概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebOTXCORBAObject -  インタフェース
定義:
ObjectName
{0}:j2eeType=WebOTXCORBAObject,name={4},WebOTXCORBAModule={3},WebOTXCORBAApplication={2},server={1},category=runtime
CLIName
applications.corba-applications.{2}.{3}.{4}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
operationCallMode (オペレーションコールのモード)
オブジェクトに登録されているオペレーションをステートフルで動作させるかステートレスで動作させるかを指定します。
threadModel (スレッディングモデル)
オブジェクトのスレッディングモデルを指定します。
ステートレスの場合は以下のApartment、Freeから指定します。ステートフルの場合はFreeで固定となります。
Apartment: オブジェクトをスレッド毎に生成
Free: オブジェクトとは独立して生成
priorGenerationCount (事前生成するオブジェクト数)
事前生成するオブジェクト数を指定します。
0を設定した場合、事前にオブジェクトは生成しません。
maxGenerationObject (生成可能な最大オブジェクト数)
生成可能な最大オブジェクト数を設定します。
urlType (名前サーバへ登録する)
名前サーバへの登録を行うかどうかを設定します。登録する場合、別途名前サーバへのIOR登録URL等の指定が可能になります。(既定値:登録する)
urlList (登録するURL)
名前サーバへオブジェクトリファレンスを登録する際のURLをcorbaname形式で1023文字以内で指定します。既定値はIDLファイルのモジュール名、インタフェース名から構築されたURLです。
bindType (オブジェクトリファレンスのポリシ)
名前サーバへオブジェクトリファレンスを登録するポリシを設定します。(既定値:永続的に扱う)
multiServerID (マルチサーバのサーバグループ名)
このアプリケーションを使用するマルチサーバのサーバグループを選択します。名前サーバへリファレンスの登録時に、選択したサーバグループ内で定義されている全てのサーバ情報が登録されます。マルチサーバを使用しない場合は「使用しない」を選択してください。
roundRobinFunction (オブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行う)
同一のサーバアプリケーションが登録されたTPシステム間で名前サーバを使ってオブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行うかどうかを設定します。有効にした場合、ObjectBrokerの設定でも名前サーバのラウンドロビン機能を設定する必要があります。(既定値:ラウンドロビンを行わない)
connectCtrlPolicy (コネクション制御ポリシ)
Object Brokerにおけるオペレーション呼び出し毎のコネクション制御ポリシを設定します。ロードバランサ使用時には、このポリシを変えることにより、サーバ側のどの単位で負荷分散を行うかを指定できます。ステートレスの場合に設定可能です。ステートフルでは設定できません。(既定値:ホスト単位)
eventProvider (イベント処理の可否)
チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

操作の概要
bindIor (名前サーバへ登録)
指定した登録名でオブジェクトリファレンスを生成し、名前サーバに登録します。
unbindIor (名前サーバから削除)
名前サーバに登録したオブジェクトリファレンスを削除します。


属性の詳細
operationCallMode (オペレーションコールのモード)

オブジェクトに登録されているオペレーションをステートフルで動作させるかステートレスで動作させるかを指定します。

型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
ステートレス
ステートフル
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

threadModel (スレッディングモデル)

オブジェクトのスレッディングモデルを指定します。
ステートレスの場合は以下のApartment、Freeから指定します。ステートフルの場合はFreeで固定となります。
Apartment: オブジェクトをスレッド毎に生成
Free: オブジェクトとは独立して生成

型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
Apartment
Free
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

priorGenerationCount (事前生成するオブジェクト数)

事前生成するオブジェクト数を指定します。
0を設定した場合、事前にオブジェクトは生成しません。

詳細:
ステートレスかつApartmentモデルの場合:プロセスグループのスレッド数が設定されます。変更する場合はプロセスグループのスレッド数から変更してください。
ステートレスかつFreeモデルの場合:プロセスグループのスレッド数が設定されます。アプリケーション単位で個別に設定することもできます。
ステートフルかつApartmentモデルの場合:オブジェクトを生成できないため設定できません。
ステートフルかつFreeモデルの場合:事前にオブジェクトを生成できないため設定できません。
型:
java.lang.Integer
最小値:
0
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

maxGenerationObject (生成可能な最大オブジェクト数)

生成可能な最大オブジェクト数を設定します。

詳細:
ステートフルの場合:1つの業務で一定数以上のオブジェクトを生成させたくない場合に、生成可能なオブジェクト数の上限を指定します。この上限を越えてオブジェクトを生成しようとすると、オブジェクト生成が失敗します。上限チェックを行わない場合は0を指定します。"事前生成するオブジェクト数"以上の値を指定してください。
ステートレスの場合:Freeスレッディングモデルのときは"事前生成するオブジェクト数"〜スレッド数の範囲で指定してください。
型:
java.lang.Integer
最小値:
0
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

urlType (名前サーバへ登録する)

名前サーバへの登録を行うかどうかを設定します。登録する場合、別途名前サーバへのIOR登録URL等の指定が可能になります。(既定値:登録する)

型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
登録しない
登録する
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

urlList (登録するURL)

名前サーバへオブジェクトリファレンスを登録する際のURLをcorbaname形式で1023文字以内で指定します。既定値はIDLファイルのモジュール名、インタフェース名から構築されたURLです。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

bindType (オブジェクトリファレンスのポリシ)

名前サーバへオブジェクトリファレンスを登録するポリシを設定します。(既定値:永続的に扱う)

詳細:
永続的に扱うを選択した場合、名前サーバへのオブジェクトリファレンスの登録はアプリケーションプロセスの状態に関係なく行えます。このため、一時的に扱うを選択した場合に比べてアプリケーションプロセス起動時の名前サーバへのアクセス負荷を軽減することができます。
一時的に扱うを選択した場合、アプリケーションプロセスの起動時にオブジェクトリファレンスを名前サーバへ登録します。この設定は名前サーバのラウンドロビン機能を有効にしたときにも使用します。
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
一時的に扱う
永続的に扱う
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

multiServerID (マルチサーバのサーバグループ名)

このアプリケーションを使用するマルチサーバのサーバグループを選択します。名前サーバへリファレンスの登録時に、選択したサーバグループ内で定義されている全てのサーバ情報が登録されます。マルチサーバを使用しない場合は「使用しない」を選択してください。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
  使用しない
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

roundRobinFunction (オブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行う)

同一のサーバアプリケーションが登録されたTPシステム間で名前サーバを使ってオブジェクトリファレンスのラウンドロビンを行うかどうかを設定します。有効にした場合、ObjectBrokerの設定でも名前サーバのラウンドロビン機能を設定する必要があります。(既定値:ラウンドロビンを行わない)

詳細:
運用管理コマンド(otxadmin)では「ラウンドロビンを行う/行わない」をtrue/falseで設定します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connectCtrlPolicy (コネクション制御ポリシ)

Object Brokerにおけるオペレーション呼び出し毎のコネクション制御ポリシを設定します。ロードバランサ使用時には、このポリシを変えることにより、サーバ側のどの単位で負荷分散を行うかを指定できます。ステートレスの場合に設定可能です。ステートフルでは設定できません。(既定値:ホスト単位)

詳細:
ホスト単位:同一ホストに対するコネクションを再利用する。コネクションが切断されるまでは同一のホストへ送信する。
オブジェクト単位:リファレンス単位にコネクションを再利用する。
コネクションを再利用しない:コネクションを再利用しない。オペレーション呼び出し毎にコネクションを接続する。
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
ホスト単位
オブジェクト単位
コネクションを再利用しない
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

eventProvider (イベント処理の可否)

チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
bindIor (名前サーバへ登録)

指定した登録名でオブジェクトリファレンスを生成し、名前サーバに登録します。

詳細:
エラー発生時、exitcodeが150〜249番である場合はwoiorgen, woiorbind, woiorunbindコマンドの返却値を参照してください。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
urlList - java.lang.String[]
名前サーバへ登録する登録名を設定します。インタフェースの属性で設定したURLを指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


unbindIor (名前サーバから削除)

名前サーバに登録したオブジェクトリファレンスを削除します。

詳細:
エラー発生時、exitcodeが150〜249番だった場合はwoiorgen, woiorbind, woiorunbindコマンドの返却値を参照してください。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
urlList - java.lang.String[]
名前サーバから削除する登録名を設定します。インタフェースの属性で設定したURLを指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1