概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
BatchContainerMO
定義:
ObjectName
{0}:J2EEServer={1},category=runtime,j2eeType=BatchContainerMO,name={2}
CLIName
domain.bssystem.batch-containers.{2}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (名前)
name
status (状態)
status
state (state)
state
autoStartup (自動起動)
ドメイン起動時にこのコンテナを起動するかどうかを指定します
processMultiplicity (プロセス多重度)
現在のコンテナプロセス多重度です。
owner (プロセス所有者)
コンテナプロセスの所有者を指定します
defaultWorkManagerMaxThread (最大スレッド数)
デフォルトWorkManagerの最大スレッド数
additionalJavaOptions (起動時Javaオプション)
VMオプション、Javaシステムプロパティ等を指定します。KEY=VALUEの形式で指定してください。
additionalEnvironments (環境変数)
コンテナプロセス起動時に追加する環境変数を指定します
enabledIndividualLogConfiguration (コンテナ毎のログ設定を有効化)
コンテナ毎のログ設定ファイルを利用します
heapThreshold (ヒープメモリの閾値 )
警告を発行するヒープサイズの閾値を指定します。
単位はパーセントで指定してください。0を指定すると監視を行いません。
permThreshold (パーマネント領域の閾値 )
警告を発行するパーマネント領域の閾値を指定します。
単位はパーセントで指定してください。0を指定すると監視を行いません。
conditionsForAcceptingJobRequest (ジョブリクエスト受領条件)
ジョブリクエスト受領条件は、受け入れるジョブリクエストの条件を表す文字列の配列です。配列の要素には、ジョブリクエストパスパターンを指定することも可能です。配列の要素に=が含まれている場合、ジョブリクエストパラメータと解釈します。その他の場合はジョブリクエストパスパターンと解釈します。
persistLogLevel (ログレベルを永続化)
コンテナのログレベル変更を永続化するかどうかを設定します。
core-log-level (Batch Container)
Batch Server のログレベルを設定します。
container-log-max-backup-index (Batch Container Log MaxBackupIndex)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の世代数を指定します。
container-log-max-file-size (Batch Container Log MaxFileSize)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。
environment-log-level (Batch Container Enviroment Log)
Batch Server 環境ログのログレベルを設定します。
environment-log-max-backup-index (Batch Container Enviroment Log MaxBackupIndex)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の世代数を指定します。
environment-log-max-file-size (Batch Container Enviroment Log MaxFileSize)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。
allexecution-log-max-backup-index (All job execution Log MaxBackupIndex)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の世代数を指定します。
allexecution-log-max-file-size (All job execution Log MaxFileSize)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。
proxy-log-level (Batch Container Proxy Log)
Batch Server プロキシログのログレベルを設定します。
webotx-log-level (WebOTX Common)
WebOTX 共通モジュールのログレベルを設定します。
jdbc-datasource-log-level (JDBC DataSource)
JDBC DataSource モジュールのログレベルを設定します。
jdbc-driver-log-level (JDBC Driver)
JDBC Driver モジュールのログレベルを設定します。
jta-log-level (JTA)
JTAモジュールのログレベルを設定します。
objectbroker-log-level (Object Broker)
Object Broker モジュールのログレベルを設定します。

操作の概要
start (開始)
コンテナを起動します
stop (停止)
コンテナを停止します
delete (削除)
コンテナを削除します
increaseContainerProcess (コンテナプロセスの追加)
コンテナプロセスを追加します。コンテナが起動状態の場合は、追加したプロセスも起動させます。
decreaseContainerProcess (コンテナプロセスの削除)
コンテナプロセスを削除します。コンテナが起動状態の場合は、起動している余分なプロセスを(コンテナプロセス識別子の値が大きなものから)停止させます。
reloadClassLoader (クラスローダをリロード)
BSが提供するクラスローダが読み込んだクラスをリロードします


属性の詳細
name (名前)

name

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

status (状態)

status

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

state (state)

state

型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

autoStartup (自動起動)

ドメイン起動時にこのコンテナを起動するかどうかを指定します

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

processMultiplicity (プロセス多重度)

現在のコンテナプロセス多重度です。

型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

owner (プロセス所有者)

コンテナプロセスの所有者を指定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

defaultWorkManagerMaxThread (最大スレッド数)

デフォルトWorkManagerの最大スレッド数

型:
java.lang.Integer
最小値:
1
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

additionalJavaOptions (起動時Javaオプション)

VMオプション、Javaシステムプロパティ等を指定します。KEY=VALUEの形式で指定してください。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

additionalEnvironments (環境変数)

コンテナプロセス起動時に追加する環境変数を指定します

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enabledIndividualLogConfiguration (コンテナ毎のログ設定を有効化)

コンテナ毎のログ設定ファイルを利用します

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

heapThreshold (ヒープメモリの閾値 )

警告を発行するヒープサイズの閾値を指定します。
単位はパーセントで指定してください。0を指定すると監視を行いません。

型:
java.lang.Integer
最小値:
0
最大値:
99
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

permThreshold (パーマネント領域の閾値 )

警告を発行するパーマネント領域の閾値を指定します。
単位はパーセントで指定してください。0を指定すると監視を行いません。

型:
java.lang.Integer
最小値:
0
最大値:
99
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

conditionsForAcceptingJobRequest (ジョブリクエスト受領条件)

ジョブリクエスト受領条件は、受け入れるジョブリクエストの条件を表す文字列の配列です。配列の要素には、ジョブリクエストパスパターンを指定することも可能です。配列の要素に=が含まれている場合、ジョブリクエストパラメータと解釈します。その他の場合はジョブリクエストパスパターンと解釈します。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

persistLogLevel (ログレベルを永続化)

コンテナのログレベル変更を永続化するかどうかを設定します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

core-log-level (Batch Container)

Batch Server のログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

container-log-max-backup-index (Batch Container Log MaxBackupIndex)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の世代数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

container-log-max-file-size (Batch Container Log MaxFileSize)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

environment-log-level (Batch Container Enviroment Log)

Batch Server 環境ログのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

environment-log-max-backup-index (Batch Container Enviroment Log MaxBackupIndex)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の世代数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

environment-log-max-file-size (Batch Container Enviroment Log MaxFileSize)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

allexecution-log-max-backup-index (All job execution Log MaxBackupIndex)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の世代数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

allexecution-log-max-file-size (All job execution Log MaxFileSize)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

proxy-log-level (Batch Container Proxy Log)

Batch Server プロキシログのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

webotx-log-level (WebOTX Common)

WebOTX 共通モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jdbc-datasource-log-level (JDBC DataSource)

JDBC DataSource モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jdbc-driver-log-level (JDBC Driver)

JDBC Driver モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jta-log-level (JTA)

JTAモジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

objectbroker-log-level (Object Broker)

Object Broker モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
start (開始)

コンテナを起動します

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

stop (停止)

コンテナを停止します

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
terminationMode - java.lang.String
値の有効範囲:
NORMAL 
TRANSACTIONAL 
FORCE 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

terminationTimeout - java.lang.Long
停止のタイムアウトを指定します。0を指定するとタイムアウト無し。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


delete (削除)

コンテナを削除します

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

increaseContainerProcess (コンテナプロセスの追加)

コンテナプロセスを追加します。コンテナが起動状態の場合は、追加したプロセスも起動させます。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
increaseCount - java.lang.Integer
追加するプロセスの数を指定します。[1-16]の数値を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


decreaseContainerProcess (コンテナプロセスの削除)

コンテナプロセスを削除します。コンテナが起動状態の場合は、起動している余分なプロセスを(コンテナプロセス識別子の値が大きなものから)停止させます。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
decreaseCount - java.lang.Integer
削除するプロセスの数を指定します。[1-16]の数値を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

terminationMode - java.lang.String
値の有効範囲:
NORMAL 
TRANSACTIONAL 
FORCE 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

terminationTimeout - java.lang.Long
停止のタイムアウトを指定します。0を指定するとタイムアウト無し。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


reloadClassLoader (クラスローダをリロード)

BSが提供するクラスローダが読み込んだクラスをリロードします

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし