1. 使用上の条件

本章では、WebOTX Clusterを利用するために必要なメモリ容量、固定ディスク空き容量などのハードウェア・リソースと、動作対象オペレーティング・システムやJavaなどのソフトウェアについて説明します。

1.1. 必要リソース

ここでは、WebOTX Clusterをインストールするために必要な固定ディスク空き容量と、インストール中、およびインストール後の初期動作で必要なメモリ容量について説明します。

下記に示すメモリ容量は、インストール時に既定値を選択して動作させた場合を表しています。

ハード ディスク容量は、選択インストール可能な機能やプロダクトを全てインストールした場合を表しています。 ただし、J2SE SDKなどの関連ソフトウェアのディスク消費量は含まれていません。

プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86 最小 256 MB、推奨 512 MB以上(※1) 200 MB(※2)
Windows - Intel 64 最小 512 MB、推奨 1 GB以上(※1)
HP-UX - Itanium 最小 512 MB、推奨 768 MB以上(※1) 300 MB(※2)
Linux - Intel x86
Linux - Intel 64
最小 512 MB、推奨 768 MB以上(※1) 200 MB(※2)

※1:分散管理サーバのコンポーネントリポジトリにコンポーネントを登録した場合、1コンポーネントあたり、おおよそ50KByteのメモリを使用します。 また、1配備構成あたりのおおよそメモリ使用量は、以下の計算式で算出できます。

(配備構成内の配備先サーバ数 × 50) + (配備構成内のコンポーネント数 × 50)+ 150 KByte

※2:分散管理サーバを利用する場合、コンポーネントリポジトリへ登録するコンポーネントのサイズの合計と、一度に配備を行うコンポーネント数のサイズの合計以上の空き容量が必要となります。

1.2. ソフトウェア条件について

サポートするオペレーティング・システム(OS)とハードウェア、および、利用するために必要な関連ソフトウェアについて説明します。

1.2.1. オペレーティング・システム

動作対象であるオペレーティング・システムとハードウェアは、WebOTX Application Server (WebOTX AS) と同様です。 WebOTX ASに記載される項目[ セットアップガイド > 1. 使用上の条件 > 1.2. ソフトウェア条件について > 1.2.1. オペレーティング・システム ]を参照してください。

1.2.2. Java 2 SDK, Standard Edition

本製品は、実行時にJava™ 2 Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。 サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

適用するJ2SE SDKバージョンの注意・制限事項や動作対象OSに関しては、WebOTX ASの記載 [ セットアップガイド > 1. 使用上の条件 > 1.2. ソフトウェア条件について > 1.2.2. Java 2 SDK, Standard Edition ] を参照してください。