概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
data-pre-load
定義:
ObjectName
{0}:type=data-pre-load,config={1},category=config,persistence-unit={2},name={3}
CLIName
server.persistence-service.data-pre-loads.persistence-unit.{2}.data-pre-load.{3}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (エンティティ名)
エンティティ名を示します。
entity-fqcn (エンティティ名(完全修飾名))
エンティティの完全修飾名(FQCN)を示します。
data-pre-load-enabled (データプリロード対象)
データプリロードの対象エンティティか指定します。(既定値:false(対象としない))
distribute-preload-enabled (分散環境下でデータプリロードを実行)
分散環境でデータプリロードを行うか指定します。(既定値:false(行わない))
target-entity (プリロード対象エンティティID指定方法)
エンティティIDによる読込データの対象を指定します。(既定値:全て)
target-entity-id (プリロード対象エンティティID)
エンティティIDを指定します。プリロード対象エンティティID指定方法が「任意」の時のみ有効です。
max-read-count (最大読み込み件数)
このエンティティでプリロード可能なデータ件数を指定します。(既定値:1000)
transition-threshold (読み込み待ち合わせ時間)
次のエンティティの読み込み処理開始までの時間を指定します。(単位:秒、既定値:60)
synchronous-timeout (同期タイムアウト)
読込処理のタイムアウト時間を指定します。(単位:秒、既定値:60秒)
priority (優先度)
プリロードの優先順位を指定します。数値が小さいほど優先度が高くなります。(既定値:100)
data-pre-load-status (プリロードの状態)
データプリロードの状態が示されます。


属性の詳細
name (エンティティ名)

エンティティ名を示します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

entity-fqcn (エンティティ名(完全修飾名))

エンティティの完全修飾名(FQCN)を示します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

data-pre-load-enabled (データプリロード対象)

データプリロードの対象エンティティか指定します。(既定値:false(対象としない))

詳細:
データプリロードの対象エンティティか指定します。

true:対象とする。
false:対象としない。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

distribute-preload-enabled (分散環境下でデータプリロードを実行)

分散環境でデータプリロードを行うか指定します。(既定値:false(行わない))

詳細:
分散環境でデータプリロードを行うか指定します。

true:行う。
false:行わない。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

target-entity (プリロード対象エンティティID指定方法)

エンティティIDによる読込データの対象を指定します。(既定値:全て)

詳細:
エンティティIDによる読込データの指定をします。

全て:全てのエンティティIDを読み込みます。
ランキング順:「最大読み込み件数」の件数、ランキング順に読み込みます。
任意:指定されたエンティティIDを読み込みます。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
ALL  すべて
RANKING  ランキング順
OTHER  任意
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

target-entity-id (プリロード対象エンティティID)

エンティティIDを指定します。プリロード対象エンティティID指定方法が「任意」の時のみ有効です。

詳細:
エンティティIDを指定します。
複数のエンティティIDを指定する場合は、セパレータとして",(カンマ)"で区切ります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-read-count (最大読み込み件数)

このエンティティでプリロード可能なデータ件数を指定します。(既定値:1000)

詳細:
このエンティティでプリロード可能なデータ件数を指定します。
正の整数を指定します。
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

transition-threshold (読み込み待ち合わせ時間)

次のエンティティの読み込み処理開始までの時間を指定します。(単位:秒、既定値:60)

詳細:
次のエンティティの読み込み処理開始までの時間を指定することができます。「プリロードの読み込みモード」が「非同期」の場合有効です
有効な値は、0 またはそれ以上の整数です。
0を指定した場合は、直ちに次のエンティティ読み込み処理を開始します。
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

synchronous-timeout (同期タイムアウト)

読込処理のタイムアウト時間を指定します。(単位:秒、既定値:60秒)

詳細:
読込処理のタイムアウト時間を指定します。有効な値は、0 またはそれ以上の整数です。
0を指定した場合は、遅延せずに読み込みを開始します。
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

priority (優先度)

プリロードの優先順位を指定します。数値が小さいほど優先度が高くなります。(既定値:100)

詳細:
プリロードの優先順位を指定します。数値が小さいほど優先度が高くなります。
正の整数を指定します。
型:
java.lang.Integer
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

data-pre-load-status (プリロードの状態)

データプリロードの状態が示されます。

型:
java.util.List
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1