概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
InternalLifecycleModule -  内部ライフサイクルモジュール(サービス)
定義:
ObjectName
{0}:j2eeType=InternalLifecycleModule,name={2},J2EEServer={1},category=runtime
CLIName
{1}.internal-lifecycle-module.{2}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
enabled (起動の有効化)
サーバ起動時におけるモジュール(サービス)の起動の可否を表します。
state-order (最終起動状態)
モジュール(サービス)の最終起動状態(どの状態まで起動させるか)を表します。
description (説明)
モジュール(サービス)の説明を表します。
class-name (ライフサイクルクラス名)
ライフサイクルモジュールの完全修飾クラス名を表します。インストール時に定義されているモジュールのクラス名は変更しないで下さい。
load-order (起動順序)
モジュール(サービス)の起動順序を表します。インストール時に定義されているモジュールの起動順序を変更することは推奨されません。サーバが正常に起動しなくなる可能性があります。
is-failure-fatal (起動失敗時におけるサーバの起動継続の有効化)
モジュール(サービス)の起動失敗時におけるサーバの起動継続の可否を表します。
state (状態)
モジュール(サービス)の現在の状態を表します。
j2eeType (管理対象のタイプ)
WebOTXにおけるこの管理対象のタイプを表します。
J2EEServer (Java EEサーバの名前)
この管理対象を取り扱っているJava EEサーバの名前を表します。

操作の概要
start (モジュールの起動)
モジュール(サービス)を起動します。
stop (モジュールの停止)
モジュール(サービス)を停止します。
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。


属性の詳細
enabled (起動の有効化)

サーバ起動時におけるモジュール(サービス)の起動の可否を表します。

詳細:
有効(true)にした場合のみ、サーバ起動時にモジュール(サービス)が自動的に起動されます。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

state-order (最終起動状態)

モジュール(サービス)の最終起動状態(どの状態まで起動させるか)を表します。

詳細:
モジュール(サービス)を完全起動状態まで処理させるには''起動完了まで''を指定します。
指定した状態が''起動完了まで''以外の場合、起動完了状態まで続けて起動させるには''モジュールの起動''オペレーションを実行して下さい。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
initialization  初期化処理まで
startup  スタートアップ処理まで
ready  起動完了まで
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

description (説明)

モジュール(サービス)の説明を表します。

詳細:
モジュール(サービス)の説明を記述します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

class-name (ライフサイクルクラス名)

ライフサイクルモジュールの完全修飾クラス名を表します。インストール時に定義されているモジュールのクラス名は変更しないで下さい。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

load-order (起動順序)

モジュール(サービス)の起動順序を表します。インストール時に定義されているモジュールの起動順序を変更することは推奨されません。サーバが正常に起動しなくなる可能性があります。

詳細:
サーバ起動時に、この起動順序番号に従ってモジュール(サービス)が順次起動されます。
型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

is-failure-fatal (起動失敗時におけるサーバの起動継続の有効化)

モジュール(サービス)の起動失敗時におけるサーバの起動継続の可否を表します。

詳細:
有効(true)にした場合、モジュール(サービス)の起動失敗時にはサーバの起動処理を中断し、シャットダウン処理を実行します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

state (状態)

モジュール(サービス)の現在の状態を表します。

詳細:
状態を表示します。
状態が数値で示されている場合、その数値は次の意味を持ちます。
0:起動処理中
1:起動中
2:停止処理中
3:停止中
4:起動/停止処理失敗
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
起動中
実行中
停止中
停止
起動/停止処理失敗
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

j2eeType (管理対象のタイプ)

WebOTXにおけるこの管理対象のタイプを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

J2EEServer (Java EEサーバの名前)

この管理対象を取り扱っているJava EEサーバの名前を表します。

詳細:
WebOTXでは、''server''固定となります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
start (モジュールの起動)

モジュール(サービス)を起動します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
なし

stop (モジュールの停止)

モジュール(サービス)を停止します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
なし

getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの一覧を取得します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1