概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
plugin-config -  外部Webサーバとの連携に使用するWebサーバプラグインの設定です。
定義:
ObjectName
{0}:type=plugin-config,config={1},category=config
CLIName
server.web-container.plugin-config
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
plugin-port-number (連携ポート番号)
プラグインの連携ポート番号を指定します。
plugin-host-name (連携先ホスト名)
プラグインの連携先ホスト名を指定します。
plugin-query-mode (プラグインの動的反映オプション)
プラグインの動的反映オプションを指定します。
plugin-pool-size (コネクションプールサイズ)
プラグインのコネクションのプール数を指定します。
jk-unmount-list (ワーカへのマウントを行わないコンテキストのリスト)
ワーカへのマウントを行わないコンテキストをカンマ区切りで指定します。
jk-mount-copy (JkMountCopyの種類)
JkMountCopyに記述するタイプを指定します。
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この設定は無効です。
jk-no-mount-list (コンテキストのマッピング情報を出力しないアプリケーションのリスト)
配備したアプリケーションのコンテキストのマッピングを出力しないアプリケーションを指定します。
otx-default-web-module (default-web-moduleの代替コンテキスト名)
default-web-moduleの代替コンテキスト名の名称を指定します。
jk-mount-file (マウントファイル)
ワーカが読み込むコンテキスト情報を記述するファイルのパスを絶対パスで指定します。
既定値は ${INSTANCE_ROOT}/config/WebCont/uriworkermap.properties-auto です。
${INSTANCE_ROOT} はドメインディレクトリのパスを表します。
jk-mount-file-reload (マウントファイルの再読み込み間隔)
マウントファイルで指定したファイルを再読み込みする間隔を指定します。(単位:秒)
0 を指定した場合は再読み込みは行われません。既定値は 0 です。
log-rotate-enable (プラグインのログローテートの有効化)
プラグインのログのローテートを行うかどうかを指定します。
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この機能は使用できません。
log-rotate-interval (プラグインのログローテート間隔)
プラグインのログのローテートを行う間隔を指定します。(単位:秒)
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この機能は使用できません。
※この機能を利用する場合「ログのローテートの有効化」をtrueに設定する必要があります。
plugin-log-level (プラグインのログレベル)
プラグインのログレベルを指定します。
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この機能は使用できません。
log-rotate-size (プラグインのログファイルサイズ)
プラグインのローテートを行う際のファイルの最大サイズを指定します。(単位:MByte)
0(既定値)を設定した場合ローテートは行われません。
log-file-name (プラグインのログファイル名)
ログのファイル名を絶対パスまたは相対パスで指定します。
相対パスは ${INSTANCE_ROOT}/logs/web からの相対パスです。
既定値は ${JKPLUGIN_NAME}.log で、${JKPLUGIN_NAME} はWebサーバプラグインのモジュール名を表します。
フォーマットに関する詳細は ? を参照ください。
log-rotate-options (プラグインのログローテートオプション指定(Apache連携時のみ))
Apache連携時のログローテートオプションの指定を行います。
デフォルトではオプションを指定しません。
指定できるオプションは rotatelogs のマニュアルをご参照ください。
log-rotate-generations (プラグインのログローテート世代数)
プラグインのログローテーションの世代数を指定します。
この設定は IIS と連携を行っているときに有効です。

操作の概要
setWorkersProperty (ワーカのプロパティの設定)
workers.properties/ior_workers.properties のプロパティを設定します。
Advancedモード時は、ior_workers.propertiesが使用され、Standardモード時はworkers.propertiesが使用されます。
deleteWorkersProperty (ワーカのプロパティの削除)
workers.properties/ior_workers.properties のプロパティを削除します。
Advancedモード時は、ior_workers.propertiesが使用され、Standardモード時はworkers.propertiesが使用されます。
getWorkersProperties (ワーカのプロパティの取得)
workers.properties/ior_workers.properties のプロパティ一覧を取得します。
Advancedモード時は、ior_workers.propertiesが使用され、Standardモード時はworkers.propertiesが使用されます。


属性の詳細
plugin-port-number (連携ポート番号)

プラグインの連携ポート番号を指定します。

詳細:
WebサーバとWebコンテナとの連携に使用するポート番号を指定します。
Webサーバがクライアントからのリクエストを受け付けるポート番号ではありません。
domain1の既定値は「8099」です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

plugin-host-name (連携先ホスト名)

プラグインの連携先ホスト名を指定します。

詳細:
外部Webサーバが連携するWebコンテナがあるマシンのホスト名を指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

plugin-query-mode (プラグインの動的反映オプション)

プラグインの動的反映オプションを指定します。

詳細:
WebOTX には、Web アプリケーションが配備されたことを自動的にWebOTX Web Server(Apache)などの外部Web サーバに反映させる仕組みがあります。 この機能により、ドメインを再起動することなく新規に配備されたWeb アプリケーションの存在を外部Web サーバに認識させています。 動的反映の処理には、ある程度負荷がかかるため、Web アプリケーションの更新のないシステムでは不要な負荷がかかることになります。その場合、動的反映オプションを「Once」に設定をすることによって負荷を低減することができます。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
On 
Off 
Once 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

plugin-pool-size (コネクションプールサイズ)

プラグインのコネクションのプール数を指定します。

詳細:
WebサーバがWebコンテナに対して張るAJPコネクションのプールサイズの上限値を指定します。
コネクタはこの値の数だけ同時にコネクションを張ることができ、この値を超えたリクエストはエラーとなります。
デフォルト値は150です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jk-unmount-list (ワーカへのマウントを行わないコンテキストのリスト)

ワーカへのマウントを行わないコンテキストをカンマ区切りで指定します。

詳細:
ワーカへのマウントを行わないコンテキストを','(カンマ)区切りで指定します。
ここで指定されたコンテキストにマッチするリクエストはWebOTXまでフォワードされません。この指定は複数指定することができ、すべてのバーチャルホストに設定が反映されます。
デフォルトでは出力されません。
/app1 へのリクエストを全てWebOTXまでフォワードしない場合、以下の設定を行います。
/app1,/app1/*
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jk-mount-copy (JkMountCopyの種類)

JkMountCopyに記述するタイプを指定します。
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この設定は無効です。

詳細:
On', 'Off', 'All'の設定が可能です。
'On'を指定されたバーチャルサーバにはメインサーバのマップがコピーされます。(JkMount、JkUnMountの設定を含む)
'Off'を指定するとコピーされません。
'All'を指定するとすべてのバーチャルサーバにメインサーバのマップがコピーされます。
デフォルトは'All'です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
On 
Off 
All 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jk-no-mount-list (コンテキストのマッピング情報を出力しないアプリケーションのリスト)

配備したアプリケーションのコンテキストのマッピングを出力しないアプリケーションを指定します。

詳細:
配備したアプリケーションのコンテキストのマッピングを出力しないアプリケーションを',' (カンマ)区切りで指定します。
ここで指定したプリケーションは、コンテキストのマッピングが出力されないため、Webサーバ経由でのアクセスを制限できます。
※この設定を有効にする場合、「プラグインの動的反映オプション」を”Off”にする必要があります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

otx-default-web-module (default-web-moduleの代替コンテキスト名)

default-web-moduleの代替コンテキスト名の名称を指定します。

詳細:
アドバンスドモードでは、コンテキスト名なしでは処理をプロセスに渡せないため'/'の代わりに代替名を指定します。デフォルトの名称は'otx-default-web-module'です。この設定を変更するときは、TPシステムの属性'デフォルトWebモジュールの管理名' も同じ名称に変更してください。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

jk-mount-file (マウントファイル)

ワーカが読み込むコンテキスト情報を記述するファイルのパスを絶対パスで指定します。
既定値は ${INSTANCE_ROOT}/config/WebCont/uriworkermap.properties-auto です。
${INSTANCE_ROOT} はドメインディレクトリのパスを表します。

詳細:
デフォルトは <ドメインディレクトリ>/config/WebCont/uriworkermap.properties-auto です。
このファイルはドメイン起動時に自動的に生成されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jk-mount-file-reload (マウントファイルの再読み込み間隔)

マウントファイルで指定したファイルを再読み込みする間隔を指定します。(単位:秒)
0 を指定した場合は再読み込みは行われません。既定値は 0 です。

詳細:
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

log-rotate-enable (プラグインのログローテートの有効化)

プラグインのログのローテートを行うかどうかを指定します。
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この機能は使用できません。

詳細:
プラグインのログのローテートを行うかどうかを指定します。デフォルトはローテートを行いません。この設定を有効にした場合、ローテートされたログは'$INSTANCE_ROOT'/logs/webに出力されます。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

log-rotate-interval (プラグインのログローテート間隔)

プラグインのログのローテートを行う間隔を指定します。(単位:秒)
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この機能は使用できません。
※この機能を利用する場合「ログのローテートの有効化」をtrueに設定する必要があります。

詳細:
プラグインのログローテートを行う間隔を指定します。(単位:秒)
指定した時間の間にログファイルが更新されていなければ、新規ファイルは作成されません。時間の代わりにファイルサイズ(メガバイト)毎の指定が可能で、その場合はMをつけた数字を指定します。(例:1M)
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

plugin-log-level (プラグインのログレベル)

プラグインのログレベルを指定します。
※WebOTX Webサーバ以外のWebサーバを使用する場合、この機能は使用できません。

詳細:
プラグインのログレベルを指定します。このログはデフォルトでは'$INSTANCE_ROOT'/logs/webに出力されます。デフォルト値は’error’です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
error 
warn 
info 
debug 
trace 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

log-rotate-size (プラグインのログファイルサイズ)

プラグインのローテートを行う際のファイルの最大サイズを指定します。(単位:MByte)
0(既定値)を設定した場合ローテートは行われません。

詳細:
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

log-file-name (プラグインのログファイル名)

ログのファイル名を絶対パスまたは相対パスで指定します。
相対パスは ${INSTANCE_ROOT}/logs/web からの相対パスです。
既定値は ${JKPLUGIN_NAME}.log で、${JKPLUGIN_NAME} はWebサーバプラグインのモジュール名を表します。
フォーマットに関する詳細は ? を参照ください。

詳細:
ローテートのタイミングはログファイルが生成されてから指定したローテート間隔が経過している場合にローテートされます。

WebOTX Web サーバ(Apache Web サーバ)と連携しているとき、以下のフォーマットを指定することができます。
%A - 曜日
%a - 曜日(英語の最初の 3 文字)
%B - 月
%b - 月(英語の最初の 3 文字)
%c - 日付および時刻
%d - 日付(01〜31)
%H - 時(00〜23)
%I - 時 (01〜12)
%j - 日(001〜366)
%M - 分(00〜59)
%m - 月(01〜12)
%p - 午前・午後(am または pm)
%S - 秒(00〜59)
%U - その年の週数(日曜日を週の最初とする)
%W - その年の週数(月曜日を週の最初とする)
%w - 曜日(0〜6)
%X - 時刻
%x - 日付
%Y - 西暦(4桁)
%y - 西暦(下2桁)
%Z - タイムゾーン
%% - パーセントのエスケープ
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

log-rotate-options (プラグインのログローテートオプション指定(Apache連携時のみ))

Apache連携時のログローテートオプションの指定を行います。
デフォルトではオプションを指定しません。
指定できるオプションは rotatelogs のマニュアルをご参照ください。

詳細:
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

log-rotate-generations (プラグインのログローテート世代数)

プラグインのログローテーションの世代数を指定します。
この設定は IIS と連携を行っているときに有効です。

詳細:
0を設定した場合はログローテーションを行いません。 1以上を設定した場合はログローテーションの世代数を設定します。
既定値は 3 です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
setWorkersProperty (ワーカのプロパティの設定)

workers.properties/ior_workers.properties のプロパティを設定します。
Advancedモード時は、ior_workers.propertiesが使用され、Standardモード時はworkers.propertiesが使用されます。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
arg-key - java.lang.String
プロパティの名前を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

arg-value - java.lang.String
プロパティの値を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteWorkersProperty (ワーカのプロパティの削除)

workers.properties/ior_workers.properties のプロパティを削除します。
Advancedモード時は、ior_workers.propertiesが使用され、Standardモード時はworkers.propertiesが使用されます。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
arg-key - java.lang.String
削除するプロパティの名前を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


getWorkersProperties (ワーカのプロパティの取得)

workers.properties/ior_workers.properties のプロパティ一覧を取得します。
Advancedモード時は、ior_workers.propertiesが使用され、Standardモード時はworkers.propertiesが使用されます。

戻り値:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
なし