6.9. Dojoを利用するポートレット

6.9.1. 概要

Dojoを利用するポートレットサンプルです。
DojoのDijit部品の表示、振る舞いについて確認することができます。


図6.9.1-1

6.9.1.1. 作成の流れ:

  1. ポートレットプロジェクトウィザードを利用し、プロジェクトを作成
  2. ポートレットウィザードを利用し、ポートレットを作成
  3. JSPファイルに、スニペットビューからDojo部品のスニペットを追加

6.9.2. 構成

表6.9.2-1
ファイル名 説明
DojoSample.zip Dojoを利用するポートレット

6.9.3. 実行手順

実行環境の構築を行い、サンプルを実行します。実行後には環境のクリアを行います。
ポートレット実行以外の手順の詳細については6.1. シンプルポートレット の実行手順を参照してください。

6.9.3.1. 配備

DojoSample.zipをインポートして、ポータルサーバへの配備を行います。

6.9.3.2. ポートレット追加

DojoSampleポートレットをポータルへ追加します。

6.9.3.3. ポートレット実行

  1. ポートレットがページに追加されると、氏名と生年月日を入力するテキストボックスが表示される。


    図6.9.3.3-1

  2. 生年月日のテキストボックスをクリックし、表示されるカレンダーの日付をクリックする。


    図6.9.3.3-2

  3. 選択した日付の情報が生年月日テキストボックスに入力される。


    図6.9.3.3-3

6.9.3.4. ポートレット削除

追加したポートレットをポータルから削除します。

6.9.3.5. 配備解除

配備したアプリケーションを配備解除します。

6.9.4. 関連トピック

2.23. スニペット 一覧

6.9.5. 注意事項

特になし。