概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
J2EEDomain -  WebOTX管理ドメイン
定義:
ObjectName
{0}:pp=/,type=J2EEDomain
CLIName
domain
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (名前)
この管理対象の名前(ドメイン名)を表します。
objectName (オブジェクト名)
この管理対象のオブジェクト名を表します。
servers (Java EEサーバのリスト)
ドメイン内に存在するJava EEサーバ(のオブジェクト名)のリストを表します。
eventTypes (イベントタイプのリスト)
この管理対象から発行されるイベントの種類を表します。
applicationServerFullVersion (フルバージョン名)
アプリケーションサーバのフルバージョン名を表します。
applicationServerVersion (バージョン名)
アプリケーションサーバのバージョン名を表します。
applicationServerEdition (エディション)
アプリケーションサーバのエディションを表します。数字の意味は次の通りです。
2: Express、3: Standard、4: Enterprise、13: Foundation
applicationServerOSName (マシンのOS名)
アプリケーションサーバが動作しているマシンのOS名を表します。
applicationServerCPUrate (使用しているCPUの割合)
アプリケーションサーバが動作しているマシンで使用しているCPUの割合を表します。(単位 : %)
applicationServerNumOfProcess (プロセス数)
アプリケーションサーバが動作しているマシンで起動中のプロセス数を表します。
applicationServerPhysicalMemSize (物理メモリサイズ)
アプリケーションサーバが動作しているマシンで使用している物理メモリのサイズを表します。(単位 : KB)
applicationServerVirtualMemSize (仮想メモリサイズ)
アプリケーションサーバが動作しているマシンで使用している仮想メモリのサイズを表します。Solaris版、およびLinux版では使用されているスワップのサイズを表します。(単位 : KB)
applicationServerLicense (ライセンス情報)
アプリケーションサーバのライセンス情報を表します。
startTime (起動開始時刻)
ドメインの起動開始時刻を表します。
dir (ドメインルートパス)
ドメインのルートディレクトリのパスを表します。
application-root (アプリケーション配備パス)
アプリケーションの配備パスを表します。
num-config-backup-generations (リソースのバックアップ世代数)
ドメイン内で使用するリソースのバックアップ世代数を表します。
backup-option (バックアップの対象)
バックアップの対象を表します。
backup-timing (バックアップのタイミング)
バックアップを実行するタイミングを指定します。
hostname (ホスト名)
ホスト名を表します。
ipv6-enable (IPv6優先)
IPv6を優先的に使用します。
use-dhcp (use DHCP)
use DHCP
start-script (起動時実行スクリプト)
ドメインの起動処理が開始した直後に実行するスクリプトです。
start-script-on-failure (起動時実行スクリプト失敗時処理)
起動時実行スクリプトが失敗した際、ドメイン起動処理を継続するか、ドメイン起動処理を停止するかを選択します。
start-script-timeout (起動時実行スクリプトのタイムアウト値)
起動時実行スクリプトを実行した際のタイムアウト値を指定します。
stop-script (停止時実行スクリプト)
ドメインの停止処理が完了する直前に実行するスクリプトです。
stop-script-timeout (停止時実行スクリプトのタイムアウト値)
停止時実行スクリプトを実行した際のタイムアウト値を指定します。

操作の概要
generateDiagnosticReport (診断レポートの生成)
ドメイン内のサーバインスタンスに対する診断レポートを生成します。
enableNotificationType (Notificationタイプの有効化)
指定したタイプを持つNotificationを有効化します。
disableNotificationType (Notificationタイプの無効化)
指定したタイプを持つNotificationを無効化します。
enableNotificationObjectName (Notificationを有効化するObjectNameの指定)
指定したオブジェクト名から発行されるNotificationを有効化します。
disableNotificationObjectName (Notificationを無効化するObjectNameの指定)
指定したオブジェクト名にから発行されるNotificationを無効化します。
generateJVMReport (JVMレポートの生成)
対象プロセスに対するJVMレポートを生成します。
generateThreadDump (スレッドダンプの採取)
ドメインのスレッドダンプを採取します。
generateHeapDump (ヒープダンプの採取)
ドメインのヒープダンプを生成します。
listOSGiModules (OSGiモジュール一覧の取得)
配備されているOSGiモジュールの一覧を取得します。
getOSGiModuleHeaders (OSGiモジュールのヘッダー取得)
OSGiモジュールのヘッダー(マニフェスト定義)を取得します。
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。


属性の詳細
name (名前)

この管理対象の名前(ドメイン名)を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

objectName (オブジェクト名)

この管理対象のオブジェクト名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

servers (Java EEサーバのリスト)

ドメイン内に存在するJava EEサーバ(のオブジェクト名)のリストを表します。

詳細:
WebOTXにおいて、この属性の要素は0または1つのみです。
型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

eventTypes (イベントタイプのリスト)

この管理対象から発行されるイベントの種類を表します。

詳細:
イベントタイプの詳細は以下の通りです。
''j2ee.object.created'': ドメイン内で管理対象オブジェクトが生成された
''j2ee.object.deleted'': ドメイン内で管理対象オブジェクトが削除された
型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

applicationServerFullVersion (フルバージョン名)

アプリケーションサーバのフルバージョン名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

applicationServerVersion (バージョン名)

アプリケーションサーバのバージョン名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

applicationServerEdition (エディション)

アプリケーションサーバのエディションを表します。数字の意味は次の通りです。
2: Express、3: Standard、4: Enterprise、13: Foundation

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

applicationServerOSName (マシンのOS名)

アプリケーションサーバが動作しているマシンのOS名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

applicationServerCPUrate (使用しているCPUの割合)

アプリケーションサーバが動作しているマシンで使用しているCPUの割合を表します。(単位 : %)

型:
java.lang.Double
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

applicationServerNumOfProcess (プロセス数)

アプリケーションサーバが動作しているマシンで起動中のプロセス数を表します。

型:
java.lang.Long
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

applicationServerPhysicalMemSize (物理メモリサイズ)

アプリケーションサーバが動作しているマシンで使用している物理メモリのサイズを表します。(単位 : KB)

型:
java.lang.Long
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

applicationServerVirtualMemSize (仮想メモリサイズ)

アプリケーションサーバが動作しているマシンで使用している仮想メモリのサイズを表します。Solaris版、およびLinux版では使用されているスワップのサイズを表します。(単位 : KB)

型:
java.lang.Long
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

applicationServerLicense (ライセンス情報)

アプリケーションサーバのライセンス情報を表します。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

startTime (起動開始時刻)

ドメインの起動開始時刻を表します。

型:
java.lang.Long
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dir (ドメインルートパス)

ドメインのルートディレクトリのパスを表します。

詳細:
ドメインのルートディレクトリのパスを設定します。このディレクトリはシンボリックリンクであっても問題ありません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

application-root (アプリケーション配備パス)

アプリケーションの配備パスを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

num-config-backup-generations (リソースのバックアップ世代数)

ドメイン内で使用するリソースのバックアップ世代数を表します。

詳細:
<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>配下にある各種リソースのバックアップ世代数を指定します。最大3世代まで保存されます。
バックアップされたリソースは<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>/backup配下に格納されます。
型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

backup-option (バックアップの対象)

バックアップの対象を表します。

詳細:
バックアップ対象とするファイルを指定します。
configsを指定した場合、<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>/configフォルダ以下を対象とします。
allを指定した場合は、<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>配下にある各種リソースファイルをバックアップします。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
configs 
all 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

backup-timing (バックアップのタイミング)

バックアップを実行するタイミングを指定します。

詳細:
バックアップを実行するタイミングを指定します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
before-starting  ドメインの起動前
after-running  ドメインの起動後
before-termination  ドメインの停止前
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

hostname (ホスト名)

ホスト名を表します。

詳細:
ホスト名を指定します。既定値はマシン固有のホスト名です。
ホスト名を変更した場合、ドメインの再起動が必要になります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ipv6-enable (IPv6優先)

IPv6を優先的に使用します。

詳細:
IPv6を優先的に使用します。既定値はfalse(IPv4優先)です。
true(IPv6優先)に変更した場合、ドメインの再起動が必要になります。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

use-dhcp (use DHCP)

use DHCP

詳細:
If true(checked), the host name is changed before starting the domain.
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

start-script (起動時実行スクリプト)

ドメインの起動処理が開始した直後に実行するスクリプトです。

詳細:
英数字及び記号('-','.','_')を含む32文字以内で指定してください。また{ドメインルート}/configディレクトリ配下に配置したもののみ指定できます。指定したスクリプトはアプリケーションが起動する前に実行されます。
型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-32
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

start-script-on-failure (起動時実行スクリプト失敗時処理)

起動時実行スクリプトが失敗した際、ドメイン起動処理を継続するか、ドメイン起動処理を停止するかを選択します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
continue  ドメインの起動継続
stop  ドメインの停止
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

start-script-timeout (起動時実行スクリプトのタイムアウト値)

起動時実行スクリプトを実行した際のタイムアウト値を指定します。

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

stop-script (停止時実行スクリプト)

ドメインの停止処理が完了する直前に実行するスクリプトです。

詳細:
英数字及び記号('-','.','_')を含む32文字以内で指定してください。また{ドメインルート}/configディレクトリ配下に配置したもののみ指定できます。
型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-32
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

stop-script-timeout (停止時実行スクリプトのタイムアウト値)

停止時実行スクリプトを実行した際のタイムアウト値を指定します。

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
generateDiagnosticReport (診断レポートの生成)

ドメイン内のサーバインスタンスに対する診断レポートを生成します。

詳細:
この操作は、問題を解決するための各種設定ファイル、ログファイルを収集します。この操作によって収集されたファイル群は、診断レポートとして指定した場所にアーカイブ形式で保存されますので、それを使用して問題解決を行うか、WebOTX ASサポート窓口へ問い合わせを行う際に送付して下さい。
戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
outputFile - java.lang.String
診断レポートに含まれた情報の詳細は同名のテキストファイルを参照してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

userDescription - java.lang.String
任意のコメントを記述します。ここで記述した内容は、診断結果のテキストレポート内に出力されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


enableNotificationType (Notificationタイプの有効化)

指定したタイプを持つNotificationを有効化します。

詳細:
例えば、Notificationタイプが''webotx.event''で始まる通知を有効にしたい場合、webotx.eventと入力します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
enableNotificationType - java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


disableNotificationType (Notificationタイプの無効化)

指定したタイプを持つNotificationを無効化します。

詳細:
例えば、Notificationタイプが''webotx.event''で始まる通知を無効にしたい場合、webotx.eventと入力します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
disableNotificationType - java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


enableNotificationObjectName (Notificationを有効化するObjectNameの指定)

指定したオブジェクト名から発行されるNotificationを有効化します。

詳細:
例えば、通知発行元のオブジェクト名が''domain:a=xxx,b=yyy''である通知を有効にしたい場合、domain:a=xxx,b=yyyと入力します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
enableNotificationObjectName - javax.management.ObjectName
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


disableNotificationObjectName (Notificationを無効化するObjectNameの指定)

指定したオブジェクト名にから発行されるNotificationを無効化します。

詳細:
例えば、通知発行元のオブジェクト名が''domain:a=xxx,b=yyy''である通知を無効にしたい場合、domain:a=xxx,b=yyyと入力します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
disableNotificationObjectName - javax.management.ObjectName
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


generateJVMReport (JVMレポートの生成)

対象プロセスに対するJVMレポートを生成します。

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
type - java.lang.String
レポートのタイプを指定します。
値の有効範囲:
summary  概要
class  クラス情報
memory  メモリ情報
thread  スレッドダンプ
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

processName - java.lang.String
If not specified, reported for the agent process.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

outputFile - java.lang.String
If the only file name specify, the file output to [Domain directory]/logs directory.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


generateThreadDump (スレッドダンプの採取)

ドメインのスレッドダンプを採取します。

詳細:
採取したスレッドダンプはファイルに保存されます。
ドメインが動作するOSにより、保存されるファイルが異なります。
・Windows系 : <ドメインディレクトリ>\logs\diagnostics\jvminfo\threaddump.txt
・UNIX系 : <ドメインディレクトリ>/logs/server.log
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

generateHeapDump (ヒープダンプの採取)

ドメインのヒープダンプを生成します。

詳細:
採取したヒープダンプはファイルに保存されます。
ドメインが動作するOSにより、保存されるファイルが異なります。
・Windows系 : <ドメインディレクトリ>\logs\heapdump[Date].bin
・UNIX系 : <ドメインディレクトリ>/logs/heapdump[Date].bin
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
heapDumpType - java.lang.String
値の有効範囲:
hprof  hprof format
histogram  histogram format


listOSGiModules (OSGiモジュール一覧の取得)

配備されているOSGiモジュールの一覧を取得します。

戻り値:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
なし

getOSGiModuleHeaders (OSGiモジュールのヘッダー取得)

OSGiモジュールのヘッダー(マニフェスト定義)を取得します。

戻り値:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
name - java.lang.String
OSGiモジュール名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1