3. アンインストール

本章では、WebOTXのアンインストール方法について説明します。

3.1. アンインストール前の作業

アンインストールを行う前に行う作業はOSごとに異なります。

3.1.1. Windows
3.1.2. Linux

3.1.1. Windows

この作業が終わったら「 3.2. アンインストール作業」に進みます。

3.1.2. Linux

  1. Coherence for WebOTX を利用しているすべてのWebOTX Application Serverを停止します。
    WebOTX Application Server がインストールされているマシンに、rootユーザもしくはWebOTX運用管理ユーザでログインし、次のコマンドを実行してドメインを停止してください。
    root> /opt/WebOTX/bin/otxadmin stop-domain WebOTXAdmin
  2. キャッシュサーバの停止
    ※Ctrl-Cキーを押すことにより停止します。
この作業が終わったら「 3.2. アンインストール作業」に進みます。

3.2. アンインストール作業

Coherence for WebOTXをアンインストールする手順について各々のOSごとに説明します。

3.2.1. Windows
3.2.2. Linux

3.2.1. Windows

本節では、Windows版の Coherence for WebOTX のアンインストールについて説明します。

  1. コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールする製品を選択し「変更」ボタンを押します。
    この他に、WebOTX DVD-ROM をDVD-ROMドライブに挿入して各製品のインストーラを起動することでアンインストールを始められます。
     
  2. Windowsインストーラが起動し、「インストール準備中」というメッセージが表示されたあと、次の画面が表示されます。「次へ」ボタンを押してください。

    アンインストール完了画面
     
  3. [プログラムの保守]画面が表示されます。
    アンインストールを行うために「削除」を選択し「次へ」ボタンを押します。プログラムの修復を行う場合には「修復」を選択します。

    プログラムの保守画面
     
  4. [プログラムの削除]画面が表示されます。「削除」ボタンを押して、ファイルの削除を開始します。

    削除オプション画面
     
  5. [アンインストールしています]画面が表示され、ファイルの削除が始まります。削除が終了するまで時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

    アンインストール中の画面
     
  6. 次の画面が表示されたら、アンインストールは完了です。「完了」ボタンを押します。

    アンインストール開始画面

3.2.2. Linux

本節では、Coherence for WebOTXのアンインストール方法について説明します。

  1. ログイン名 root でログインします。
    login: root
  2. Coherence for WebOTXのアンインストールスクリプトの格納ディレクトリへ移動してください。
    root> cd /opt/share.nec/bin
    Caution
    Coherence for WebOTXのインストール先を変更した場合は /opt/share.necを/opt/share.nec/v94に読み替えてください。
  3. アンインストール・スクリプトを実行します。
    root> ./OTXCOHEUNIN.SH
  4. アンインストール確認画面が表示されます。
    ## Executing Coherence for WebOTX V9.4 Uninstall script.
    ************************************************************************
    * Uninstallation of Coherence for WebOTX V9.4 on your computer.        *
    * To continue, input y. Input q to exit the uninstall. [y, q]          *
    ************************************************************************
    

    アンインストールを開始するには「y」を入力してください。 キャンセルするには「q」を入力してください。

    キャンセルした場合にはアンインストール・スクリプトが終了します。 再実行する場合は、再度アンインストール・スクリプトの実行から行ってください。

  5. Coherence for WebOTXのパッケージがアンインストールされ、アンインストールが完了すると以下のメッセージが表示されます。
    ※他のWebOTX製品のアンインストールは行いません。
    Notice:
      WebOTX main part is not uninstalled by this script.
      Please read WebOTX manual about it.
    
    
    Uninstallation succeeded.
  6. 登録済のCoherence for WebOTXのライセンスの数を確認します。
    root> /opt/share.nec/bin/OTXLChk
    150:Coherence for WebOTX 9.4 (* xLicense)
    

    上記表示の'x'の箇所にライセンス数が表示されます。

  7. Coherence for WebOTXのライセンス数分以下のコマンドを実行して、ライセンスを削除します。
    root> /opt/share.nec/bin/OTXLDel 150
    Caution
    Coherence for WebOTXのインストール先を変更した場合は /opt/share.necを/opt/share.nec/v94に読み替えてください。
  8. Coherence for WebOTX以外にWebOTX製品をインストールしていない場合のみ、ライセンスチェッカをアンインストールします。
    root> rpm -e OTX94UTIL
    Caution
    他のWebOTX製品をインストールしている場合、ライセンスチェッカのアンインストールは決して行わないでください。
    ※他のWebOTX製品のライセンスが削除され、ライセンスチェックの再インストールとWebOTX製品のライセンスの再登録が必要となります。

3.3. アンインストール後の作業

特にありません。