概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
application -  アプリケーションです。
定義:
ObjectName
{0}:type=application,name={1},category=config
CLIName
domain.applications.application.{1}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (アプリケーション名)
アプリケーション名です。
enabled (アプリケーションの有効化)
アプリケーションの有効/無効を指定します。(既定値:true)
description (アプリケーションの説明)
このアプリケーションの説明です。
location (アプリケーション格納先)
アプリケーション格納先です。
libraries (ライブラリ)
ライブラリJARファイルの絶対パス、相対パスを指定します。
directory-deployed (ディレクトリからの配備)
ディレクトリからの配備かどうかを表します。(既定値:false)
object-type (アプリケーションタイプ)
アプリケーションのタイプを表します。
hotswap-enabled (ホットスワップの有効化)
このアプリケーションに対するホットスワップの有効/無効を指定します。(既定値:false)


属性の詳細
name (アプリケーション名)

アプリケーション名です。

詳細:
アプリケーション名です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enabled (アプリケーションの有効化)

アプリケーションの有効/無効を指定します。(既定値:true)

詳細:
ドメインの起動時あるいはプロセスグループ起動時にアプリケーションをロードするかどうかを指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

description (アプリケーションの説明)

このアプリケーションの説明です。

詳細:
このアプリケーションの説明です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

location (アプリケーション格納先)

アプリケーション格納先です。

詳細:
アプリケーションの格納先です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

libraries (ライブラリ)

ライブラリJARファイルの絶対パス、相対パスを指定します。

詳細:
相対パスは、<ドメインディレクトリ>/lib/applibsからの相対パスを指定します。複数のパスを指定する場合、'',''を区切り文字として使用します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

directory-deployed (ディレクトリからの配備)

ディレクトリからの配備かどうかを表します。(既定値:false)

詳細:
ディレクトリから配備されたかどうかを表しています。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

object-type (アプリケーションタイプ)

アプリケーションのタイプを表します。

詳細:
アプリケーションのタイプを表します。''system-''で始まる値はWebOTXが管理しているシステムアプリケーションです。値''user''はユーザが配備した通常のアプリケーションです。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

hotswap-enabled (ホットスワップの有効化)

このアプリケーションに対するホットスワップの有効/無効を指定します。(既定値:false)

詳細:
このアプリケーションに対してホットスワップを有効にするかどうかを指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1