6.3. ポートレットイベント

6.3.1. 概要

イベントを利用してポートレット間連携を行うサンプルです。
テキストボックスに入力した内容をほかのポートレットに受け渡す方法について確認することができます。


図6.3.1-1

6.3.1.1. 作成の流れ:

  1. ポートレットプロジェクトウィザードを利用し、プロジェクトを作成
  2. ポートレットウィザードを利用し、顧客情報ポートレット、伝票検索ポートレット、在庫検索ポートレットを作成
  3. ポートレット間連携定義エディタを開き、上記で作成した三つのポートレットを追加
  4. 顧客情報ポートレットに送信イベントを追加
  5. 顧客情報ポートレットに送信イベントの処理を生成
  6. 顧客情報ポートレットから伝票検索ポートレットにイベントを連携
  7. 伝票検索ポートレットに受信イベントの処理を生成
  8. 伝票検索ポートレットに送信イベントを追加
  9. 伝票検索ポートレットに送信イベントの処理を生成
  10. 伝票検索ポートレットから在庫検索ポートレットにイベントを連携
  11. 在庫検索ポートレットに受信イベントを生成
  12. 各ポートレットのJSPファイルに、連携したイベントの値をUI上で入力、出力するコードを作成

6.3.2. 構成

表6.3.2-1
ファイル名 説明
EventPortlet.zip 新規に作成したポートレットイベント

6.3.3. 実行手順

実行環境の構築を行い、サンプルを実行します。実行後には環境のクリアを行います。
ポートレット実行以外の手順の詳細については6.1. シンプルポートレット の実行手順を参照してください。

6.3.3.1. 配備

EventPortlet.zipをインポートして、ポータルサーバへの配備を行います。

6.3.3.2. ポートレット追加

CustomerPortletVoucherPortletStockPortletポートレットをポータルへ追加します。

6.3.3.3. ポートレット実行

  1. ポートレットが表示されたら、CustomerPortlet ポートレットに顧客名 John を入力して、 検索 をクリックします。


    図6.3.3.3-1


  2. 入力した値がVoucherPortlet ポートレットにイベントで連携され、VoucherPortlet ポートレットの顧客名に John が表示されます。
    VoucherPortlet ポートレットに伝票番号 001 を入力して、 検索 をクリックします。


    図6.3.3.3-2


  3. 入力した値がStockPortlet ポートレットにイベントで連携され、StockPortlet ポートレットの伝票番号に 001 が表示されます。


    図6.3.3.3-3


6.3.3.4. ポートレット削除

追加したポートレットをポータルから削除します。

6.3.3.5. 配備解除

配備したアプリケーションを配備解除します。

6.3.4. 関連トピック

2.8. イベント/パブリックレンダーパラメータを利用したポートレット間連携の作成

6.3.5. 注意事項

特になし。