BS240300000 - BS240399999

WebOTX Batch Serverのコマンド処理に関するメッセージです。

メッセージID一覧

メッセージID一覧表 BS240300000 - BS240399999
ID メッセージ
BS240319103 不正なドメインのインタフェースにアクセスしています
BS240320101 不正なコマンドスクリプトです。
BS240320102 {0} というサブコマンドは存在しません。
BS240320103 コマンド解析エラーです :- {0}
BS240320104 コマンド実行エラーです : {0}
BS240320105 {0} は排他オプションです。 すでに{1}が指定されています。
BS240320106 {0} のオプション引数が指定されていません。
BS240320107 必須オプションが指定されていません : {0}
BS240320108 不正なオプションです : {0}
BS240320109 "{0}" は {1}({2}) に設定できません。
BS240320110 引数の検証エラーです :- {0}
BS240320111 例外が発生しました。
BS240320112 Unexpected error : {0}
BS240320113 I/O error on MBean invocation : {0}
BS240320114 Incompatible mbean : {0} attribute is not found.
BS240320115 {0} is invalid attribute value. {1}
BS240321101 パラメータファイルが見つかりません [ path = {0} ]。
BS240321102 パラメータファイルの読込に失敗しました [ path = {0} ]。
BS240321104 Mbean Server との接続で予期しないエラーが発生しました : {0}
BS240321108 statusが指定されていません。
BS240321110 マッピングファイルが見つかりません : {0}
BS240322003 コマンドが正常に終了しませんでした : {0}
BS240322005 ドメイン {0} のセットアップに失敗しました。
BS240322007 ドメイン {0} の削除に失敗しました。
BS240322009 ドメイン {0} のアップグレードに失敗しました。
BS240322010 ドメイン {0} が存在しません。実行を中止します。
BS240322011 起動中のドメイン {0} が存在しません。実行を中止します。
BS240322012 ドメイン {0} が既に作成されています。ドメイン作成を中止します。
BS240322013 ドメインが起動しています。ドメインを停止してからコマンドを実行してください。
BS240322014 ライセンスが不正のため、ドメインを作成できません。
BS240322015 ライセンスが不正のため、ドメインをアップグレードできません。
BS240322016 setupDomainコンフィグファイルがありません。処理を中止します。
BS240322018 Derbyのセットアップに失敗しました。指定されている{0}はDerbyのセットアップに使用できません。ドメイン作成コンフィグファイルの内容を見直して、再度setupDomainを実行してください。
BS240322019 ジョブリポジトリの作成に失敗しました。ジョブリポジトリ作成対象のDBの状態を見直して、repoadmin コマンドを実行してジョブリポジトリの作成を行ってください。
BS240322020 エラーが発生しました. : {0}
BS240322021 オペランドが指定されていません。ドメイン名をオペランドとして指定してください。
BS240323008 enabledがtrueのときは、containerは必須パラメータです。
BS240323009 ファイルはバッチアプリケーショングループファイルではありません。 : {0}
BS240323010 バッチアプリケーショングループ名が不正です。
BS240323011 コンテナ名が不正です。
BS240323012 containerとcontainersは同時に使用できません。
BS240323013 typeが不正です。
BS240323014 maxqueuesizeの値が範囲外です。
BS240323015 initialstateが不正です。
BS240323016 ジョブリクエストキュー名が不正です。
BS240323017 operationが不正です。
BS240323018 blockingtargetが不正です。
BS240328100 指定されたドメインが見つかりません。 domainHome = {0}
BS240328101 不正なSQLファイルが指定されました {0}
BS240328102 SQLファイルの読込に失敗しました
BS240328103 不正なdbtypeです。dbtype = {0}
BS240328104 データソース定義ファイルの解決に失敗しました
BS240328105 指定されているデータソース名の定義がありません
BS240328106 データソースに定義されているデータベースへの接続に失敗しました
BS240328107 すでにジョブリポジトリが存在します。
BS240328108 SQLの実行に失敗しました : メッセージ="{0}"
BS240328109 指定されているジョブリクエストパスは存在しません。
BS240328110 指定されているJNDI名のデータソースは登録されていません。
BS240328111 指定されているDB情報ファイルが不正です。
BS240328112 指定されているJobExecutionIDは存在しません。
BS240328113 指定されているデータソースへの接続に失敗しました。
BS240328114 ドメインへの接続ができないので、JNDI指定でのDB接続はできません。
BS240328115 指定されているSQLファイルが不正です。
BS240328116 mbeanとの処理に失敗しました。ドメインの状態が正しくありません。
BS240328117 コマンドの実行に失敗しました。設定を見直す必要があります。
BS240328118 SQL ファイル {0} が見つかりません。
BS240328120 指定された jobExecutionID では、recover 処理を行うことができません。
BS240328121 jobExecutionIDが指定されていません。
BS240329100 ジョブの開始イベント待機中にタイムアウトしました timeout = {0} {1}
BS240329101 ジョブの終了イベント待機中にタイムアウトしました timeout = {0} {1}
BS240329102 このクライアントは指定されたジョブをモニタしていません。 ({0})
BS240329104 バッチドメインエージェントへの接続が切断されました。
BS240329105 ファイルタイプが不正です。:{0}
BS240329111 ステップ実行失敗 : [{0}] {1}
BS240331010 ExitCodeのマッピングに失敗したためデフォルト値を返却します。 Default = {0,number,#}
BS240331014 デフォルトのExitCodeが設定されていないため{0,number,#} をデフォルト値とします。
BS240331015 不正なマッピングです {0} = {1}, Default Exit = {2,number,#}
BS240331017 ExitCodeの閾値を越えました {0,number,#} は {1,number,#} - {2,number,#} の範囲外です。 Default = {3,number,#}
BS240331018 ジョブの状態が取得できていません
BS240331019 TailLogスレッドが割り込まれました。
BS240333007 バッチアプリケーショングループ名が省略されています。"{0}"をバッチアプリケーショングループ名として使用します。
BS240338002 --forceが選択されたので既存のジョブリポジトリ削除を行います
BS240338122 指定された jobExecutionID のジョブは recover 対象ではありませんが、強制的に recover を行います。
BS240339001 予期しないnotificationを受けとりました : {0}
BS240341001 コマンドの処理を開始します。
BS240341002 ジョブの開始を要求しています。
BS240341004 ジョブが開始されるのを待機します。
BS240341005 ジョブが開始されたことを検知しました。
BS240341006 DomainName = {0}, ContainerName = {1}, JobInstanceId = {2}, JobExecutionId = {3}
BS240341007 サイレントモードのためジョブ実行ログは表示しません。ジョブの終了を待機します。
BS240341008 ジョブ実行ログを表示します :-
BS240341009 ジョブが終了しました。 status = {0} :- {1}
BS240341011 ジョブの結果取得処理を開始します
BS240342001 コマンドを実行します : {0}
BS240342002 コマンドが正常に実行されました : {0}
BS240342004 ドメイン {0} は正しく作成されました。
BS240342006 ドメイン {0} は正しく削除されました。
BS240342008 ドメイン {0} は正しくアップグレードされました。
BS240342017 ドメイン {0} {1} edition を作成しています。少々お待ちください。
BS240343001 {0} を転送中
BS240343002 {0} の転送が完了しました。
BS240343003 {0} をインストール中。
BS240343004 {0} のインストールと有効化を実行中
BS240343005 {0} のインストールと有効化が完了しました。
BS240343006 {0} のインストールが完了しました。
BS240348001 repoadmin {0} の処理を開始します
BS240348003 repoadmin が正常に実行されました。
BS240348119 SQL 実行結果 :-- {0} --
BS240349106 コマンド({0}) 標準出力 : {1}
BS240349107 コマンド({0}) 標準エラー出力 : {1}
BS240349108 {2} [{0}] : {1}
BS240349109 ステップを実行しました : [{0}] {1}
BS240349110 DebugDecider によりデバッグモードが有効になっています。

メッセージの詳細

BS240319103

ステータス

FATAL

メッセージ

不正なドメインのインタフェースにアクセスしています

説明

APIが不正なインタフェースに要求を行っています。 接続先のバッチドメインと同じバージョンのAPIであることを確認してください。

BS240320101

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なコマンドスクリプトです。

説明

CommandLauncherが期待する引数が指定されていません。 WebOTX Batch Serverが提供するスクリプトを用いてコマンドを実行してください。

BS240320102

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} というサブコマンドは存在しません。

説明

不正なサブコマンドが指定されています。
サブコマンドは必ずコマンドの第1引数に指定する必要があります。
利用可能なサブコマンドは"help"サブコマンドを利用して確認してください。

BS240320103

ステータス

ERROR

メッセージ

コマンド解析エラーです :- {0}

説明

コマンド解析エラーです。
表示されたメッセージに従って正しいコマンドオプションを指定してください。

BS240320104

ステータス

ERROR

メッセージ

コマンド実行エラーです : {0}

説明

コマンド実行エラーです。

BS240320105

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} は排他オプションです。 すでに{1}が指定されています。

説明

排他オプションの指定が重複しています。
排他オプションはどちらか一方のオプションのみ指定できます。

BS240320106

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} のオプション引数が指定されていません。

説明

オプション引数が必要なオプションに引数が指定されていません。

BS240320107

ステータス

ERROR

メッセージ

必須オプションが指定されていません : {0}

説明

必須オプションが指定されていません。

BS240320108

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なオプションです : {0}

説明

不正なオプションが指定されています。

BS240320109

ステータス

ERROR

メッセージ

"{0}" は {1}({2}) に設定できません。

説明

型のミスマッチか、値域を越える値が設定されています。 指定した値を確認してください。

BS240320110

ステータス

ERROR

メッセージ

引数の検証エラーです :- {0}

説明

引数のバリデーションでエラーが発生しました。指定した値を確認してください。

BS240320111

ステータス

ERROR

メッセージ

例外が発生しました。

説明

例外が発生しました。

BS240320112

ステータス

ERROR

メッセージ

Unexpected error : {0}

説明

MBeanのメソッド呼び出し中に意図しない例外が発生しています。

BS240320113

ステータス

ERROR

メッセージ

I/O error on MBean invocation : {0}

説明

MBeanのメソッド呼び出し中にI/Oエラーが発生しています。

BS240320114

ステータス

ERROR

メッセージ

Incompatible mbean : {0} attribute is not found.

説明

互換性の無いMBeanの可能性があります。接続しているドメインのバージョンとクライアントのバージョンを確認してください。

BS240320115

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} is invalid attribute value. {1}

説明

指定した属性値が不正です。

BS240321101

ステータス

ERROR

メッセージ

パラメータファイルが見つかりません [ path = {0} ]。

説明

指定されたパスのパラメータファイルが見つかりません。

BS240321102

ステータス

ERROR

メッセージ

パラメータファイルの読込に失敗しました [ path = {0} ]。

説明

パラメータファイルの読込に失敗しました。

BS240321104

ステータス

ERROR

メッセージ

Mbean Server との接続で予期しないエラーが発生しました : {0}

説明

Mbean Server との接続で予期しないエラーが発生しました。

BS240321108

ステータス

ERROR

メッセージ

statusが指定されていません。

説明

ステータスが指定されていません

BS240321110

ステータス

ERROR

メッセージ

マッピングファイルが見つかりません : {0}

説明

マッピングファイルが見つかりません

BS240322003

ステータス

ERROR

メッセージ

コマンドが正常に終了しませんでした : {0}

説明

コマンドが正常に終了しませんでした

BS240322005

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメイン {0} のセットアップに失敗しました。

説明

ドメインのセットアップに失敗しました。

BS240322007

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメイン {0} の削除に失敗しました。

説明

ドメイン {0} の削除に失敗しました。

BS240322009

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメイン {0} のアップグレードに失敗しました。

説明

ドメイン {0} のアップグレードに失敗しました。

BS240322010

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメイン {0} が存在しません。実行を中止します。

説明

ドメイン {0} が存在しません。実行を中止します。

BS240322011

ステータス

ERROR

メッセージ

起動中のドメイン {0} が存在しません。実行を中止します。

説明

起動中のドメイン {0} が存在しません。実行を中止します。

BS240322012

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメイン {0} が既に作成されています。ドメイン作成を中止します。

説明

ドメイン {0} が既に作成されています。ドメイン作成を中止します。

BS240322013

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメインが起動しています。ドメインを停止してからコマンドを実行してください。

説明

ドメインが起動しています。ドメインを停止してからコマンドを実行してください。

BS240322014

ステータス

ERROR

メッセージ

ライセンスが不正のため、ドメインを作成できません。

説明

ライセンスが不正のため、ドメインを作成できません。

BS240322015

ステータス

ERROR

メッセージ

ライセンスが不正のため、ドメインをアップグレードできません。

説明

ライセンスが不正のため、ドメインをアップグレードできません。

BS240322016

ステータス

ERROR

メッセージ

setupDomainコンフィグファイルがありません。処理を中止します。

説明

{0}.properties がありません。処理を中止します。

BS240322018

ステータス

ERROR

メッセージ

Derbyのセットアップに失敗しました。指定されている{0}はDerbyのセットアップに使用できません。ドメイン作成コンフィグファイルの内容を見直して、再度setupDomainを実行してください。

説明

Derbyのセットアップに失敗しました。指定されている{0}はDerbyのセットアップに使用できません。ドメイン作成コンフィグファイルの内容を見直して、再度setupDomainを実行してください。

BS240322019

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブリポジトリの作成に失敗しました。ジョブリポジトリ作成対象のDBの状態を見直して、repoadmin コマンドを実行してジョブリポジトリの作成を行ってください。

説明

ジョブリポジトリの作成に失敗しました。ジョブリポジトリ作成対象のDBの状態を見直して、repoadmin コマンドを実行してジョブリポジトリの作成を行ってください。

BS240322020

ステータス

ERROR

メッセージ

エラーが発生しました. : {0}

説明

エラーが発生しました. : {0}

BS240322021

ステータス

ERROR

メッセージ

オペランドが指定されていません。ドメイン名をオペランドとして指定してください。

説明

オペランドが指定されていません。ドメイン名をオペランドとして指定してください。

BS240323008

ステータス

ERROR

メッセージ

enabledがtrueのときは、containerは必須パラメータです。

説明

enabledが指定されているときは、containerは必須パラメータです。

BS240323009

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイルはバッチアプリケーショングループファイルではありません。 : {0}

説明

ファイルはバッチアプリケーショングループファイルではありません。

BS240323010

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループ名が不正です。

説明

バッチアプリケーショングループ名が不正です。

BS240323011

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ名が不正です。

説明

コンテナ名が不正です。

BS240323012

ステータス

ERROR

メッセージ

containerとcontainersは同時に使用できません。

説明

containerとcontainersは同時に使用できません。

BS240323013

ステータス

ERROR

メッセージ

typeが不正です。

説明

typeが不正です。

BS240323014

ステータス

ERROR

メッセージ

maxqueuesizeの値が範囲外です。

説明

maxqueuesizeの値が範囲外です。

BS240323015

ステータス

ERROR

メッセージ

initialstateが不正です。

説明

initialstateが不正です。

BS240323016

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブリクエストキュー名が不正です。

説明

jobrequestqueueが不正です。

BS240323017

ステータス

ERROR

メッセージ

operationが不正です。

説明

operationが不正です。

BS240323018

ステータス

ERROR

メッセージ

blockingtargetが不正です。

説明

blockingtargetが不正です。

BS240328100

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されたドメインが見つかりません。 domainHome = {0}

説明

指定されたドメインが見つかりません

BS240328101

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なSQLファイルが指定されました {0}

説明

不正なSQLファイルが指定されています。

BS240328102

ステータス

ERROR

メッセージ

SQLファイルの読込に失敗しました

説明

SQLファイル読込に失敗しました。

BS240328103

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なdbtypeです。dbtype = {0}

説明

dbtypeの指定が不正です。
Oracle, PostgreSQL, Derbyが指定可能です。
大文字・小文字は問いません。

BS240328104

ステータス

ERROR

メッセージ

データソース定義ファイルの解決に失敗しました

説明

データソース定義ファイルを解決できません。

BS240328105

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているデータソース名の定義がありません

説明

指定されてりるデータソース名の定義が見つかりません。 データソース定義ファイルを確認してください。

BS240328106

ステータス

ERROR

メッセージ

データソースに定義されているデータベースへの接続に失敗しました

説明

データベースへの接続に失敗しました。 定義の確認、および、接続先のデータベースが起動していることを確認してください。

BS240328107

ステータス

ERROR

メッセージ

すでにジョブリポジトリが存在します。

説明

すでにジョブリポジトリ用のテーブルが存在するため、新たなジョブリポジトリ用のテーブルを作成できません。 --forceを指定して既存のテーブルを削除するか、別の領域に作成してください。

BS240328108

ステータス

ERROR

メッセージ

SQLの実行に失敗しました : メッセージ="{0}"

説明

SQLの実行中に問題が発生しました。

BS240328109

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているジョブリクエストパスは存在しません。

説明

指定されているジョブリクエストパスは存在しません。

BS240328110

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているJNDI名のデータソースは登録されていません。

説明

指定されているJNDI名のデータソースは登録されていません。

BS240328111

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているDB情報ファイルが不正です。

説明

指定されているDB情報ファイルが不正です。

BS240328112

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているJobExecutionIDは存在しません。

説明

指定されているJobExecutionIDは存在しません。

BS240328113

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているデータソースへの接続に失敗しました。

説明

指定されているデータソースへの接続に失敗しました。

BS240328114

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメインへの接続ができないので、JNDI指定でのDB接続はできません。

説明

ドメインへの接続ができないので、JNDI指定でのDB接続はできません。

BS240328115

ステータス

ERROR

メッセージ

指定されているSQLファイルが不正です。

説明

指定されているSQLファイルが不正です。

BS240328116

ステータス

ERROR

メッセージ

mbeanとの処理に失敗しました。ドメインの状態が正しくありません。

説明

mbeanとの処理に失敗しました。ドメインの状態が正しくありません。

BS240328117

ステータス

ERROR

メッセージ

コマンドの実行に失敗しました。設定を見直す必要があります。

説明

コマンドの実行に失敗しました。設定を見直す必要があります。

BS240328118

ステータス

ERROR

メッセージ

SQL ファイル {0} が見つかりません。

説明

--sqlfile オプションで指定されたマニュアル実行用のSQLファイルが存在しません。

BS240328120

ステータス

ERROR

メッセージ

指定された jobExecutionID では、recover 処理を行うことができません。

説明

指定された jobExecutionID では、recover 処理を行うことができません。

BS240328121

ステータス

ERROR

メッセージ

jobExecutionIDが指定されていません。

説明

jobExecutionIDが指定されていません。

BS240329100

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブの開始イベント待機中にタイムアウトしました timeout = {0} {1}

説明

ジョブの開始イベントを待機している際にタイムアウトしました。

BS240329101

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブの終了イベント待機中にタイムアウトしました timeout = {0} {1}

説明

ジョブの終了イベントを待機している際にタイムアウトしました。

BS240329102

ステータス

ERROR

メッセージ

このクライアントは指定されたジョブをモニタしていません。 ({0})

説明

このクライアントは指定されたジョブをモニタしていません。 APIによるジョブの開始・終了イベントは自身のクライアントが実行したジョブのみ待機することができます。

BS240329104

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチドメインエージェントへの接続が切断されました。

説明

バッチドメインエージェントへの接続が切断されました。

BS240329105

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイルタイプが不正です。:{0}

説明

ファイルタイプが不正です。

BS240329111

ステータス

ERROR

メッセージ

ステップ実行失敗 : [{0}] {1}

説明

セットアップコマンドの実行進行状況を表示するメッセージです。

BS240331010

ステータス

WARN

メッセージ

ExitCodeのマッピングに失敗したためデフォルト値を返却します。 Default = {0,number,#}

説明

ExitCodeのマッピングに失敗したためデフォルト値によりExitCodeを決定しました。 ${DOMAIN_HOME}/config/exitcode/mapping.propertiesを確認してください。

BS240331014

ステータス

WARN

メッセージ

デフォルトのExitCodeが設定されていないため{0,number,#} をデフォルト値とします。

説明

デフォルトのExitCodeが定義ファイルに記載されていないためデフォルトの異常値をデフォルトに利用します。 ${DOMAIN_HOME}/config/exitcode/mapping.propertiesを確認してください。

BS240331015

ステータス

WARN

メッセージ

不正なマッピングです {0} = {1}, Default Exit = {2,number,#}

説明

不正なExitCodeマッピングです。 ${DOMAIN_HOME}/config/exitcode/mapping.propertiesを確認してください。

BS240331017

ステータス

WARN

メッセージ

ExitCodeの閾値を越えました {0,number,#} は {1,number,#} - {2,number,#} の範囲外です。 Default = {3,number,#}

説明

ExitCodeに指定できる値が閾値を超えています。 ${DOMAIN_HOME}/config/exitcode/mapping.propertiesを確認してください。

BS240331018

ステータス

WARN

メッセージ

ジョブの状態が取得できていません

説明

ジョブの状態取得に失敗しました。

BS240331019

ステータス

WARN

メッセージ

TailLogスレッドが割り込まれました。

説明

ジョブ実行ログ表示用のスレッドが割り込まれました。

BS240333007

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーショングループ名が省略されています。"{0}"をバッチアプリケーショングループ名として使用します。

説明

バッチアプリケーショングループ名が省略されています。"{0}"をバッチアプリケーションとして使用します。

BS240338002

ステータス

WARN

メッセージ

--forceが選択されたので既存のジョブリポジトリ削除を行います

説明

--forceオプションが指定されたため、既存のジョブリポジトリのテーブルを一度削除してから、新しいジョブリポジトリ用テーブルを作成します。

BS240338122

ステータス

WARN

メッセージ

指定された jobExecutionID のジョブは recover 対象ではありませんが、強制的に recover を行います。

説明

指定された jobExecutionID のジョブは recover 対象ではありませんが、強制的に recover を行います。

BS240339001

ステータス

WARN

メッセージ

予期しないnotificationを受けとりました : {0}

説明

不正な通知を受け取りました。

BS240341001

ステータス

INFO

メッセージ

コマンドの処理を開始します。

説明

コマンドの処理を開始します。

BS240341002

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブの開始を要求しています。

説明

ジョブの実行要求を開始しています。

BS240341004

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブが開始されるのを待機します。

説明

ジョブの実行要求がバッチコンテナで処理されるのを待機しています。

BS240341005

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブが開始されたことを検知しました。

説明

ジョブの実行要求がバッチコンテナで処理されはじめたことを検知しました。

BS240341006

ステータス

INFO

メッセージ

DomainName = {0}, ContainerName = {1}, JobInstanceId = {2}, JobExecutionId = {3}

説明

ジョブの実行要求を処理しているバッチコンテナの情報と、ジョブのExceutionIDを表示します。
ここで表示されているExecutionIDからジョブの実行ログを特定することができます。

BS240341007

ステータス

INFO

メッセージ

サイレントモードのためジョブ実行ログは表示しません。ジョブの終了を待機します。

説明

ジョブ実行コマンドをサイレンとモードで実行しているため、ジョブ実行ログを標準出力には表示しません。

BS240341008

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブ実行ログを表示します :-

説明

ジョブ実行ログの表示を行います。

BS240341009

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブが終了しました。 status = {0} :- {1}

説明

ジョブが終了しました。

BS240341011

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブの結果取得処理を開始します

説明

ジョブの結果取得処理を開始します。

BS240342001

ステータス

INFO

メッセージ

コマンドを実行します : {0}

説明

コマンドを実行します : {0}

BS240342002

ステータス

INFO

メッセージ

コマンドが正常に実行されました : {0}

説明

コマンドが正常に実行されました : {0}

BS240342004

ステータス

INFO

メッセージ

ドメイン {0} は正しく作成されました。

説明

ドメインは正しく作成されました。

BS240342006

ステータス

INFO

メッセージ

ドメイン {0} は正しく削除されました。

説明

ドメイン {0} は正しく削除されました。

BS240342008

ステータス

INFO

メッセージ

ドメイン {0} は正しくアップグレードされました。

説明

ドメイン {0} は正しくアップグレードされました。

BS240342017

ステータス

INFO

メッセージ

ドメイン {0} {1} edition を作成しています。少々お待ちください。

説明

ドメイン {0} {1} edition を作成しています。少々お待ちください。

BS240343001

ステータス

INFO

メッセージ

{0} を転送中

説明

アプリを転送中

BS240343002

ステータス

INFO

メッセージ

{0} の転送が完了しました。

説明

アプリの転送が完了

BS240343003

ステータス

INFO

メッセージ

{0} をインストール中。

説明

アプリをインストール中。

BS240343004

ステータス

INFO

メッセージ

{0} のインストールと有効化を実行中

説明

インストールと有効化を実行中

BS240343005

ステータス

INFO

メッセージ

{0} のインストールと有効化が完了しました。

説明

{0} のインストールと有効化が完了しました。

BS240343006

ステータス

INFO

メッセージ

{0} のインストールが完了しました。

説明

{0} のインストールが完了しました。

BS240348001

ステータス

INFO

メッセージ

repoadmin {0} の処理を開始します

説明

repoadminコマンドを開始します。

BS240348003

ステータス

INFO

メッセージ

repoadmin が正常に実行されました。

説明

repoadmin が正常に実行されました。

BS240348119

ステータス

INFO

メッセージ

SQL 実行結果 :-- {0} --

説明

SQLステートメントの結果です。

BS240349106

ステータス

INFO

メッセージ

コマンド({0}) 標準出力 : {1}

説明

外部コマンド実行時の標準出力内容です。

BS240349107

ステータス

INFO

メッセージ

コマンド({0}) 標準エラー出力 : {1}

説明

外部コマンド実行時の標準エラー出力内容です。

BS240349108

ステータス

INFO

メッセージ

{2} [{0}] : {1}

説明

セットアップコマンドの実行進行状況を表示するメッセージです。

BS240349109

ステータス

INFO

メッセージ

ステップを実行しました : [{0}] {1}

説明

セットアップコマンドの実行進行状況を表示するメッセージです。

BS240349110

ステータス

INFO

メッセージ

DebugDecider によりデバッグモードが有効になっています。

説明

セットアップコマンドでデバッグモードが有効になっています。