概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
http-listener -  HTTPリクエスト処理用リスナです
定義:
ObjectName
{0}:type=http-listener,id={2},config={1},category=config
CLIName
server.http-service.http-listener.{2}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
enabled (活性状態)
リスナの活性状態を表します。
redirect-port (リダイレクト先ポート番号)
セキュアな接続が必要な URLアクセスが通常ポートに来た時のリダイレクト先ポート番号です
buffer-size (リクエスト処理用入力ストリームのバッファサイズ)
リクエスト処理用入力ストリームのバッファサイズです (単位:Byte、既定値:2048)
accept-count (リクエスト受け付け用ソケットのバックログ)
リクエスト受け付け用ソケットのバックログ値です (既定値:60)
proxy-port (Processor Cache)
ServerPort of proxy configuration
server-name (URLホスト名に設定するサーバ名)
クライアントに送信するURLのホスト名に設定されるサーバ名です
enable-lookups (DNSルックアップ有無)
DNSルックアップを有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)
keep-alive-timeout (Keep Alive TimeOut)
The number of milliseconds this Connector will wait for another HTTP request before closing the connection.
processor-cache (Processor Cache)
The protocol handler caches Processor objects to speed up performance.
min-spare-threads (Min Spare Threads)
The minimum number of threads always kept running.
xpowered-by (X-Powered-By ヘッダ付加の有無)
レスポンスに X-Powered-By ヘッダを付加するかどうかを表します
async-timeout (Async Timeout)
The default timeout for asynchronous requests in milliseconds.
max-connections (Max Connections)
The maximum number of connections that the server will accept and process at any given time. When this number has been reached, the server will not accept any more connections until the number of connections falls below this value.
min-processors (最小プロセッサ数)
ドメイン起動時に生成するプロセッサ数です (既定値:5)
security-enabled (SSLの使用の有無)
SSLを利用したセキュアな通信を有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)
protocol (扱うプロトコル)
リスナが扱うプロトコルです。AJP/1.3 は外部の Webサーバと連携する時に使用するプロトコルです (既定値:'HTTP/1.1')
tcp-no-delay (TCP No Delay)
If set to true, the TCP_NO_DELAY option will be set on the server socket, which improves performance under most circumstances.
max-processors (最大プロセッサ数)
リクエストに応じて生成するプロセッサの最大数です (既定値:100)
connection-timeout (リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値)
リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値です (単位:ミリ秒、既定値:60000)
acceptor-threads (受信スレッド数)
リクエスト受け付け用のスレッド数です (既定値:1)
default-virtual-server (仮想サーバ名)
リスナに関連付けされた仮想サーバ名です
bind-on-init (Bind ON Init)
Controls when the socket used by the connector is bound. By default it is bound when the connector is initiated and unbound when the connector is destroyed.
port (ポート番号)
リクエスト受け付け用ポート番号です
proxy-name (Proxy Name)
ServerName of proxy configuration
thread-priority (Thread Priority)
The priority of the request processing threads within the JVM.
address (バインドするサーバのアドレス)
複数アドレスを持つサーバで、特定のアドレスに対するリクエストのみ許可したい場合に指定します
id (識別名)
リスナの識別用名です
executor (Executor Name)
A reference to the name in an Executor element.
parse-body-methods (Parse Body Methods)
A comma-separated list of HTTP methods for which request bodies will be parsed for request parameters identically to POST.
limit-processors (プロセッサ数警告のしきい値)
プロセッサ数警告のしきい値です (既定値:80)
connection-linger (Connection Linger)
The number of seconds during which the sockets used by this Connector will linger when they are closed. If not specified, the JVM default will be used.

操作の概要
deleteHttpListener (HTTPリスナーの削除)
HTTPリスナーを削除します
propertyName (propertyName)
Property name
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。


属性の詳細
enabled (活性状態)

リスナの活性状態を表します。

詳細:
リスナの活性状態を表します。ただし、仮想サーバ名が __otxadmin のリスナを無効にした場合は、運用管理コンソールが利用できなくなるため、 起動時に警告のログを出力します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

redirect-port (リダイレクト先ポート番号)

セキュアな接続が必要な URLアクセスが通常ポートに来た時のリダイレクト先ポート番号です

詳細:
セキュアな接続が必要な URLアクセスが通常ポートに来た時にリダイレクトする http-listener のポート番号です。リダイレクト先の http-listener では「SSLの使用の有無」がチェックされている必要があります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

buffer-size (リクエスト処理用入力ストリームのバッファサイズ)

リクエスト処理用入力ストリームのバッファサイズです (単位:Byte、既定値:2048)

詳細:
コネクタで入力に利用するバッファのサイズです。既定値は2048(バイト)です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

accept-count (リクエスト受け付け用ソケットのバックログ)

リクエスト受け付け用ソケットのバックログ値です (既定値:60)

詳細:
コネクションリクエストを受け付けて待ち合わせをおこなうキューの長さを指定します。このキューがいっぱいになるとリクエストを拒否します。既定値は60です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

proxy-port (Processor Cache)

ServerPort of proxy configuration

詳細:
If this Connector is being used in a proxy configuration, configure this attribute to specify the server port to be returned for calls to request.getServerPort().
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

server-name (URLホスト名に設定するサーバ名)

クライアントに送信するURLのホスト名に設定されるサーバ名です

詳細:
サーバが自動的に生成する URLのホスト名に設定されるサーバ名です。サーバに格納されているディレクトリやファイルの URL には影響しません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enable-lookups (DNSルックアップ有無)

DNSルックアップを有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)

詳細:
DNSルックアップを行うかどうかを表します。Webアプリケーションでrequest.getRemoteHost()をつかう場合には有効(true)にしてください。既定値は無効(false)です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

keep-alive-timeout (Keep Alive TimeOut)

The number of milliseconds this Connector will wait for another HTTP request before closing the connection.

詳細:
The number of milliseconds this Connector will wait for another HTTP request before closing the connection. The default value is to use the value that has been set for the connectionTimeout attribute. Use a value of -1 to indicate no (i.e. infinite) timeout.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

processor-cache (Processor Cache)

The protocol handler caches Processor objects to speed up performance.

詳細:
The protocol handler caches Processor objects to speed up performance. This setting dictates how many of these objects get cached. -1 means unlimited,
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

min-spare-threads (Min Spare Threads)

The minimum number of threads always kept running.

詳細:
The minimum number of threads always kept running.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

xpowered-by (X-Powered-By ヘッダ付加の有無)

レスポンスに X-Powered-By ヘッダを付加するかどうかを表します

詳細:
レスポンスにServletバージョンを含む X-Powered-By ヘッダを付加します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

async-timeout (Async Timeout)

The default timeout for asynchronous requests in milliseconds.

詳細:
The default timeout for asynchronous requests in milliseconds.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-connections (Max Connections)

The maximum number of connections that the server will accept and process at any given time. When this number has been reached, the server will not accept any more connections until the number of connections falls below this value.

詳細:
The maximum number of connections that the server will accept and process at any given time. When this number has been reached, the server will not accept any more connections until the number of connections falls below this value. The operating system may still accept connections based on the acceptCount setting. Default value varies by connector type. For BIO the default is the value of maxThreads.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

min-processors (最小プロセッサ数)

ドメイン起動時に生成するプロセッサ数です (既定値:5)

詳細:
このコネクタがスタートしたときに生成するプロセッサの数を指定します。ここで設定したプロセッサ数が最小のプロセッサ数になります。 既定値は5です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

security-enabled (SSLの使用の有無)

SSLを利用したセキュアな通信を有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)

詳細:
HTTPリスナーがSSLで動作するかどうかを決めます。SSL2またはSSL3をONまたはOFFする事ができ、SSL設定を使って暗号を設定できます。サーバインスタンスに利用可能な証明書を作成することによってセキュリティ設定でSSLが使用可能または使用不可能になります。既定値は無効(false)です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

protocol (扱うプロトコル)

リスナが扱うプロトコルです。AJP/1.3 は外部の Webサーバと連携する時に使用するプロトコルです (既定値:'HTTP/1.1')

詳細:
リスナが扱うプロトコルです。'HTTP/1.1'および'AJP/1.3'を指定できます。HTTP/1.1は内蔵Webサーバでhttpおよびhttpsを利用する時に使用するプロトコルです。 AJP/1.3 は外部の Webサーバと連携する時に使用するプロトコルです。既定値は'HTTP/1.1'です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
HTTP/1.1  HTTP/1.1
AJP/1.3  AJP/1.3
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

tcp-no-delay (TCP No Delay)

If set to true, the TCP_NO_DELAY option will be set on the server socket, which improves performance under most circumstances.

詳細:
If set to true, the TCP_NO_DELAY option will be set on the server socket, which improves performance under most circumstances.
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-processors (最大プロセッサ数)

リクエストに応じて生成するプロセッサの最大数です (既定値:100)

詳細:
このコネクタが生成する最大プロセッサの数を指定します。ここで設定したプロセッサ数が同時処理数の上限になります。既定値は100です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connection-timeout (リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値)

リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値です (単位:ミリ秒、既定値:60000)

詳細:
クライアントからの接続要求を受け付けた後で、リクエストのURIを受け付けるまでの待ち時間を設定します。既定値は60000(60秒)です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

acceptor-threads (受信スレッド数)

リクエスト受け付け用のスレッド数です (既定値:1)

詳細:
リクエスト受け付け用のスレッド数を指定します。
リクエスト処理スレッド数を設定するには、「リクエスト処理」の「スレッド数」を設定してください。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

default-virtual-server (仮想サーバ名)

リスナに関連付けされた仮想サーバ名です

詳細:
この特定のコネクショングループに対する既定の仮想サーバのID属性です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

bind-on-init (Bind ON Init)

Controls when the socket used by the connector is bound. By default it is bound when the connector is initiated and unbound when the connector is destroyed.

詳細:
Controls when the socket used by the connector is bound. By default it is bound when the connector is initiated and unbound when the connector is destroyed. If set to false, the socket will be bound when the connector is started and unbound when it is stopped.
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

port (ポート番号)

リクエスト受け付け用ポート番号です

詳細:
リクエスト受け付け用ポート番号です。有効な値は 1-65535です。UNIXで1-1024ポートで通信するソケットを作成するためにはスーパーユーザ権限が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

proxy-name (Proxy Name)

ServerName of proxy configuration

詳細:
If this Connector is being used in a proxy configuration, configure this attribute to specify the server name to be returned for calls to request.getServerName().
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

thread-priority (Thread Priority)

The priority of the request processing threads within the JVM.

詳細:
The priority of the request processing threads within the JVM. The default value is java.lang.Thread#NORM_PRIORITY.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

address (バインドするサーバのアドレス)

複数アドレスを持つサーバで、特定のアドレスに対するリクエストのみ許可したい場合に指定します

詳細:
複数アドレスを持つサーバで、特定のアドレスに対するリクエストのみ許可したい場合に指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

id (識別名)

リスナの識別用名です

詳細:
一意のリスナ名で、仮想サーバのリスナに指定します。先頭の文字には数字は使えません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

executor (Executor Name)

A reference to the name in an Executor element.

詳細:
A reference to the name in an Executor element. If this attribute is set, and the named executor exists, the connector will use the executor, and all the other thread attributes will be ignored. Note that if a shared executor is not specified for a connector then the connector will use a private, internal executor to provide the thread pool.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

parse-body-methods (Parse Body Methods)

A comma-separated list of HTTP methods for which request bodies will be parsed for request parameters identically to POST.

詳細:
A comma-separated list of HTTP methods for which request bodies will be parsed for request parameters identically to POST. This is useful in RESTful applications that want to support POST-style semantics for PUT requests.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

limit-processors (プロセッサ数警告のしきい値)

プロセッサ数警告のしきい値です (既定値:80)

詳細:
警告を行うプロセッサ数の閾値を設定します。ここで設定したプロセッサ数を超えると通知を行います。既定値は80です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connection-linger (Connection Linger)

The number of seconds during which the sockets used by this Connector will linger when they are closed. If not specified, the JVM default will be used.

詳細:
The number of seconds during which the sockets used by this Connector will linger when they are closed. If not specified, the JVM default will be used.
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
deleteHttpListener (HTTPリスナーの削除)

HTTPリスナーを削除します

詳細:
HTTPリスナーを削除します。
戻り値:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
listenerId - java.lang.String
HTTPリスナーのリスナーIDです
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

targetName - java.lang.String
この値は設定できません


propertyName (propertyName)

Property name

詳細:
Property name
戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1