概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
TSXaApResource -  C++アプリケーションからデータベースなどのXAリソースに接続するために使用するリソース定義を指定します。C++アプリケーションでユーザ名などを使い分けるために、XaResource(C++)の定義を使用しない場合に作成します。
定義:
ObjectName
{0}:J2EEServer={1},TransactionService={2},TSResources={3},TSXaResource={4},j2eeType=TSXaApResource,name={5},category=runtime
CLIName
server.transactionservice.resources.cppxa-resource.{4}.{5}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (リソース名)
AP用C++ XAリソースの名前を指定します。
xa-resource-type (リソースタイプ)
データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。
open-string (オープン文字列)
データベースに接続するために使用する文字列を指定します。
close-string (クローズ文字列)
データベースから切断するために使用する文字列を指定します。(指定不要)


属性の詳細
name (リソース名)

AP用C++ XAリソースの名前を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

xa-resource-type (リソースタイプ)

データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。

詳細:
データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。
Oracle_XA11G : Oracle 11gのXAインタフェースを使用します。
Oracle_XA10G : Oracle 10g のXA インタフェースを使用します。
Oracle_XA91 : Oracle 9i のXA インタフェースを使用します。
Oracle_AX10G : Oracle 10g のAX インタフェースを使用します。
Oracle_AX91 : Oracle 9i のAX インタフェースを使用します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
Oracle_XA12C 
Oracle_XA11G 
Oracle_XA10G 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

open-string (オープン文字列)

データベースに接続するために使用する文字列を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

close-string (クローズ文字列)

データベースから切断するために使用する文字列を指定します。(指定不要)

詳細:
クローズ文字列を指定する必要はありません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1