概要: 操作  詳細: 操作  索引

MO名称:
http-service -  HTTPリスナ、および仮想サーバを束ねるサービスです
定義:
ObjectName
{0}:type=http-service,config={1},category=config
CLIName
server.http-service
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

操作の概要
listHttpListeners (HTTPリスナーの取得)
HTTPリスナーを取得します
deleteSsl (HTTPリスナーのSSL設定の削除)
HTTPリスナーからSSL設定を削除します
setHttpFileCache (setHttpFileCache)
setHttpFileCache
createHttpListenerGUI (HTTPリスナーの追加)
HTTPリスナーを追加します
setConnectionPool (setConnectionPool)
setConnectionPool
listSipListeners (SIPリスナーの取得)
SIPリスナーを取得します
createSslGUI (HTTPリスナーのSSL設定)
HTTPリスナーのSSL設定をします
setHttpProtocol (setHttpProtocol)
setHttpProtocol
deleteHttpListener (HTTPリスナーの削除)
HTTPリスナーを削除します
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。
createVirtualServerGUI (仮想サーバの追加)
仮想サーバを追加します
deleteVirtualServer (仮想サーバの削除)
指定したIDを持つ仮想サーバを削除します
listVirtualServers (仮想サーバの取得)
仮想サーバを取得します


操作の詳細
listHttpListeners (HTTPリスナーの取得)

HTTPリスナーを取得します

詳細:
HTTPリスナーを取得します。
戻り値:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
target-name - java.lang.String
This value cannot be set up


deleteSsl (HTTPリスナーのSSL設定の削除)

HTTPリスナーからSSL設定を削除します

詳細:
HTTPリスナーからssl設定を削除する。
戻り値:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
id - java.lang.String
SSLが削除されるリスナーまたはサービスのID。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

type - java.lang.String
SSLが削除されるサービスまたはリスナーの種類。 種類はhttp-listenerです。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

target-name - java.lang.String
This value cannot be set up


setHttpFileCache (setHttpFileCache)

setHttpFileCache

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
value - com.nec.webotx.enterprise.config.serverbeans.HttpFileCache
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createHttpListenerGUI (HTTPリスナーの追加)

HTTPリスナーを追加します

詳細:
HTTPリスナを作成します。
戻り値:
javax.management.ObjectName
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
in-address - java.lang.String
The IP address on which to bind.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_port - java.lang.String
リスナソケットを作成するポート番号。有効な値は 1-65535です。UNIXで1-1024ポートで通信するソケットを作成するためにはスーパーユーザ権限が必要です。443ポートで通信するSSL通信ソケットを構成することを推奨します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-default-virtual-server - java.lang.String
ID attribute of the default virtual server for this particular connection group.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-server-name - java.lang.String
tells the server what to put in the host name section of any URLs it sends to the client. This affects URLs the server automatically generates; it doesn't affect the URLs for directories and files stored in the server. This name should be the alias name if your server uses an alias. If a colon and port number is appended, that port will be used in URLs that the server sends to the client.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-id - java.lang.String
listener ID of the HTTP listener.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-security-enabled - java.lang.Boolean
determines whether the HTTP listener runs SSL. You can turn SSL2 or SSL3 ON or OFF and set ciphers using an SSL element. The security setting globally enables or disables SSL by making certificates available to the server instance. Default is false.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-enabled - java.lang.Boolean
determines if the resource is enabled at runtime.Default is true.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-accept-count - java.lang.String
The maximum queue length for incoming connection requests when all possible request processing threads are in use. Any requests received when the queue is full will be refused. The default value is 10.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-connection-timeout - java.lang.String
The number of milliseconds this Connector wil wait, after accepting a connection, for the request URI line to be presented. The default value is 60000 (i.e. 60 seconds).
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-buffer-size - java.lang.String
The size (in bytes) of the buffer to be provided for input streams created by this connector. By default, buffers of 2048 bytes will be provided.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-enable-lookups - java.lang.Boolean
Set to true if you want calls to request.getRemoteHost() to perform DNS lookups in order to return the actual host name of the remote client. Set to false to skip the DNS lookup and return the IP address in String form instead (thereby improving performance). By default, DNS lookups are disable.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-min-processors - java.lang.String
The number of request processing threads that will be created when this Connector is first started. The default value is 5.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-max-processors - java.lang.String
The maximum number of request processing threads to be created by this Connector. The default value is 100.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-limit-processors - java.lang.String
The number of request processing threads that Web Container check out.The default value is 80.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-protocol - java.lang.String
This attribute value must be HTTP/1.1 to use the HTTP handler, which is the default.
値の有効範囲:
HTTP/1.1  HTTP/1.1
AJP/1.3  AJP/1.3
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

props - java.util.Properties
この値は設定できません

target-name - java.lang.String
This value cannot be set up


setConnectionPool (setConnectionPool)

setConnectionPool

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
value - com.nec.webotx.enterprise.config.serverbeans.ConnectionPool
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


listSipListeners (SIPリスナーの取得)

SIPリスナーを取得します

詳細:
SIPリスナーを取得します。
戻り値:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3
引数:
target-name - java.lang.String
This value cannot be set up


createSslGUI (HTTPリスナーのSSL設定)

HTTPリスナーのSSL設定をします

詳細:
HTTPリスナーのSSL設定
戻り値:
javax.management.ObjectName
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
in-cert-nickname - java.lang.String
nickname of the server certificate in the certificate database or the PKCS#11 token. In the certificate, the name format is tokenname:nickname. Including the tokenname: part in this attribute is optional.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-ssl2-enabled - java.lang.Boolean
determines whether SSL2 is enabled. Default is false.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-ssl2-ciphers - java.lang.String
a comma separated list of the SSL2 ciphers used. Use the prefix + to enable or - to disable. Allowed values are: rc4, rc4export, rc2, rc2export, idea, des, desede3. If no value is specified, all supported ciphers are assumed to be enabled.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-ssl3-enabled - java.lang.Boolean
determines whether SSL3 is enabled. Default is true.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-ssl3-tls-ciphers - java.lang.String
a comma separated list of the SSL3 ciphers used. Use the prefix + to enable or - to disable. Allowed values are: rsa_rc4_128_md5, rsa3des_sha, rsa_des_sha, rsa_rc4_40_md5, rsa_rc2_40_md5, rsa_null_md5. Allowed TSL values are: rsa_des_56_sha, rsa_rc4_56_sha. If no value is specified, all supported ciphers are assumed to be enabled.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-tls-enabled - java.lang.Boolean
determines whether TLS is enabled. Default is false.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-tls-rollback-enabled - java.lang.Boolean
determines whether TLS rollback is enabled. TLS rollback should be enabled for Microsoft Internet Explorer 5.0 and 5.5. Default is false.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-client-auth-enabled - java.lang.Boolean
determines whether SSL3 client authentication is performed on every request independent of ACL-based access control. Default is false.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-id - java.lang.String
the ID of the listener or service that the SSL is created for.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-type - java.lang.String
type of service or listener that the SSL is created for. The type can be: http-listener.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

target-name - java.lang.String
This value cannot be set up


setHttpProtocol (setHttpProtocol)

setHttpProtocol

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
value - com.nec.webotx.enterprise.config.serverbeans.HttpProtocol
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteHttpListener (HTTPリスナーの削除)

HTTPリスナーを削除します

詳細:
HTTPリスナーを削除します。
戻り値:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
listener-id - java.lang.String
listener ID of the HTTP listener.
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

target-name - java.lang.String
This value cannot be set up


getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createVirtualServerGUI (仮想サーバの追加)

仮想サーバを追加します

詳細:
指定された仮想サーバを作成します。アプリケーションサーバの仮想化により、複数のホストアドレス上で通信している同一のHTTPサーバプロセスによって複数のURLドメインを割り当てることが出来ます。アプリケーションが2つの仮想サーバで利用される場合、同一の物理リソースプールを共有します。
戻り値:
javax.management.ObjectName
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
in-id - java.lang.String
作成される仮想サーバに対する唯一のIDです。この仮想サーバIDは数字で始めてはいけません。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-hosts - java.lang.String
現在の仮想サーバを選択するためのホストリクエストヘッダの中で有効な値のカンマ(,)区切りの一覧です。同じコネクショングループへ構成される各々の仮想サーバはそのグループで唯一のホスト値を持たなければいけません。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-state - java.lang.String
仮想サーバが有効(on)か無効(off または disabled)かの指定です。既定値は有効(on)です。無効の場合、その仮想サーバはリクエストを処理しません。
値の有効範囲:
on 
off 
disabled 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-network-listeners - java.lang.String
ネットワークリスナIDのカンマ(,)区切りの一覧です。デフォルト仮想サーバでない仮想サーバに対してのみ必要とされます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-default-web-module - java.lang.String
デフォルトでこの仮想サーバと関連するWebモジュールです
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in-log-file - java.lang.String
ログが書かれているファイルの名称です

props - java.util.Properties
仮想サーバに設定するための任意の属性名/値のセットです
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteVirtualServer (仮想サーバの削除)

指定したIDを持つ仮想サーバを削除します

詳細:
指定された仮想サーバIDを持つ仮想サーバを削除します。
戻り値:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
id - java.lang.String
作成される仮想サーバに対する唯一のIDです。この仮想サーバIDは数字で始めてはいけません。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


listVirtualServers (仮想サーバの取得)

仮想サーバを取得します

詳細:
全仮想サーバ設定を取得します
戻り値:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし