概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebOTXCORBAJ2SEPermanentObjectList -  常駐オブジェクトを設定します。
定義:
ObjectName
{0}:name={7},j2eeType=WebOTXCORBAJ2SEPermanentObjectList,server=server,WebOTXSystem={2},WebOTXApplicationGroupList={3},WebOTXApplicationGroup={4},WebOTXProcessGroupList={5},WebOTXCORBAJ2SEProcessGroup={6},category=runtime
CLIName
{2}.{3}.{4}.{5}.{6}.{7}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
eventProvider (イベント処理の可否)
チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

操作の概要
createPluralPermanentObject (複数常駐オブジェクトの設定)
複数常駐オブジェクトを設定します。
deletePluralPermanentObject (常駐オブジェクトの削除)
常駐オブジェクトを削除します。
createSinglePermanentObject (単一常駐オブジェクトの設定)
単一常駐オブジェクトを設定します。単一常駐オブジェクトは複数常駐オブジェクトのリスト、クラスパスの最後に追加され、コールバック呼び出しの際に最後に呼び出されます。
deleteSinglePermanentObject (単一常駐オブジェクトの削除)
単一常駐オブジェクトを削除します。
deleteAllPermanentObject (すべての常駐オブジェクトの削除)
すべての常駐オブジェクトを削除します。


属性の詳細
eventProvider (イベント処理の可否)

チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
createPluralPermanentObject (複数常駐オブジェクトの設定)

複数常駐オブジェクトを設定します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
id - java.lang.String
ここで登録した常駐オブジェクトはコールバック呼び出しの際にリストの登録順に呼び出されクラスパスにこの順番で追加されます。オブジェクト識別名が同一である場合、設定は上書きされます。オブジェクト識別名、オブジェクトファイル名が違ってオブジェクトクラス名が同じ、というパターンは設定できません。 ここで設定したオブジェクト識別名は、プロセスグループのプロパティで設定可能となります。
長さの範囲:
1-16
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

cmpName - java.lang.String
共有コンポーネント名を設定します。指定するコンポーネントは共有コンポーネントとしてあらかじめ登録されている必要があります。プロセスグループと同じ言語の共有コンポーネントを指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

multiObjectClassName - java.lang.String
常駐オブジェクトクラス名も指定してください。
例えばpreObjというクラス名を指定するときは、次のように設定します。
Packageありの場合:jp.co.nec.preObj
Packageなしの場合:preObj
長さの範囲:
1-255
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

operationStart - java.lang.Boolean
オペレーション開始時に呼び出しを行うかどうかを設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

operationNormalEnd - java.lang.Boolean
オペレーション正常終了時に呼び出しを行うかどうかを設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

operationUnusualEnd - java.lang.Boolean
オペレーション異常終了時に呼び出しを行うかどうかを設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

exceptionOccurred - java.lang.Boolean
例外発生時に呼び出しを行うかどうかを設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

loadNo - java.lang.Integer
ロードする順番を設定します。複数の常駐オブジェクトを指定する場合は必ず一意となるように設定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deletePluralPermanentObject (常駐オブジェクトの削除)

常駐オブジェクトを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
id - java.lang.String
削除する常駐オブジェクトの識別名を設定します。
長さの範囲:
1-16
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createSinglePermanentObject (単一常駐オブジェクトの設定)

単一常駐オブジェクトを設定します。単一常駐オブジェクトは複数常駐オブジェクトのリスト、クラスパスの最後に追加され、コールバック呼び出しの際に最後に呼び出されます。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
cmpName - java.lang.String
共有コンポーネント名を設定します。指定するコンポーネントは共有コンポーネントとしてあらかじめ登録されている必要があります。プロセスグループと同じ言語の共有コンポーネントを指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

multiObjectClassName - java.lang.String
常駐オブジェクトクラス名も指定してください。
例えばpreObjというクラス名を指定するときは、次のように設定します。
Packageありの場合:jp.co.nec.preObj
Packageなしの場合:preObj
長さの範囲:
1-255
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteSinglePermanentObject (単一常駐オブジェクトの削除)

単一常駐オブジェクトを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

deleteAllPermanentObject (すべての常駐オブジェクトの削除)

すべての常駐オブジェクトを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし