はじめに

本書では、WebOTX Portal Serverのアプリケーションの開発で使用するツールについて説明します。

対象読者

本書はWebOTX Portal Serverを使用する次の方を対象としています。

表記について

パス名表記

本書ではパス名の表記については特にOSを限定しない限りセパレータはスラッシュ’/’で統一しています。Windows環境においては’\’に置き換えてください。

環境変数表記

インストールディレクトリやドメインルートディレクトリなど環境によって値の異なるものについては環境変数を用いて表します。
${env} または $(env)で表しています。
例)
${AS_INSTALL} : インストールディレクトリ
${INSTANCE_ROOT}: ドメインルートディレクトリ

コマンド操作について

本書中では運用操作に用いるコマンドの詳細についての説明は省略しています。 コマンドの詳細は[ リファレンス集 共通 > 4. 運用管理コマンドリファレンス]を参照してください。

本書の構成

1. チュートリアル
チュートリアルについて説明します。
2. プログラミング・開発ガイド
プログラミング・開発ガイドについて説明します。
3. デバッグ
デバッグについて説明します。
4. 開発時のトラブルシューティング
開発時のトラブルシューティングについて説明します。
5. 注意制限事項
注意制限事項について説明します。
6. サンプル集
サンプル集です。