概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
http
定義:
ObjectName
{0}:type=http,config={1},protocol={2},category=config
CLIName
server.network-config.protocols.protocol.{2}.http
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
proxy-port (プロキシポート)
プロキシのサーバポートを指定します。
max-swallow-size (Max Swallow Size)
The maximum number of request body bytes to be swallowed by WebContainer for an aborted upload.
max-save-post-size (POST最大保存サイズ)
FORMまたはCLIENT-CERT認証の間、コンテナが保存、バッファリングするPOST の最大バイト数を指定します。(単位:バイト)
max-request-parameters (max-request-parameters)
max-request-parameters
max-parameter-count (最大パラメータ数)
GETやPOSTリクエストで使用することができるパラメータの数の最大値を指定します。
parse-body-methods (ボディ解析メソッド一覧)
リクエストボディがPOSTと同様に解析されるためのHTTPメソッドを指定します。
adapter (アダプタ)
アダプタを指定します。
processor-cache (プロセッサのキャッシュ数)
キャッシュを行うプロセッサの数を指定します。
async-timeout (非同期要求用タイムアウト)
同期リクエストのタイムアウト時間のデフォルト値を指定します。(単位:ミリ秒)
デフォルト値は 10000(10秒)です。
use-body-encoding-for-uri (URIのエンコーディング)
URIのエンコーディングを行うかどうかを指定します。
デフォルトは false でエンコーディングを行いません。
proxy-name (プロキシ名)
このコネクタがプロキシを利用する場合、そのプロキシのサーバ名を指定します。
デフォルト値はありません。
server-name (URLホスト名に設定するサーバ名)
クライアントに送信するURLのホスト名に設定されるサーバ名です
default-virtual-server (デフォルト仮想サーバ)
デフォルトの仮想サーバを指定します。
redirect-port (リダイレクト先ポート番号)
セキュアな接続が必要な URLアクセスが通常ポートに来た時のリダイレクト先ポート番号です
max-connections (最大接続数)
コネクションの最大接続数を指定します。
connection-timeout (リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値)
リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値です (単位:ミリ秒、既定値:60000)
upload-timeout-enabled (アップロードタイムアウト)
アップロード時のタイムアウトを行うかどうかを指定します。
request-timeout-seconds (要求タイムアウト)
要求タイムアウト値を指定します。(単位:秒)
send-buffer-size-bytes (送信バッファサイズ)
リクエスト応答のバッファサイズを指定します。(単位:Byte)
header-buffer-length-bytes (ヘッダーバッファー長)
リクエストの処理スレッドでリクエストデータを読み込む際に使うバッファのサイズを指定します。(単位:Byte)
max-post-size-bytes (最大ポストサイズ)
POST メソッドで送られてくるデータの最大値を指定します。(単位:Byte)
uri-encoding (URI エンコーディング)
URI のエンコードを指定します。
version (バージョン)
使用するHTTPプロトコルのバージョン(AJP/1.3 等)を指定します。
no-compression-user-agents (非圧縮ユーザエージェント)
圧縮を使用しないユーザーエージェントを指定します。
restricted-user-agents (制限ユーザエージェント)
制限されたユーザエージェントを指定します。
dns-lookup-enabled (DNSルックアップ有無)
DNSルックアップを有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)
rcm-support-enabled (RCMサポート)
RCM サポートを行うかどうかを指定します。(既定値:false)
trace-enabled (トレースメソッド有効化)
トレースメソッド有効化を行うかどうかを指定します。(既定値:false)
xpowered-by (X-Powered-Byヘッダの有効化)
レスポンスヘッダに X-Powered-by を含めるかどうかを指定します。
true を指定した場合に X-Powered-by がレスポンスヘッダに追加されます。
デフォルト値はfalseです。
scheme (スキーマ)
HTTP リクエストを処理する際のスキーマ(http または https)を指定します。

操作の概要
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。


属性の詳細
proxy-port (プロキシポート)

プロキシのサーバポートを指定します。

詳細:
このコネクタがプロキシが設定されたサーバで使用される場合、request.getServerPort() で返却されるサーバのポートを指定しておきます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-swallow-size (Max Swallow Size)

The maximum number of request body bytes to be swallowed by WebContainer for an aborted upload.

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-save-post-size (POST最大保存サイズ)

FORMまたはCLIENT-CERT認証の間、コンテナが保存、バッファリングするPOST の最大バイト数を指定します。(単位:バイト)

詳細:
FORMまたはCLIENT-CERT認証の間、コンテナが保存、バッファリングするPOST の最大バイト数を指定します。 どちらのタイプの認証に対しても,ユーザが認証される前にPOSTが保存、バッファリングされます。 CLIENT-CERT認証に対しては、POSTは SSLハンドシェークの間バッファリングされ、リクエストが処理されるとバッファが空にされます。FORM認証に対しては、POSTはユーザが loginフォームにリダイレクトされる間保存され、ユーザが認証に成功するか、認証リクエストに関するセッションが期限切れになるまで維持されます。この属性を -1にすると無制限になります。属性を 0 にすると認証の間のPOST データの保存が禁止されます。
デフォルト値は4096 (4KByte)です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-request-parameters (max-request-parameters)

max-request-parameters

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-parameter-count (最大パラメータ数)

GETやPOSTリクエストで使用することができるパラメータの数の最大値を指定します。

詳細:
0より小さい値を指定した場合は制限を行わないことを意味します。
デフォルト値は 10000 です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

parse-body-methods (ボディ解析メソッド一覧)

リクエストボディがPOSTと同様に解析されるためのHTTPメソッドを指定します。

詳細:
複数指定する場合はカンマ(,)区切りで指定します。
デフォルト値は POST です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

adapter (アダプタ)

アダプタを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

processor-cache (プロセッサのキャッシュ数)

キャッシュを行うプロセッサの数を指定します。

詳細:
-1 を指定した場合は制限を行いません。デフォルト値は 200 です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

async-timeout (非同期要求用タイムアウト)

同期リクエストのタイムアウト時間のデフォルト値を指定します。(単位:ミリ秒)
デフォルト値は 10000(10秒)です。

詳細:
何も指定しなかった場合 10000(10秒)が指定されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

use-body-encoding-for-uri (URIのエンコーディング)

URIのエンコーディングを行うかどうかを指定します。
デフォルトは false でエンコーディングを行いません。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

proxy-name (プロキシ名)

このコネクタがプロキシを利用する場合、そのプロキシのサーバ名を指定します。
デフォルト値はありません。

詳細:
request.getServerName() で返却されるサーバ名を指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

server-name (URLホスト名に設定するサーバ名)

クライアントに送信するURLのホスト名に設定されるサーバ名です

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

default-virtual-server (デフォルト仮想サーバ)

デフォルトの仮想サーバを指定します。

詳細:
この特定のコネクショングループに対する既定の仮想サーバの ID 属性です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

redirect-port (リダイレクト先ポート番号)

セキュアな接続が必要な URLアクセスが通常ポートに来た時のリダイレクト先ポート番号です

詳細:
セキュアな接続が必要な URL アクセスが通常ポートに来た時にリダイレクトするポート番号です。リダイレクト先の http-listener では「SSL の使用の有無」がチェックされている必要があります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-connections (最大接続数)

コネクションの最大接続数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connection-timeout (リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値)

リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値です (単位:ミリ秒、既定値:60000)

詳細:
クライアントからの接続要求を受け付けた後で、リクエストの URI を受け付けるまでの待ち時間を設定します。既定値は 60000(60秒)です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

upload-timeout-enabled (アップロードタイムアウト)

アップロード時のタイムアウトを行うかどうかを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

request-timeout-seconds (要求タイムアウト)

要求タイムアウト値を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

send-buffer-size-bytes (送信バッファサイズ)

リクエスト応答のバッファサイズを指定します。(単位:Byte)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

header-buffer-length-bytes (ヘッダーバッファー長)

リクエストの処理スレッドでリクエストデータを読み込む際に使うバッファのサイズを指定します。(単位:Byte)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-post-size-bytes (最大ポストサイズ)

POST メソッドで送られてくるデータの最大値を指定します。(単位:Byte)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

uri-encoding (URI エンコーディング)

URI のエンコードを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

version (バージョン)

使用するHTTPプロトコルのバージョン(AJP/1.3 等)を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

no-compression-user-agents (非圧縮ユーザエージェント)

圧縮を使用しないユーザーエージェントを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

restricted-user-agents (制限ユーザエージェント)

制限されたユーザエージェントを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dns-lookup-enabled (DNSルックアップ有無)

DNSルックアップを有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)

詳細:
DNSルックアップを行うかどうかを表します。Webアプリケーションで request.getRemoteHost() を使う場合には有効(true)にしてください。既定値は無効(false)です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

rcm-support-enabled (RCMサポート)

RCM サポートを行うかどうかを指定します。(既定値:false)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

trace-enabled (トレースメソッド有効化)

トレースメソッド有効化を行うかどうかを指定します。(既定値:false)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

xpowered-by (X-Powered-Byヘッダの有効化)

レスポンスヘッダに X-Powered-by を含めるかどうかを指定します。
true を指定した場合に X-Powered-by がレスポンスヘッダに追加されます。
デフォルト値はfalseです。

詳細:
この設定によってサーブレットのバージョンを含んだ X-Powered-by ヘッダをレスポンスに追加します。サーバに対して攻撃をしかけようとする攻撃者はサーブレットのバージョンを調べることで、そのバージョンに潜むセキュリティホールを攻撃することが容易になります。こうしたことを未然に防ぐためにこの設定は false にしておくことが望ましいです。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

scheme (スキーマ)

HTTP リクエストを処理する際のスキーマ(http または https)を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1