する間隔を設定します。(単位:ミリ秒 既定値:30000)
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

ServerActivationTimeout (OadJServerActivationTimeout)

OadJ によるサーバプロセス自動起動時に起動完了通知を待つ時間を設定します。(単位:ミリ秒 既定値:30000)

詳細:
OadJ によるサーバプロセス自動起動時に起動完了通知を待つ時間を設定します。(単位:ミリ秒 既定値:30000)
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

state (状態)

状態を表示します。

詳細:
状態を表示します。
状態が数値で示されている場合、その数値は次の意味を持ちます。
0:起動処理中
1:起動中
2:停止処理中
3:停止中
4:起動/停止処理失敗
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
起動処理中
起動中
停止処理中
停止
起動停止処理失敗
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

monitorAutoStart (アライブチェックモニタの自動登録を行う)

アライブチェックモニタの自動登録を行う

詳細:
アライブチェックモニタの自動登録を行います。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

monitorGranularityPeriod (監視間隔(ミリ秒単位))

監視間隔(ミリ秒単位)

詳細:
アライブチェックモニタの監視間隔(ミリ秒単位)
型:
java.lang.Long
最小値:
500
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

monitorRunningWaitPeriod (イベントを連続発生させる間隔(ミリ秒単位))

監視対象リソースがアライブ中でない状態が続く場合にイベントを発生させる間隔(ミリ秒単位)。0の場合このイベントは発生しない

詳細:
監視対象リソースがアライブ中でない状態が続く場合にイベントを発生させる間隔です(ミリ秒単位)。0の場合このイベントは発生しません。
型:
java.lang.Long
最小値:
0
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
start (OadJサービスの起動)

OadJサービスを起動します。

詳細:
OadJサービスを起動します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

stop (OadJサービスの停止)

OadJサービスを停止します。

詳細:
OadJサービスを停止します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

list (インプリメンテーションの一覧)

サーバのインプリメンテーション一覧を表示します。

詳細:
サーバのインプリメンテーション一覧を表示します。
戻り値:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

register (インプリメンテーションの登録)

サーバのインプリメンテーションを登録します。

詳細:
サーバのインプリメンテーション情報を登録します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
name - java.lang.String
登録するインプリメンテーション名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

command_line - java.lang.String
サーバを起動するときのコマンドラインの文字列を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

activation_policy - java.lang.String
サーバの活性化方針を指定します。
値の有効範囲:
SharedServer  SharedServer
UnsharedServer  UnsharedServer
PersistentServer  PersistentServer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


remove (インプリメンテーションの削除)

サーバのインプリメンテーションを削除します。

詳細:
サーバのインプリメンテーション情報を削除します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
name - java.lang.String
削除するインプリメンテーション名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1