概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
Profiles
定義:
ObjectName
{0}:j2eeType=Profiles,category=runtime
CLIName
domain.profiles
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
adoptedProfiles (適用するプロファイル)
現在適用されているプロファイルです。

操作の概要
createProfile (プロファイルの新規作成)
新たなプロファイルを作成します。
deleteProfile (プロファイルの削除)
不要となったプロファイルを削除する
setCurrentProfile (適用するプロファイルの変更)
適用するプロファイルを更新する。


属性の詳細
adoptedProfiles (適用するプロファイル)

現在適用されているプロファイルです。

詳細:
プロセス名は、(アプリケーショングループ名)-(プロセスグループ名)の形式で表示されます。「server」は運用管理エージェントを表します。
型:
java.util.Properties
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
createProfile (プロファイルの新規作成)

新たなプロファイルを作成します。

詳細:
新たなプロファイルを作成します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
profileName - java.lang.String
全てのプロファイルの中で一意である必要があります。利用できる文字は以下の通りです。英数字、ピリオド、ハイフン、アンダーバー
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

baseProfileName - java.lang.String
ベースとしたプロファイルと同じフィーチャで作成されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteProfile (プロファイルの削除)

不要となったプロファイルを削除する

詳細:
不要となったプロファイルを削除する。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
profileName - java.lang.String
現在、適用されているプロファイルは表示されません。適用されているプロファイルを削除する場合には、「適用するプロファイルの変更」操作で、該当のプロファイルを利用しないようにしてください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


setCurrentProfile (適用するプロファイルの変更)

適用するプロファイルを更新する。

詳細:
適用するプロファイルを更新する。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
serverName - java.lang.String
プロセス名は、(アプリケーショングループ名)-(プロセスグループ名)の形式で表示されます。「server」は運用管理エージェントを表します。該当のプロセスグループが停止時のみ、プロファイルが変更可能です。運用管理エージェントの場合、変更後、ドメインを再起動することにより有効となります。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

profileName - java.lang.String
適用するプロファイルです。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1